世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョグジャカルタは世界遺産ボロブドゥール寺院の玄関口として、
世界中から観光客が集まってくる町なので、とても賑やかでした。

ジョグジャカルタの繁華街、マリオボロ通りは外国人観光客が大勢歩いてました。

2014ジョグジャカルタ242

観光客に使い勝手の良い、ジョグジャカルタの市内循環バス、
トランスジョグジャの停留所。

マリオボロ通りにはさほど離れていない距離に停留所が3つもあるので、
たとえバスを降りそびれて通り過ぎてしまっても安心です。

2014ジョグジャカルタ238

観光用の馬車も何台か見かけました。

2014ジョグジャカルタ239

通りの西側はベチャがずらっと待機していました。
ちなみに、王宮までは言い値で2万ルピアほどでした。

マリオボロ通りは北から南への一方通行ですが、中央分離帯はあり、
東側は車やバスが走る一般道路で、西側は馬車やベチャが待機していたり、
ベチャが逆走したりするように分かれてました。

2014ジョグジャカルタ241

こちらはマリオボロ通りの西側。通りに立ち並ぶ建物の1階部分が、
屋根が続いていて、アーケード商店街のようになっていました。

ボロブドゥール寺院やベチャ等が描かれたTシャツや、
バティック生地のシャツ等を売るお店が並んでいて、
夜などは大混雑で、通りを進むのが大変なほどでした。

2014ジョグジャカルタ243

マリオボロ通りを南へ下って行くと、東側にプリンハルジョ市場があります。
通り沿いの入口がとても小さくて、本当にここなの?と不安になりました。

2014ジョグジャカルタ244

通りを曲がって、横から見たら、市場は大きな建物でした。
建物がいくつかあって、連絡通路で結ばれているようです。

2014ジョグジャカルタ245

路地側の入口はこちら。

2014ジョグジャカルタ246

建物の中に入ると、両側に小さなお店がずらっと並んでました。

2014ジョグジャカルタ247

建物の中は、ショッピングモールみたいです。

こちらに入っているお店は高級店なのか、
クレジットカードOKの表示もありました。

2014ジョグジャカルタ248

マリオボロ通り側の入口近く、脇に曲がっても、
小さなお店がぎっしり並んでました。

ソロのクレウェル市場とごちゃごちゃした感じは同じですが、
全般的に綺麗な印象でした。
買わなかったので物価の違いは分かりませんが、
やはり、ジョグジャカルタの方が高いのでしょうか?

2014ジョグジャカルタ249

プリンハルジョ市場の向かいにある、ラマイ・モール。
マリオボロ通りから見ると、古びたスーパーみたいでしたが、
中は意外と広かったです。

2014ジョグジャカルタ252

通りを曲がって、路地側の入口。こちらの方が立派です。
住宅街にあるイオンみたいな感じでしょうか?

2014ジョグジャカルタ250

1階は貴金属店やジーンズショップ等。

2014ジョグジャカルタ251

奥に進んで、最上階まで上がったら、フードコートもありました。

フードコートや吹き抜けの階段の近くでは、Wifiも通じていたので、
それを目的で訪れるのも良いかもしれません。

地下には大きなスーパーマーケットもあって便利そうでした。

2014ジョグジャカルタ240

マリオボロ通りを南に進むと、ヤシの木が立ち並び、
南国らしい雰囲気もありました。

2014ジョグジャカルタ254

プリンハルジョ市場近くの通りの西側の歩道で、こんな風景を見かけました。
テントが張られ、着飾った人達が椅子に座ってますが、一体何事でしょう?

2014ジョグジャカルタ253

こちらはみんな同じ衣装を着ていました。
マイクを持った司会者らしき女性や、キーボード奏者もいましたが、
結婚式でもあるのでしょうか?こんな町中の大通りの歩道ですが。。

2014ジョグジャカルタ255

夜になったら、プリンハルジョ市場の南側にマーケットが出来ていました。

2014ジョグジャカルタ256

こちらは観光客向けではなく、地元民向けでしょうか?
普通の洋服屋さんばかりでした。

2014ジョグジャカルタ258

歩道には、おかずが並ぶ屋台の食堂も出てました。

2014ジョグジャカルタ257

こちらの屋台は数軒並んでいて、フードコートみたいです。

2014ジョグジャカルタ259

マリオボロ通りの中心、マリオボロ・モール。

2014ジョグジャカルタ260

モールの中。ガイドブックにも紹介されているショッピングモールなので、
もっと広いかと思ってましたが、そうでもなかったです。
地下にスーパーマーケットがあって、レストランは最上階に数店舗入ってました。

プランバナン寺院からの帰ってくる途中、バスの車内から郊外へ続く大通り沿いに
綺麗な大きなショッピングモールを見かけたので、ごちゃごちゃした中心部よりも、
最近は郊外の方に大きなモールが出来ているのかもしれません。

2014ジョグジャカルタ261

マリオボロ・モールから北に歩いていると、歩道にこんなお店が出来ていました。
道路にゴザを敷いて、テーブルを置いたテントの食堂で、十店舗ほどあったような。。
ただ、外国人観光客は誰もおらず、地元民がちらほらいただけで、お店は空いてました。

2014ジョグジャカルタ262

マリオボロ通りの北の端に建つ老舗のインナ・ガルーダ・ホテル。
ホテルの前の建物にはレートの良い両替所などが入ってました。
警備員さんが居たので中に入らなかったですが、ロビーとか見てみたかったです。

2014ジョグジャカルタ263

宿泊したホテルのあるダゲン通りの入口で見かけた屋台の食堂。

最後の夜に、指差しでおかずを注文して、路上のテーブルで頂きました。
東南アジアはこういう食堂があるから便利で良いですね。
関連記事

【2014/09/26 22:34】 | インドネシア(ジョグジャカルタ)_2014.09
トラックバック(0) |
マノハラホテルのレンタサイクルを利用して、
ムンドゥ寺院、パオン寺院を見学した後、
バスターミナル前まで戻ってきました。

2014ジョグジャカルタ215

バスターミナルの入口の交差点。
向かいに大きなマーケットがあります。

2014ジョグジャカルタ216

マーケットの前にはたくさん馬車が停まってます。
大きな荷物を持った人はタクシーとして馬車を利用するようです。

(ちなみに流しのタクシーは全く見かけなかったです。
 ホテルで呼んでもらえば来てくれると思いますが)

2014ジョグジャカルタ217

こちらにはトゥクトゥク(バイクのベチャ)。

バスターミナルでバスを降りてくる観光客に声を掛けてきます。
ちなみに、私がここからマノハラホテルまで乗ったときは1万ルピアでしたが、
帰りにホテルのフロントで呼んでもらって戻ってきたときは2万ルピアでした。

2014ジョグジャカルタ218

マーケットへ突入。豆や野菜を売る露店がずらり。

この露店の向かいが駐輪場のようで、バイクが並んでいたので、
私も自転車を置きましたが、出るときに2千ルピアを徴収されました。

2014ジョグジャカルタ223

魚は生ではなく、油で揚げた状態で売られてました。

この方が日持ちしますし、臭くないから良いですね。
インドネシアでは、魚はフライにして食べるのが一般的で、
焼き魚や煮魚はあまりないようです。

2014ジョグジャカルタ222

マーケットの建物の前には、建物の入口がどこかわからないほど、
露店がひしめき合ってました。

2014ジョグジャカルタ221

奥に進むと、バイクの荷台に乗せたカゴを覗きこんでいる男性が
大勢集まっていました。

2014ジョグジャカルタ220

カゴの中にいるのは小鳥。

2014ジョグジャカルタ219

こちらにも鳥カゴがたくさん。

ジャワの人は、鳥を飼うことが豊かさを表すそうで、
ペットとしての鳥は大人気のようです。
ペットの鳥は高価だそうですが、一体いくらなのでしょう。

2014ジョグジャカルタ224

マーケットの建物の中へ。狭い通路を挟んでお店が並んでます。

2014ジョグジャカルタ225

豆やお米も種類豊富に並んでました。

2014ジョグジャカルタ227

マーケットの建物を反対側に抜けたら、壁際に小さなお店が連なってました。

2014ジョグジャカルタ226

男性が集まっているこちらは床屋さん?

2014ジョグジャカルタ228

店先で女性がミシンをカタカタ。洋服屋さん?

田舎町の小さなお店は風情があります。

2014ジョグジャカルタ229

奥に進むと、住宅街になってました。

先ほどのパオン寺院の近くの集落と違って、
こちらは外壁に囲まれ、小さなお庭もあり、
美しい瓦屋根の家が並んでました。

さて、これでボロブドゥール郊外の散策は終了。
ホテルに戻って、自転車を返し、チェックアウトして、
トゥクトゥクでバスターミナルに戻ってきました。

2014ジョグジャカルタ230

ジョグジャカルタ行きのバス。

運転手の隣の席が空いていたのでこちらに。
時刻表があるのかどうか分かりませんが、十数分待って、
乗客が十数人になったところで出発しました。

2014ジョグジャカルタ231

途中、1ヶ所だけバスターミナルに立ち寄りましたが、
そこでは、木陰でチェスをしている男性達がいました。

乗客を待っているトゥクトゥクとか、バイクタクシーの運転手でしょうか。

2014ジョグジャカルタ232

行きと同じく、ジョンボル・バスターミナルに到着。
渋滞もなく、乗車時間は1時間ちょっとでした。

2014ジョグジャカルタ233

ジョンボル・バスターミナルの周りには小さなお店が並んでました。

2014ジョグジャカルタ234

ジョグジャカルタ市内を循環するトランスジョグジャの乗り場です。

前の記事(→ blog)でも紹介しましたが、トランスジョグジャは、
電車の駅みたいに停留所に改札がある、ちょっと変わった路線バスです。
改札の横に運賃係がいて、運賃を支払って停留所の中に入ります。

2014ジョグジャカルタ235

こちらが停留所の中。

バスは停留所に横付けされ、スタッフがホームドアを開けたら乗り込みます。
バスの中にもスタッフは乗車していて、ドアを開け閉めしてました。
停留所が近づいてくると、地名を言ってくれるので迷うこともありません。

スタッフがいたるところにいるので、路線や停留所が分からなくても
すぐに聞けて初心者でも安心だと思います。

トランスジョグジャに乗り、ジョグジャカルタの繁華街、
マリオボロ通りに到着しました。

2014ジョグジャカルタ236

観光用の馬車も走っているマリオボロ通り。
詳しくは次の記事で紹介予定。

2014ジョグジャカルタ237

宿泊したホテルは、マリオボロ通りから脇に入る、
ダゲン通り沿いのこちらにしました。
(詳しくはこちら(→ blog)をご参照)

ジョグジャカルタはボロブドゥール寺院への玄関口らしく、
マリオボロ通りから入る脇道にはホテルがたくさん並んでました。
関連記事

【2014/09/25 23:47】 | インドネシア(ジョグジャカルタ)_2014.09
トラックバック(0) |
マノハラホテルのレンタサイクルを利用して、
ボロブドゥールの郊外に足を伸ばしてみました。

2014ジョグジャカルタ188

さすがに世界遺産の観光地だけあって、道路は整備されています。
しかし、歩く人を想定されていないため、歩道はありません。
当然、自転車は車道を走ります。

2014ジョグジャカルタ189

目的地のムンドゥ寺院へ行くには川を渡ります。

昔はこの川を歩いて渡り、ボロブドゥール寺院を訪れていた、
と、ホテルで上映されたビデオでは紹介されていました。

2014ジョグジャカルタ191

こちらがムンドゥ寺院。
通りから寺院が見えるので、すぐに分かりました。

2014ジョグジャカルタ192

ムンドゥ寺院の入口へ向かう細い道には、
観光地らしく、お土産屋さんが並んでました。

2014ジョグジャカルタ190

ムンドゥ寺院の前にある広場。東南アジアらしい大木が目を惹きます。

入口で入場料を支払って、いよいよムンドゥ寺院の見学へ。
ちなみに、入場料はパオン寺院と共通のため、チケットは捨てないように。

2014ジョグジャカルタ193

基壇の上に乗っている正方形のお堂。

2014ジョグジャカルタ194

お堂の中に入ると、正面と左右の計3体の仏像が鎮座してました。

2014ジョグジャカルタ195

お堂の中。見上げると、天井が塔のように尖った形をしていました。

2014ジョグジャカルタ196

お堂の基壇のレリーフ。お猿さん。

2014ジョグジャカルタ197

こちらのレリーフはお猿さんと羊さん。

マノハラホテルで上映されていたビデオで、
このレリーフについての解説が
あったような気がします。(内容は失念。。)

2014ジョグジャカルタ198

お堂の壁にも彫刻されてますが、こちらは彫りが浅くて消えかかってました。

2014ジョグジャカルタ199

お堂の横は公園のように綺麗に整備されていましたが、
発掘作業も行われていて、石が山積みされていました。

2014ジョグジャカルタ200

入口の前に続くお土産屋さん。
誰一人、足を止めることなく通りすぎてましたが、
売上は大丈夫だろうか、と心配になりました。

2014ジョグジャカルタ201

ムンドゥ寺院の隣にはまだ新しそうな綺麗なお寺がありました。
こちらはムンドゥ寺院とは関係あるのでしょうか?
外国人観光客が入っていたので、私も中を覗いてみました。

2014ジョグジャカルタ202

入口には高い柱が1本。奥に綺麗な通りが続いてます。

2014ジョグジャカルタ203

入口の左手には寝釈迦仏。

2014ジョグジャカルタ204

入口近くの綺麗な建物の中にも寝釈迦仏と黄金の仏像。

2014ジョグジャカルタ205

仏塔が並ぶ通りを奥に進みます。

2014ジョグジャカルタ206

こちらにも黄金の仏像が鎮座する綺麗な建物がありました。

2014ジョグジャカルタ207

一番奥には、蓮の池と、その傍らに仏像。

2014ジョグジャカルタ208

このお寺の中で観光客に一番人気があったのはこちら。

2014ジョグジャカルタ209

近づいてみたら、幹から垂れ下がったトゲトゲの枝に、
プラスチックの作り物みたいな花が付いてました。
日本では見かけない、東南アジアらしい木でした。

歴史あるパオン寺院よりも、現役のこちらの仏教寺院の方が、
いろんなものがあって楽しめました。
そういえば、タイでは、町中で仏教寺院をたくさん見ましたが、
インドネシアの今回の旅行では、現役の仏教寺院はここだけでした。
イスラム教徒の多い国なので、仏教寺院が少ないのは当然ではありますが、
目立つイスラムモスクとかも見かけなかったので、物足りなく感じました。

再び自転車に乗って、通りを戻り、パオン寺院を目指します。

2014ジョグジャカルタ210

通りでは、車に混ざって、馬車も走ってました。
観光向けではなさそうで、のんびりした風景にマッチしてました。

2014ジョグジャカルタ214

次の目的地、パオン寺院へは大通りからこの道を入っていきます。

2014ジョグジャカルタ213

レンガ造りの建物が並ぶ集落のようです。

2014ジョグジャカルタ211

集落を抜けた辺りにパオン寺院はありました。

住宅街の中にある小さな公園のような感じで、
歴史ある寺院には見えませんでした。

2014ジョグジャカルタ212

残っているのはこちらのお堂のみでした。

綺麗な石を積み上げたお堂ですが、壁面のレリーフは一部だけでした。
関連記事

【2014/09/25 22:58】 | インドネシア(ジョグジャカルタ)_2014.09
トラックバック(0) |
せっかくボロブドゥール寺院の史跡公園内のホテルに宿泊したので、
夕方、日が沈む頃に再びボロブドゥール寺院に登ってきました。

2014ジョグジャカルタ170

閉園時間が近いので、観光客はほとんどいなくなってました。

2014ジョグジャカルタ171

寺院の階段の一番下。

マカラ(海竜)が口を開けていますが、そのマカラの胴体部分を見ると、
カーラ(鬼面)に食われているようにも見えます。

2014ジョグジャカルタ172

かなり急な階段で、すれ違うのも大変でした。

日本から団体ツアーで訪れていた高齢女性で、階段を登るのを諦めて、
下から見るだけで帰っていった人も見かけました。
やはり、こういう遺跡を訪れるのは足腰が丈夫なうちではないとキツイですね。

2014ジョグジャカルタ173

頂上への門にはカーラの装飾がありました。

2014ジョグジャカルタ174

頂上から夕焼けを見ようとしましたが、この雲では難しいですね。

閉園時間もありますし、暗くなってしまうと階段を降りるのも危険なので、
夕陽は見られそうにありません。

2014ジョグジャカルタ175

頂上には、お坊さんもいらっしゃいました。

2014ジョグジャカルタ176

係の人が門を閉めてまわり、観光客は追い出されました。

2014ジョグジャカルタ177

翌朝。朝もやに包まれるボロブドゥール寺院です。

有料のサンライズツアーに参加するのであれば、真っ暗な中で出発し、
配られた懐中電灯で照らしながら階段を登って頂上で日の出を待ちますが、
私はサンライズツアーには参加しなかったため、明るくなってから登りました。

一般入場口の開園時間は朝6時ですが、マノハラホテルからは直接行けるため、
6時になる前に登ってしまいました。

2014ジョグジャカルタ178

ボロブドゥール寺院の頂上から、東の正面入口の方向を眺めて。
まだ太陽が登ったばかりで、あたりは薄暗いです。

2014ジョグジャカルタ179

朝もやの森を背景に、ストゥーパを外された仏像を。

2014ジョグジャカルタ180

東の正面入口の方はまだ空が薄暗かったですが、
西の裏手の森はすでに明るくなってました。

2014ジョグジャカルタ181

頂上にたくさん置かれているストゥーパ。
気になったので、覗いてみました。

2014ジョグジャカルタ182

すると、中にはきちんと仏像が安置されていました。

2014ジョグジャカルタ183

階段。狛犬のような置物が座ってました。

2014ジョグジャカルタ184

前日に飛ばしてしまった、第二、第三回廊のレリーフを。

2014ジョグジャカルタ185

美しいレリーフ。

昼間に訪れたときは回廊を周っている観光客もちらほらいましたが、
朝の時間帯はみな頂上で朝日をずっと見ているためか、
回廊を周っている人はほとんどいませんでした。
サンライズツアーでボロブドゥール寺院を訪れる人達は、
朝日と頂上のストゥーパにしか興味がないのでしょうか?

2014ジョグジャカルタ186

寺院の正面入口。まだ朝もやに包まれてます。

2014ジョグジャカルタ187

ボロブドゥール寺院を後にする前に、最後にもう一度振り返って。
関連記事

【2014/09/24 23:45】 | インドネシア(ジョグジャカルタ)_2014.09
トラックバック(0) |
いよいよ、ボロブドゥール寺院の観光です。

2014ジョグジャカルタ148

マノハラホテルからボロブドゥール寺院へ行く近道の階段。

2014ジョグジャカルタ149

ボロブドゥール寺院の正面の入口。

チケットは確認されませんが、短パン等ですと、サロンを借りてこいと怒られます。
サロンを借りる場所はここから後ろを振り返って一般入場口の方へ少し歩きます。
近道の階段を通ってここへやってくると、サロンを借りる場所を通らないので、
注意が必要です。

2014ジョグジャカルタ150

いよいよ、ボロブドゥール寺院へ登ります。

みなサロンを腰に巻いてますが、白人たちは上半身も肌の露出が多いので、
サロンだけ巻いても、、と思ってしまいました。

2014ジョグジャカルタ151

まずは第一回廊をぐるりと一周。

階段をすたすた、いきなり頂上まで登ってしまう人も多いですが、
ボロブドゥール寺院の見どころは回廊のレリーフです。

2014ジョグジャカルタ152

第一回廊のレリーフは上下二段。

2014ジョグジャカルタ153

彫りの深い彫刻が壁一面に続いてます。

2014ジョグジャカルタ155

回廊の壁を見上げると、仏像が何体もありました。

2014ジョグジャカルタ154

ボロブドゥール寺院の裏手は木々が生い茂る森です。

こんな森の中にあれば、千年もの間、発見されなかったことも納得です。

2014ジョグジャカルタ157

こちらは出口側。観光客を待ち受ける露店がずらっと並んでます。

2014ジョグジャカルタ156

ようやく第一回廊を一周して、正面階段に戻ってきました。

一般入場口から寺院の入口までの大通りはとても綺麗に整備されています。

さて、ボロブドゥール寺院の回廊は第一回廊から第四回廊までありますが、
一番下の第一回廊を一周するだけでも結構な距離を歩きます。
当初は全ての回廊をぐるぐると周って登っていく予定でしたが、
第二回廊の途中から階段をジグザグと上がって、ショートカットして頂上に。

回廊には素晴らしい彫刻が並んでいるのですが、あまりに量が多いので、
感動したのは最初だけで、正直、途中で飽きてしまいました。
上の方の回廊は修復中の場所もありましたし、彫刻もちょっと荒くて、
第二回廊より上は全て周るほどではなかったかなあと。

2014ジョグジャカルタ158

頂上は三層になっていて、中央に大きなストゥーパがあり、
それを囲むよう釣鐘のようなストゥーパが並んでます。

2014ジョグジャカルタ159

頂上から裏手の森を。

2014ジョグジャカルタ160

中央の大きなストゥーパ。
そして、それを囲むストゥーパですが、中には仏像が安置されています。

2014ジョグジャカルタ161

ストゥーパが外れ、仏像がむき出しになっているものも。

こうした仏像は何箇所かあったのですが、観光客には大人気で、
記念撮影の順番待ちの列が出来ているところもありました。

2014ジョグジャカルタ162

露店の並ぶ出口へ。

といっても、この露店が並んでいるエリアはまだ史跡公園の中です。
寺院以外のエリアは綺麗な公園として整備されていました。

2014ジョグジャカルタ163

露店を通りぬけ、公園の奥に進んだら、博物館がありました。

2014ジョグジャカルタ164

史跡公園の中には入場無料の博物館が2つありますが、
こちらは、Samudraraksa Ship Museum です。

2014ジョグジャカルタ165

壁画などが並ぶ部屋を通り抜けたら、最後に大きな船が現れました。
当時の船を再現したものでしょうか?

2014ジョグジャカルタ166

こちらはもう1つの博物館、Karmawibhangga Museum です。
立派な邸宅のような門を入ったら、お庭に石が並んでました。

2014ジョグジャカルタ167

中央の大きな東屋はガムランの楽器が並んでましたが、
演奏会でもあるのでしょうか?

この東屋は休憩所のようになっていて、
椅子がいくつかあり、ジュースも販売されてました。
また、東屋の裏手の建物では、ボロブドゥール寺院の発掘調査の様子や、
レリーフの復元作業を紹介する展示がありました。

2014ジョグジャカルタ168

展示エリアを抜けたら、黄金の大仏が鎮座する池に出ました。

史跡公園の奥にある博物館まで足を伸ばす人は少ないかもしれませんが、
ひと休憩も出来て、良かったです。

2014ジョグジャカルタ169

史跡公園の中をぐるりと回り、一般入場口の近くへ来たら、
園内を走るミニトレインがありました。
関連記事

【2014/09/24 22:24】 | インドネシア(ジョグジャカルタ)_2014.09
トラックバック(0) |
ソロの町には結局2泊(実質1日半)滞在して、
次の町を目指します。

2014ジョグジャカルタ127

ホテルの朝食。

ホテルをチェックアウトして、フロントで呼んでもらったタクシーで、
ソロ・バラパン駅へ向かいました。
ちなみに、駅はStationと言っても運転手には通じず、
ホテルのスタッフに地図を指さして読んでもらいました。
ステイションではなく、スタシオンと言えば通じたかもしれません。
運賃は2万5千ルピアでした。

2014ジョグジャカルタ129

こちらがジョグジャカルタまでの切符です。

時刻表は事前に確認出来なかったですが、平日の朝ならば本数は多いはず、
という予想が当たり、スムーズに乗車出来ました。
5万ルピアの電車をあったようですが、もっと安いのは?と聞いたら、
3分後に出発するこちらの切符となりました。
空港からソロへ来るときは全席自由席の安くて汚い冷房なしの列車でしたが、
こちらは全席指定席のようで座席番号も入ってます。

2014ジョグジャカルタ128

先頭の4号車、各車両の入口に警備員がいて、
乗車する時に切符をチェックしてました。
運賃が行きの2倍(と言っても、100円程度の差ですが)だけあって、
綺麗な車両で、もちろん冷房も効いてました。

2014ジョグジャカルタ131

ジョグジャカルタの駅に到着。定刻どおりでした。

2014ジョグジャカルタ130

いろんな電車が停まってました。

2014ジョグジャカルタ132

ホームから北へ進むと、列車を待つ人達のためのベンチや、
売店などもありました。しかし、駅の出口が見当たりません。

駅舎が北側にあるというのに、出口は地下道を通って南側でした。
南側の出口には小さな観光案内所があったので、北側の出口は閉鎖され、
南側が正式の出口になったのかもしれません。

さて、鉄道駅から、今度はジョグジャカルタ市内を循環する
トランスジョグジャというバスに乗り換えます。

しかし、この乗り換えが思いの外、時間がかかりました。
観光案内所のおじさんが教えてくれた停留所は駅の北側だったため、
一旦西へ進み、線路をくぐる道路に沿って歩き、ようやく辿り着きました。

2014ジョグジャカルタ133

トランスジョグジャの停留所はこんな建物の中です。

運賃は一律3千ルピアで、この停留所の中に入る際に回収されます。
運賃回収は停留所に入る時なので、停留所から出ずに他の路線に乗り換えれば
追加の運賃はかかりません。
しかし路線はいくつかありますが、道路は一方通行がほとんどなので、
目的地によっては大回りになります。

鉄道駅の南側の出口から一番近いバス停は他にあると思いますが、
乗り換え不要で早く行けるということで、観光案内所のおじさんは
この停留所を教えてくれたのだと思います。

2014ジョグジャカルタ135

ジョンボル・バスターミナルに到着しました。
写真の奥、黄色と緑のバスがトランスジョグジャです。

2014ジョグジャカルタ134

ここから、ボロブドゥール行きのバスに乗り換えます。

トランスジョグジャが停まるたびに、ボロブドゥール?、と
声を掛けているので、全く迷わずにバスに乗れました。

2014ジョグジャカルタ136

バスの車内。ボロボロです。

この後、大勢の外国人観光客が乗り込んできて、
8割ほど埋まって、出発しました。
運賃は出発後に回収され、2万ルピアでした。

2014ジョグジャカルタ137

ボロブドゥールのバスターミナルに到着。

途中、他のバスターミナル1ヶ所を経由し、1時間ちょっとで到着しました。
ボロブドゥールのバスターミナルはやたらと広く、売店や食堂もありました。
バスターミナルの隣にはマーケットもあるので、通りに出たら、
大勢の人で賑わっていました。

2014ジョグジャカルタ138

バスターミナルからホテルへは、声を掛けてきたこのおじさんに、
乗せてもらいました。

ソロのベチャは自転車でしたが、ボロブドゥールではバイクでした。
そして、ベチャとは言わず、トゥクトゥクと呼んでいるようでした。

2014ジョグジャカルタ140

宿泊したのは、ボロブドゥール寺院の遺跡の中にある唯一のホテル、
マノハラホテルです。(写真はコテージ型の客室)
大人気のホテルで、予約サイトでは満室でしたが、
ホテルに直接メールしたら、あっさりと予約出来ました。
(ホテルの詳細についてはこちら(→ blog)に書きました)

バスターミナルからボロブドゥール寺院までは歩ける距離のようですが、
ホテルの入口は寺院の入口とは別の場所で、かなり離れた場所にあるので、
トゥクトゥクに乗せてもらって良かったです。
(ちなみに、ホテルまでは交渉の末、1万ルピアでした)

2014ジョグジャカルタ139

ホテルの客室のテラス。

ボロブドゥール寺院は公園のように整備されていて、
ホテルもリゾートホテルのような雰囲気でした。

2014ジョグジャカルタ141

ホテルの敷地内。隣はオープンエアのカフェテリアです。

ホテルにはレストランとカフェテリアの2つがありましたが、
宿泊客の朝食はこちらのカフェテリアでした。
レストランの方は宿泊客以外向けに有料の朝食が用意されていました。

2014ジョグジャカルタ142

ホテルから歩いてすぐ、目の前にボロブドゥール寺院が見えました。

ホテルと寺院の間にゲートのようなものがあるのかと思ってましたが、
特にそのようなものはなく、係の人も誰もいなかったです。
ホテルの宿泊費にボロブドゥール寺院の入園料も含まれていて、
チェックインの時に2日分の入場券をもらったのですが、
結局入場券を見せる機会はなかったです。

2014ジョグジャカルタ143

ボロブドゥール寺院の観光は後にして、まずは昼食。
ホテル周辺には何もなさそうだったので、寺院の中を突っ切って、
出口から出たら、食堂が何軒も並んでました。

2014ジョグジャカルタ144

その中の1軒、手招きしていたおばちゃんの食堂で。

2014ジョグジャカルタ145

ヤシの実がたくさん置いてありました。
食堂でココナッツジュースを注文すると、
あのヤシの実が出てくるのでしょうか?

2014ジョグジャカルタ146

食堂を出たら、お土産屋さんがたくさん並んでました。

ところで、ボロブドゥール寺院は入口と出口が分かれてます。
一旦出てしまうと、ぐるりと入口まで回らなければ入れません。

声を掛けてくるトゥクトゥクのおじさんもいましたが、
ボロブドゥール寺院の周辺をぶらぶら歩いてみました。

2014ジョグジャカルタ147

出口から入口の方へ行く通り沿いにはゲストハウスが数軒並んでましたが、
その中の1軒。エスニックな雰囲気で良さげです。
レストランの営業もしているみたいなので、ここで昼食を食べれば良かった、
とちょっと後悔しました。
関連記事

【2014/09/23 23:48】 | インドネシア(ジョグジャカルタ)_2014.09
トラックバック(0) |
前日に行ったトリウィンドゥ市場を通りすぎた先にあるマンクヌガラン王宮へ。

(実は、8時半オープンだと思ってその時間に行ったのに閉まっていて、
 出勤してきたスタッフに聞いたら9時オープンだと言われて出直しました)

2014ジョグジャカルタ94

王宮前の広場。奥の白い門の先が王宮です。

こちらの広場も、おそろいの運動服を着た小学生達が大勢いました。

2014ジョグジャカルタ95

フェンスを超えた隣の敷地でも小学生が運動してました。

2014ジョグジャカルタ96

入口正面にある大広間。

受付で入場料を支払い、名簿に記入したら、10分ほど待つように言われました。
マンクヌガラン王宮は王族がまだ住んでいるため、ガイドなしでは見学出来ません。
日本語ガイドが戻って来るまで待つように、とのことでした。
あと、金額はあなたが決めて良いけど、ガイドには必ずチップを支払ってください、とも。
チップ代は自由、と言われても困りますよね。。(相場は2万ルピアだそうですが)

2014ジョグジャカルタ97

白い門の隣の受付の建物。テーブルと椅子も用意されていて、ここで待ちました。

日本語を話す現地人ガイドに連れられてきた日本人2人組も待っていたので、
私が訪れたのはちょうど良いタイミングだったのかもしれません。

2014ジョグジャカルタ98

正面の大広間からガイドツアーはスタート。
靴を脱いで、ピカピカの大理石の上に。
片隅にはガムランの楽器も並んでました。
ガムランの演奏とジャワ舞踊が披露されることもあるようです。

2014ジョグジャカルタ99

こちらがガイドさん。
私達の前は英語でガイドしていたので、2か国語OKみたいです。

大広間の奥には、海外からの贈答品とか、王族所有の宝石が展示された
大部屋がありましたが、そちらは撮影禁止でした。
部屋の片隅には香水とか漢方みたいなものを売るおばあさんが座っていて、
ガイドさんがその商品を1つずつ詳しく紹介しているのが謎でした。

2014ジョグジャカルタ100

中庭に面したテラス。王族一家の写真も飾られてました。

2014ジョグジャカルタ101

中庭の噴水。乾季のカラリと晴れた良い天気でした。

2014ジョグジャカルタ102

中庭に面したパーティーも出来る大きな東屋。

2014ジョグジャカルタ103

ダイニングルームに飾られていた象牙の彫刻。

王宮内の見学の最後は、片隅にあった小さなお店に連れて行かれ、
王族のお姉さんがやっているお店、と紹介されました。
並んでいた商品はバティックのシャツとかスカーフとか小物とか、
王族とは関係なさそうに見えましたが。

2014ジョグジャカルタ104

マンクヌガラン王宮を出て、駅方面へ少しお散歩。
お昼ごはんが食べられるお店を探しましたが、
住宅街に入ってしまったらしく、お店は皆無でした。

通りかかったベチャのおじさんに声を掛けて乗せてもらったのですが、
これが大変でした。
バスターミナルと告げたのに、全く知らないホテルの前へ連れて行かれ、
地球の歩き方を取り出して、地図とバスターミナルの文字を指さしても、
全く見ようとしてくれません。
インドネシア語での表記なのに何故?と不思議に思っていたら、
通りかかった女子高生を連れてきて本を見せて読んでもらってました。
どうやら、文字が読めないようです。
おじさん世代は学校へ行けない時代だったんですかね。

2014ジョグジャカルタ105

そんな苦労の末にやってきたバスターミナルです。
地図では、ソロ・バラパン駅に近いように見えましたが、
結構遠かったです。ベチャで来るような場所ではなかったかも。

2014ジョグジャカルタ108

バスターミナルの待合室。大きな荷物を持った人で混雑してました。

2014ジョグジャカルタ107

奥の通りにはお店が並んでました。
閉まっているお店もありましたが、食堂は何軒か空いてました。

2014ジョグジャカルタ106

ショーケースにおかずが並べられた食堂。
ご飯の上におかずを3種類ほど載せてもらって食べました。

お会計では、とりあえず2万ルピア札を出してみたら首を振られ、
5万ルピア札を出してみたら、呆れて奥に引っ込んでしまいました。
そして、8千ルピア分のお札を私の前に持ってきて、これだと。
8千ルピア(約80円)とは、なかなかに安いです。

2014ジョグジャカルタ109

乗り込んだバスの車内。8割ほど埋まったら出発しました。
テレビではベテラン女性歌手のビデオが大音量で流れていてうるさかったです。

2014ジョグジャカルタ110

車窓を楽しむために、先頭の座席に座ってみました。

しかし、このバスは間違いだったのです。
バスに乗る際、「カランバンダン?」と数回確認したにも関わらず、
どうやら、ジャカルタ方面のバスだったようで、途中下車する羽目に。
私の「カランバンダン?」という質問が通じなかったのでしょうか?
それとも、外国人が行くのはジョグジャカルタかプランバナン遺跡のはずだ、
と相手が勝手に思い込んで、こちらのバスを紹介されてしまったのか。。
言葉での確認だけではなく、スクー寺院の写真でも見せればよかったと後悔しました。

結局、タクシーを捕まえて、ソロまで帰ってきました。
帰りは渋滞に巻き込まれて、日が暮れ始めていたので、
目的地のスクー寺院とチュト寺院は諦めました。

ちなみに、当初予定していたルートは以下の通りです。
・ソロのバスターミナルからカランバンダンバスターミナルへ
・カランバンダンでミニバスに乗り換えてグロロッで下車
・グロロッで待機しているオジェッ(バイクタクシー)と交渉して
スクー寺院とチュト寺院を周る

おそらく、カランバンダンまで辿り着けば間違えることはないかと。
外国人観光客がそんな田舎にいるのはスクー寺院が目的としか考えられないから。

そんなわけで、半日ほど無駄な時間を過ごしてしまいました。
言葉が通じない、文字も読んでくれそうにない場所では、
文字を読めそうな人を探して発音してもらう、写真を見せる、など、
いろいろと工夫が必要だと反省しました。

2014ジョグジャカルタ111

ソロ2泊目のホテル。Aziza Hotel Solo です。

帰りのタクシーは運賃を奮発したためか(交渉が面倒だったので)、
他のタクシー運転手や通行人に聞きまわりながら、1泊目のホテルに立ち寄り、
荷物をピックアップ後、2泊目のこのホテルに無事に連れてきてくれました。

こちらのホテルはソロ市街の中心からはちょっと東側にありますが、
4月に出来たばかりの綺麗なホテルで良かったです。
(詳しくはこちらのブログ(→ blog)で)

2014ジョグジャカルタ112

夜、ホテル周辺を歩いてみたら、こんな屋台が数軒並んでました。
郷土料理ナシ・グデ(鶏肉とジャックフルーツの煮込み)の食堂ですかね。

2014ジョグジャカルタ113

こちらは何のお店でしょう。宴会客の予約みたいにお皿が並んでますが。

居酒屋みたいに揚げ物を摘みながら仲間と駄弁っている男性客がいるお店とか、
麺屋さんとか、お店はいろいろとあるようでした。

2014ジョグジャカルタ114

グデ市場近くで、中華系の寺院を見かけました。
東南アジアではどこに行っても中華系寺院はありますね。

2014ジョグジャカルタ115

お堂の中は赤いちょうちんがたくさん。中華系らしい派手さでした。

2014ジョグジャカルタ116

郵便局の向かいの空き地?公園?

地図を見るとファステンブルグ要塞があった場所のようですが、
再開発中なのか、公園のような空き地になっていました。
ちょうどイベント開催中で、無料ライブが行われていたので見てきました。

2014ジョグジャカルタ117

アフリカンな打楽器のグループ。大学のサークルっぽかったです。

2014ジョグジャカルタ118

ちょっと大人な雰囲気のガムラン楽器と女性コーラスのグループ。

MCはお笑い芸人らしき男性二人組で盛り上がっていました。

2014ジョグジャカルタ119

Galabo (Gladag Langen Bogan)と呼ばれる屋台街。

路上にゴザを敷いているとか汚いとか、そういう口コミを見ましたが、
全然そんなことはなく、ごく普通の綺麗な屋台街でした。

2014ジョグジャカルタ120

何故か、数メートルおきに路上ミュージシャンもいました。

近くでイベントをやっているせいなのか、月曜の夜はいつもこんな感じなのか、
普段の状況は分かりませんが、閑散としていて寂しい雰囲気でした。
お店も数は多いのですが、メニューはどこのお店もあまり変わらず、
サテとか、ナシゴレンとか、その場でささっと作れるものばかりでした。

インドネシアはタイやベトナムとは違って、外食文化が発達していないのかもしれません。
地元民が訪れるような食堂もバスターミナル以外ではほとんど見かけなかったですし。

2014ジョグジャカルタ121

翌朝のGALABO。テーブルと椅子は撤去され、お店も片付けられてました。
前夜は見かけなかった黄色の小さなリヤカー型の屋台は朝専門のお店でしょうか?

2014ジョグジャカルタ122

GALABOの向かい。大きなショッピングモール?
中に入ってみたかったのですが、まだ開いてませんでした。

2014ジョグジャカルタ123

前夜にライブをやっていた公園。
竹を使った遊具みたいな作品がたくさん展示されていました。
(おそらく、イベントでの展示かと)

2014ジョグジャカルタ124

グデ市場。ホテルから歩いて15分ほどでした。

2014ジョグジャカルタ125

野菜や果物の市場です。
果物は山積みされていますが、まだ人気はまばらでした。。

これにてソロの町の散策は終わり。
残念ながら、あまり面白くない町でした。

観光地ではないので観光名所はないですし、
外食文化が貧弱でナイトマーケットとかもなく、
飲食店だけでなく、お店自体も少なかったですから。
ショッピングモールしかない日本の地方都市のようでした。
関連記事

【2014/09/23 20:10】 | インドネシア(ソロ)_2014.09
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。