世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タクシーをチャーターして、ホッパ山へ行きました。
エアコンなしの一番安い車で、25ドル。
ガイドは付けず、運転手さんのみです。

タクシーでの移動ということで、ヤンゴンで買ったロンヂーと、
前日に買ったブラウスを着てみました。
さすが、日本人。自分で言うのも何ですが、よく似合います。
落ち着いた色合いなので、東京でも着られそうです。

ニャンウーの町を出て30分ほど過ぎたところで、
運転手さんは車を停めました。
ヤシとゴマの加工工場を案内する、とのこと。
運転手さんが流暢な英語で、ヤシの実のお酒の作り方や、
牛を使ってゴマ油を絞るところを説明してくれました。
ミャンマー81

わかりずらいですが、中央に臼があって、
牛がその周りを歩くことで、ゴマを挽いてます。

お酒の試飲と、お土産に黒砂糖のお菓子をもらって見学終了。
てっきり、お土産を買わされるのかと思っていたのに、
何もありませんでした。一体、なんだったのでしょう?
ミャンマー82 ミャンマー83

ヤシの実を採る実演と、お酒を作る装置。
(写真をクリックして拡大すれば、実演している人も見えます)

ミャンマー84

お土産。左の小さな箱の中には黒砂糖のお菓子。

ホッパ山までは、ニャンウーから1時間半ほど。
途中、写真撮影のポイントで一時停車してくれたり、
とても親切で、ガイドさんなしでも充分。
車窓から町や民家が見られて、運転手さんとも雑談でき、
なかなか楽しいドライブでした。

ミャンマー85

これが、ホッパ山。
火山で、こんな変な形になったそうです。

何時間でも待っているよ、という言葉を頂きましたが、
とりあえず2時間の約束で、ホッパ山の観光。
異形の山を登り、頂上の仏塔へ向かいます。
途中の階段には、野生のサルがいっぱい。
凶暴ではなく、人間に慣れていて、近づいても逃げず、
頭を撫でることさえも出来てしまいます。

ミャンマー86

階段のいたるところにいるお猿さん。
2匹づつ、じゃれあってます。

20分くらい階段を登れば、もう頂上。
仏塔といくつかの建物。
ミャンマー87 ミャンマー88


特に見るべきものはなかったです。
見晴らしは良かったですが。
ミャンマー89 ミャンマー90


階段を下ったら、お土産屋さんを物色。
まだ時間は40分くらい余ってましたが、
お店は少なく、残りの時間をどう過ごそうか思案。
すると、小学生くらいの女の子の集団に囲まれてしまい
ました。観光客が少ないためか、とってもヒマそうで。
何とかお土産を買ってもらおうと必死です。
追い払っても、しつこく着いて来ます。

レストランに逃げ込んで、ちょっと早めのランチ。
しかし、女の子達はレストランの前で私を待機。
オープンエアのレストランだから、入って来られるのに、
ちょうど軒下の境界線のところに並んでます。
外に視線を向けると、にこっと笑ってくれます。
いい子達なんだけど、監視されるのはさすがにツライ。
料理が運ばれてくるまで、写真を撮らせてもらったり、
適当にお相手をしてあげてました。
ミャンマー91


結局、私がランチを食べ終わって、車に乗り込むまで、
着いて来て、バイバイして別れました。
お土産は買いませんでしたが。
(ごはん日記はこちら。)

帰りの車は、運転手さんの陽気な鼻歌と、
心地よい日差しと風のおかげで熟睡でした。
ホッパ山自体はいまいちでしたが、半日旅行としては、
楽しめました。
関連記事
スポンサーサイト

【2007/11/12 14:42】 | ミャンマー(ヤンゴン/バガン)_2007.11
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。