世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この日が最終日です。

カッパドキアからイスタンブールへは、
早朝のネグシェヒル空港からの便です。
朝早く、送迎バスも運行していなかったため、
ホテルの送迎を頼みました。

ネグシェヒルの町は、カッパドキアらしくなく、
普通の町でした。商店などもありました。
途中、パン屋さんで運転手さんがシュミットを購入。
朝食代わりに、出来立ての温かいシュミットを
頂きました。

空港は、ネグシェヒルの町を外れた場所。
整備された道路だけがある場所で、空港の中も、
何もありませんでした。

イスタンブールまでは、1時間ちょっと。
トルコ航空では、またまた機内食が出ました。
(ごはん日記はこちら。)

そして、アタテュルク空港へ到着。
成田への国際線まで、6時間近く。
空港に居ても仕方ないので、旧市街まで出ました。

通り過ぎてしまったグランドバザールに再度出向き、
お土産を物色。
が、やはり物欲は沸かず、最低限のものだけ購入して、
あとは売られていた楽器で遊んでました。
Turkish Night Showで民族衣装を着たダンサー達が
叩いていた、スプーンのような楽器が気になっていたのです。
グランドバザールのお店でも売られていたため、
お店の人に演奏方法を教えてもらいました。
しかし、さんざん教えてもらって、音が出るようになったにも
関わらず、金額面で調整が付かず、購入見送り。
100円ショップで売られていそうな品なのに、
20トルコリラと言われたら、買う気をなくします。
あまりに隔たりが大きく、交渉するのも断念しました。

ブルーモスク周辺を散歩した後、レストランでランチ。
(ごはん日記はこちら。)

トルコ95

ブルーモスク前で待機している馬車

再び、空港へ。
今回も、トラムヴァイのゼイティンブルヌ駅でハティフメトロに乗り継ぎ。

トルコ93 トルコ94

ゼイティンブルヌ駅で待機していたドルムシュ(乗り合いバス)と、
ゼイティンブルヌ駅より先のトラムヴァイの車両。

帰りの成田まではトルコ航空のコードシェア便です。

チェックイン、出国手続きを済ませたら、
空港内の探検です。
中はきれいで広かったのですが、
お酒などの免税品店とフードコートのみ。

免税品店では、何故かユーロ表示。
ラクを買おうと考えていましたが、予想より高かったため
見送りました。
余ったトルコリラを使いきるべく、スイーツを食べて時間つぶし。
(ごはん日記はこちら。)

空港内では、食べ物が異常に高かったです。
スタバのコーヒーはおよそ7トルコリラ。
バーガーキングのセットは、14トルコリラもしました。

そして、飛行機に乗って成田まで。
機内は、9割以上が日本人で、年配の方ばかり。
トルコが年配の方に人気があるなんて、初めて知りました。

トルコ航空の機体には、パーソナルTVもオーディオシステムも
なく、大きな画面で映し出された映像をみんなで鑑賞するのみ。
帰りの便は夜発で、寝るだけなのでこれでも良いですが、
行きの昼の便だったら、これでは辛かったかも。

代わりに、スリッパ、靴下が配布され、くしやハブラシ等が入った
アメニティグッズまでプレゼントされました。
こんなプレゼントよりも、パーソナルTVの方が嬉しいんですけど。

機内食の夕食では、ラクがあったため、もちろんこれを注文。
帰りは通路側の席でしたが、4人席で2人しか
いなかったので、足を椅子に乗せられました。
おかげで、朝食が出てくるまではぐっすり。
(ごはん日記はこちら→機内食の夕食朝食

これで、2週間の旅は終了です。

トルコでの入場券

トルコ96

・トプカプ宮殿と、その中のハレム
・アヤソフィア博物館
・地下宮殿
・デリンクユ地下都市
・ウフララ渓谷
・ゼルヴェ野外博物館
・ウチヒサル城塞
ギョレメ野外博物館の入場券は紛失。

ジャーミィは入場はフリーなので、入場券はなし。
ということを考えても、結構廻りました。
関連記事
スポンサーサイト

【2007/10/18 23:59】 | トルコ_2007.10
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。