世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この日はホテルから、グリーンツアーを申し込みました。
このツアーはカッパドキア南部をバスで廻るもので、
英語ガイド・入場料・食事つきで、50トルコリラでした。

ツアーのお客さんは他のホテルの方も含めて、
総勢20名ほど。バス2台に分乗。
日本人は4名。その他は、韓国の新婚カップルに、
フランスやオーストラリアからの参加者でした。

1箇所目はギョレメパノラマ。
昨日、徒歩で30分近くかかった場所へ、バスだと5分ほど。
この日は晴れていて、全然景色が違います。

トルコ89

ギョレメパノラマから見たウチヒサル。

続いて、デリンクユの地下都市へ。
暗い洞窟の中、次々と部屋を見ながら進んでいきます。
地下4階から地上まで、空気口が貫通していて、
こんな地下深くから空が見えるのが不思議でした。
(暗くて写真は撮れず。。)

次はウフララ渓谷へ。
45分くらいのドライブの途中には、富士山のような、
キレイな形をした雪に覆われた山々も見えました。

トルコ90

ウフララ渓谷を上から。

ウフララ渓谷では、1時間弱のハイキングです。
自然の中、渓流がサラサラと流れ、気候もよく、
とても気持ちよく歩けました。

そして、ちょっと遅めのランチ。
渓流の上に作られたレストランで。
(ごはん日記はこちら。)

続いては、セリメ修道院。
こちらは、一見すると単なる崖に見えます。
が、この崖に修道院が作られていたのです。

トルコ91


ご覧のとおり、自然のまま残されています。
観光客が訪れる場所なのに、階段や柵などはありません。
自力で、この崖を登らないといけないのです。
かなり高い位置にあるため、足を滑らすと危険だと思います。
安全装備がないなんて、日本では考えられないですね。
でも、田舎の裏山を自由に探検しているようで、
とても面白かったです。

最後はピジョンバレーを眺めた後、オニキス等の宝石工場。
こちらで、宝石の加工方法を説明してもらって、宝石店の中へ。
お買い物タイムではありますが、アジアのツアーのように、
強引に買わせる感じでもなかったです。
ちなみに、店員さんの中には、日本語を話せる人や、
トルコ人と結婚した日本人の方もいらっしゃいました。

ツアーはこれで終了。
広域に渡ったツアーだったので、移動時間は長かったですが、
窓から景色も眺められましたし、なかなか面白かったです。

ホテルへ戻った後は、このホテルのある山の頂上へ。
眺めが素晴らしいと聞いたので、登ってみました。
歩いて10分もしないうちに頂上へ着きます。
360度視界が開けていて、圧巻でした。

トルコ92

ちょうど夕日が沈んだところ。
ちょっと、手遅れでした。

早起きして、日の出や気球を見るといい、と教えてくれましたが、
私はもう翌朝にカッパドキアへ発つため、見られませんでした。
残念です。

その後、カッパドキアで、トルコスイーツを食べていないことを
急に思い出して、慌てて町へ。
(ごはん日記はこちら。)

スイーツを食べた後、お土産屋さんをうろついて、
キュヴェチの夕食を食べました。
(ごはん日記はこちら。)

そして、カッパドキア最後の夜だったため、ホテルでキープして
もらっていたワインを飲み干しました。
このとき、おつまみが欲しかったため、朝食で出された
Turkish Breakfastと同じような感じの一皿が欲しい、
と注文し、チーズとオリーブとパンのおつまみセットを作ってもらいました。
こういうわがままはどんどんホテルに言ったほうが良いと思います。
関連記事
スポンサーサイト

【2007/10/17 23:50】 | トルコ_2007.10
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。