世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の疲れがそろそろ出てきたのか、朝寝坊です。
9時頃起き出したのですが、この日は砂糖祭りの日。
昨日でラマザンは終わり、甘いものを食べるという日です。
といっても、ラマザン中もレストランは開いてましたし、
普通に食事している姿を見かけたので、
果たして、どれくらいの人が断食をしているのか、
わかりませんが。

砂糖祭なのですが、目立ったものはありませんでした。
お店が休みなのと、お菓子屋さんが混んでいるくらいです。
華やかなものは何もなく、ちょっぴり期待外れでした。
ブルーモスク近くに屋台が出ていたラマザン期間中の方が
お祭りっぽかったです。

朝食はブルーモスク近くのケバブ屋さんで。
(ごはん日記はこちら。)

トルコ38


その後、トラムヴァイに乗って、終点のカバタシュまで。
砂糖祭りの期間は、トラムヴァイの料金がいつもより、
安かったです。
通常は1.3トルコリラなのが、0.75トルコリラ。
このトラムヴァイ、滞在期間中、10回くらい乗ったかも。

さて、カバタシュまで行って、そこからは歩いて、
ドルマバフチェ宮殿へ。が、閉まってました。

トルコ39


祝日だからか、行ったのが遅くて定員オーバーだからか、
よくわかりませんが、入れませんでした。
前日、海から外観だけは見れたので、良いとします。
ちなみにこの宮殿は入場料が異常に高いです。
ハレムと合わせて20トルコリラで、カメラを持ち込むと、
プラスで6トルコリラです。
イスタンブールは観光名所が多いですが、宗教施設である
ジャーミィーは無料です。なので、こういった入場料が
取れる場所は高いのかもしれません。

宮殿から高級ホテルを通り過ぎながら、ゆったり歩いて、
タクスィム広場へ。ここから、イスティクラール通りを
焼き栗などを買い食いしつつ、ぶらつきました。

トルコ41

焼き栗屋さん

トルコ40

見かけたカッコイイ看板。意外にも、銀行の広告。

地下鉄の元祖と言われるテュネルに乗ろうとしたら、
営業停止のようで、またまた、ガラタ塔を抜けて、
ガラタ橋のたもとまで。

トルコ42

昼のガラタ塔

釣り人を眺めながら、日向ぼっこをして、
近くのロカンタでスープとパンの軽めのランチを食べ、
再び、トラムヴァイに。
(ごはん日記はこちら。)

ヌルオスマニイェ・ジャーミィーを通り、
グランバザールに来ましたが、祝日のため閉店。
前日に覗いておいて良かったです。
近くのバイェズィト・ジャーミィーへ。
誰もいなかったので、一人でゆっくり、青いモザイクを
眺めました。ぼーっと綺麗な建物を眺めるのは良いですね。

トルコ43 トルコ44


その後、店先で楽団が演奏し、おばちゃん二人がパンを
作っているお店に入って、トルココーヒーで一服。
おばちゃんの作業はいつまで見てても飽きません。
(ごはん日記はこちら。)

トルコ45 トルコ46

パン作りのおばちゃんと楽団

そこからはゆっくりホテルまでお散歩。
途中、ブルーモスクに隣接する公園ヒポドゥロームという、
古代ローマの競馬場跡に寄りました。
ここには3本のオベリスク(塔)があります。

トルコ47

テオドシウスのオベリスクと呼ばれ、エジプトのトトメス三世が建てたモノ。

トルコ48 トルコ49

左はギリシャから運ばれたモノ、右はコンスタンティノープル時代に造られたモノ。

夕食は昨日と同じ地域のロカンタで、
お惣菜をテイクアウトしました。
もちろん、缶ビールも購入して。
EFESのXTRAというビールが気に入り、
イスタンブール滞在中は、毎晩のように飲んでました。
(ごはん日記はこちら→惣菜ビール
関連記事
スポンサーサイト

【2007/10/12 22:52】 | トルコ_2007.10
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。