世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前の記事のつづき)

民家の玄関先の塀からタマン・サリを見下ろした後は、
その隣の民家らしき建物に案内されました。

2014ジョグジャカルタ335

部屋の中は壁一面に絵画。
とりあえず見て、という感じで、強引なセールスなどもなく、
あっけなく終了。

この後、もう一軒近くのアトリエっぽい場所へ連れて行かれ、
そこでは影絵の人形がたくさん見られました。
写真撮影禁止でしたが、人形は皮で出来ていることなど説明され、
セールストークも始まりましたが、買う気配を見せなかったら、
あっさり終わりました。
あまり商売に熱心ではないんですかね。

2014ジョグジャカルタ323

絵画と影絵の人形を見た後は、ふたたび住宅街の中へ。

私を案内してきたガイド?が、「家がこの近くだから、お茶でも。」と
言われましたが、さすがにそれは断りました。

2014ジョグジャカルタ336

そしたら、この地下道の前に連れて来られ、ここでお別れだと。

チップなどを要求されることもなく、あっさり帰してくれました。
あのガイド?は一体何が目的だったのか、全く分からなかったですが、
地下道に入れたり、展望台に登れたり、タマン・サリを上から見れたりして、
自分ひとりでは絶対に来られなさそうなところに来られて良かったです。

さて、無事に別れられたのは良いとして、この地下道は一体どこなのでしょう?

2014ジョグジャカルタ337

地下道の中を通って行け、と指差されたので入ってみました。
地元の観光客らしき人もいたので、後を付いて行きました。

2014ジョグジャカルタ333

そして、地下道を抜けた先にあったのは、タマン・サリの入口でした。
もちろん、閉館時間を過ぎているので、門は閉まってますが。

市場の奥の公園から出発して、住宅街の細い路地をくねくね歩き、
地下施設や丘の上に立ち寄って、最後は地下道からタマン・サリの入口。
地図を見ても、自分がどこを通って辿り着いたのかさっぱり分かりませんでした。

2014ジョグジャカルタ342

タマン・サリからの帰り道もよく分からなかったので、
とりあえず王宮の白壁に沿って、方角だけを信じて歩きました。

2014ジョグジャカルタ338

そういえば最初の公園で見た丘の上の廃墟を見てなかった、と気が付いて、
住宅街の中の路地を歩いて、反対側の丘の真下までやって来ました。

2014ジョグジャカルタ339

廃墟の入口へ通じる階段を発見。

2014ジョグジャカルタ340

入口は開放されていました。自由に中に入れるようです。
こちらは裏口ですかね。

2014ジョグジャカルタ347

廃墟は壁だけが残ってました。

2014ジョグジャカルタ341

地面に埋まっている鬼の面(カーラ)。
タマン・サリにも、クラトンにもあったものですね。
この廃墟も王宮の一部だったのでしょうか?

2014ジョグジャカルタ343

廃墟の中、天井は崩れ落ちています。

2014ジョグジャカルタ346

窓から外を覗いて。
こんなに壁が厚いので残っているんですね。

2014ジョグジャカルタ345

前面の壁はかなり崩れていて、レンガも見えてました。

2014ジョグジャカルタ344

丘の上からの眺め。
中央に見える円形の建物は最初に訪れた2階建ての地下道かと。
天井の真ん中が窪んでいて、穴が開いているのが分かります。

2014ジョグジャカルタ348

前方の階段の脇に看板がありました。タマン・サリの文字も。
やはり、ここはタマン・サリの一部だったようです。

2014ジョグジャカルタ350

外壁をよく見てみると、窓には庇も付いてました。

2014ジョグジャカルタ349

前面の入口から出ます。

廃墟の階段のすぐ手前まで民家が迫ってます。
民家の屋根が門を侵食してしまっているのが何とも。。

2014ジョグジャカルタ351

門をくぐって、振り返って写真を。
民家の侵食具合がよく分かります。

もしかして、廃墟となった後に民家が建てられてしまい、
廃墟を再建させようとした際に、無理やり通路を設けて、
門を建てたから、こんな形になってしまったのでしょうか?

2014ジョグジャカルタ352

こちらが廃墟への入口。
「WATER CASTLE」と小さな看板が出てますね。
私みたいに裏から入るのではなく、
正面のこの通りから入るのが正しいようです。

2014ジョグジャカルタ353

公園の広場に戻ってきました。

よく目を凝らすと、写真の奥に、オレンジと黄緑のポールが見えます。
あれが丘の上の廃墟の門に置いてあったポールです。
広場からまっすぐ進めば、廃墟への入口に辿り着くことが出来ました。
丘の裏手に回るなどせず、素直にまっすぐ進めば良かったんですね。

2014ジョグジャカルタ355

思いがけず大冒険になってしまったので、帰り道で甘いものを。

通りがかりのお店でこの看板を見つけたので、お店の人を呼んできて、
指差しで注文しました。

2014ジョグジャカルタ354

ココナッツミルクに、酸っぱいゼリーがたくさん入ったパフェ。
東南アジアではよく見かけるパンダンで色付けされた黄緑色の
甘いアイスクリームとバナナも乗ってました。
これで確か、8千ルピアだったかと。。安いです。

閉店間際だったようで、食べ終わったらすぐに追い出されましたが、
パフェのほかに、中華まんとか点心とかも店先で売っていて、
テイクアウトも出来そうな、良いお店でした。
関連記事
スポンサーサイト

【2015/01/21 23:21】 | インドネシア(ジョグジャカルタ)_2014.09
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。