世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソノブドヨ博物館を見学した後は、王宮の西側を散歩してみました。

2014ジョグジャカルタ306

王宮の西側の通り。王宮は真っ白な外壁に囲まれていて、
途中、こんな門もありました。

2014ジョグジャカルタ303

適当に歩いていたら、Tシャツやバッグのお店が並ぶ通りに出ました。
どのお店も商品が個性的で、個人のデザイナーが営むお店っぽかったです。
この辺りは裏原宿とか、そんな感じのエリアなのでしょうか?

2014ジョグジャカルタ307

こんな派手な壁画も。何の施設なのでしょう?幼稚園とか?

2014ジョグジャカルタ304

「PASAR」と看板に書かれているので、おそらく市場のはず。

2014ジョグジャカルタ305

市場に入ってみましたが、営業している様子ありません。
もう夕方だからでしょうか?

2014ジョグジャカルタ310

市場の奥は公園でしょうか?
町の雰囲気に不似合いな現代的なオブジェがありますが。

2014ジョグジャカルタ311

公園の横には大屋根のこんな施設がありました。
モスクとかにある足洗い場のようにも見えますが、
近くにモスクはありません。一体何でしょう?

2014ジョグジャカルタ308

市場の裏手に周ってみました。
遊園地とかプールでもあるのかと思って来てみましたが、
そうでもなさそうです。

2014ジョグジャカルタ309

水路のように見えます。浄水場の跡でしょうか?

2014ジョグジャカルタ312

公園に戻ってきました。
広場の奥に見える丘の上の廃墟が気になります。

どこから登れば、あの丘に行けるのだろうか?、と思っていたときに、
男性に「連れて行ってあげるよ!」と英語で声を掛けられました。
怪しい感じがしないでもなかったですが、まだ日は暮れそうにないですし、
子供たちもいて、治安も悪そうに見えなかったので着いて行ってみました。

2014ジョグジャカルタ315

丘の上に行けると思ってたのに、こんな場所に到着しました。
公園の広場の右奥から細い路地をくねくね進んだところです。

2014ジョグジャカルタ316

門番の人が鍵を開けてくれたので中に入ったら、
地下道がありました。

2014ジョグジャカルタ317

奥に進むと、ぐるりと円形の通路が出来ていました。

2014ジョグジャカルタ318

円の中心は天井がないみたいで、光が漏れています。

2014ジョグジャカルタ314

円の中心部にはこんな階段。
写真は階段を登って、2階部分の窓から撮影しました。

ちなみに、この写真を撮るのは大変でした。
現地の若者達がずーっと居座ってて、一体何枚写真を撮るの?
というほど、写真を撮りまくっていて。
何故あんなにもカメラが好きなんでしょう?

2014ジョグジャカルタ313

2階部分の通路。窓から光が見えるので、ここは地上みたいです。

そういえば、水の王宮と呼ばれるタマン・サリを紹介するサイトで、
この地下空間のような写真を見たような。。
ここはタマン・サリの一部なのでしょうか?
地図を見ると近そうですが、周辺は細い路地ばかりで、
タマン・サリの入口や敷地がどこなのかが分かりません。

2014ジョグジャカルタ334

地下道から出て、路地を回って反対側から見たら、
こんな建物になっていました。

ちなみに、地下道から出てきたら、門番の人にチップを要求されました。
相場が分からなかったので、2千ルピア札を手渡してみたら首を振られ、
結局1万ルピアを渡してきました。

2014ジョグジャカルタ321

案内してくれた男性に手招きされ、さらに路地を進みます。
看板に「KAMPOENG」とあるので、この奥は住宅街のようです。
今度は一体どこへ連れて行ってくれるのでしょう?

ちなみに、インドネシア語の「Kampoeng」とマレー語の「Kampung」は同じ意味。
マレーシアのマラッカで訪れたカンポン・モルテンの入口で、
似たような看板を見た(→ blog)のを思い出したのですが、
帰国後に調べてみたら、やはり同じ意味でした。
マレー語とインドネシア語は似てると言われるのを実感しました。

2014ジョグジャカルタ322

住宅街の中の塀のペインティング。

2014ジョグジャカルタ320

こちら側の塀にもペインティング。
アメコミっぽい絵ですが、インドネシアの漫画なのでしょうか?

2014ジョグジャカルタ319

奥に進むと、コンクリートの塀だけでなく、
お店らしき建物の壁にも、ペインティングが施されていました。

2014ジョグジャカルタ324

龍のペインティングの建物の奥に、宮殿らしき建物が見えました。
あれはタマン・サリ?展望台?

2014ジョグジャカルタ325

先ほど見えた高台の上にやってきました。
この壁の奥が展望台のようです。

2014ジョグジャカルタ326

展望台からの眺め。民家が密集している様子が分かります。

2014ジョグジャカルタ327

展望台に面した広場の反対側には門らしきものがありました。

この門の右側に歩いて行くと、民家らしき建物が2軒ほどあり、
奥の1軒の玄関先の塀には、脇に土が盛られて階段のようになってました。
その土の階段を指さして、塀をよじ登るよう促されました。

2014ジョグジャカルタ332

塀をよじ登って見えたのはこの景色。
タマン・サリの水浴場です。

王宮に仕える女性に水浴びさせて、スルタンはその様子を塔から眺めて、
気に入った女性を物色していたという場所です。

もう閉館時間を過ぎてしまって、中には入れないタマン・サリが、
隣接する民家の玄関先から塀によじ登って上から見られるなんて。

2014ジョグジャカルタ329

水浴場は2つありました。

2014ジョグジャカルタ328

こちらがスルタンが眺めていた塔ですね。

2014ジョグジャカルタ330

塔の奥にも水浴場。
こちらはスルタンに選ばれた女性のためのものでしょうか?

2014ジョグジャカルタ331

後ろを振り返ったら、地元の人達も塀に登ってきてました。

塀の上は結構狭かったので、すれ違うのは大変でしたが、
見学後は何とか無事に塀から降りられました。

次の記事へ続く)
関連記事
スポンサーサイト

【2015/01/10 23:19】 | インドネシア(ジョグジャカルタ)_2014.09
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。