世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョグジャカルタ市街の観光です。

2014ジョグジャカルタ265

マリオボロ通りを南に進むと、立派な建物が見えてきました。
地図で確認したところ、郵便局のようですが。。

2014ジョグジャカルタ266

立派な建物の向かい、交差点の脇には独立戦争の戦士達の像がありました。
この像の後ろ側はオランダの要塞の跡地で、現在は独立戦争の様子を紹介する博物館、
Museum Benteng Vredeburg です。(翌朝訪れた様子はこの記事の下の方に記載)

2014ジョグジャカルタ267

交差点を曲がって、オランダの要塞跡の南側の通りへ。
芸術作品のような雑貨を売る小さなお店が並んでました。

2014ジョグジャカルタ268

郵便局の立派な建物を通り過ぎたら、こんな綺麗な教会がありました。

2014ジョグジャカルタ264

マリオボロ通りをさらに南へ進むと、正面突き当たりは王宮前広場。

王宮(クラトン)は北と南に分かれていて、入口も入場料も全く別です。
上の写真の奥に見えるのは北側ですが、観光客は圧倒的に南側の方が多いとのこと。
どちらも午前中しか開いておらず、入口も結構離れているので、両方訪れる人は少ないかと。

2014ジョグジャカルタ269

こちらは王宮前広場から近いソノブドヨ博物館です。

午後でも入れる観光施設はここぐらいしかなかったので入ってみました。

2014ジョグジャカルタ270

建物の中に入ると、入口にはガムランの楽器が置かれてました。
ここでワヤン・クリッ(影絵)が毎晩開催されているようなので、
そのための楽器でしょうか?

2014ジョグジャカルタ271

博物館の中にはいろんな展示がありました。

2014ジョグジャカルタ272

王族の衣装でしょうか?

2014ジョグジャカルタ273

ワヤン・クリッ(影絵)の人形も。

とても分かりやすい展示ばかりで、思いのほか楽しめました。

2014ジョグジャカルタ275

博物館の建物の外にも展示がありました。
こちらは寺院を再現しているのでしょうか?

2014ジョグジャカルタ276

門の先には東屋。

2014ジョグジャカルタ274

トーテムポールみたいな木の彫刻が笑えました。

この後、タマン・サリ周辺でガイドらしき人に声を掛けられ、
いろいろと探検できました。その様子はこちら(→ blog)に。

さて、翌朝。朝一はクラトン(王宮)へ行きました。
ホテルの前に停まっていたベチャに声を掛けたら、王宮まで2万ルピアでした。

(そういえば、クラトンとしか告げなかったら、当然のように南側に到着しました。
 やはり、北側を訪れる人はほとんどいないのでしょうか?)

2014ジョグジャカルタ281

入口前はこんな人だかりが出来ていて驚きました。修学旅行とかでしょうか?

チケット売場は行列が出来ていなかったので、すぐに購入できたのですが、
外国人と現地の人でチケット売場は別のようで、外国人専用の窓口を案内されました。
(ちなみに、現地の人はカメラ持ち込み料のみで、おそらく入場無料かと)

2014ジョグジャカルタ277

入ってすぐの場所にあった大きな屋根の建物。

2014ジョグジャカルタ278

調度品など。こんな吹きざらしの場所に置いておいて大丈夫かしら?

2014ジョグジャカルタ279

ガムランの楽器。インドネシアでは必ず置いてありますね。
ここでも演奏会が開かれるようです?

2014ジョグジャカルタ280

こちらが王宮の門でしょうか?
両サイドに置かれている仁王像みたいな像が妙に可愛いです。

2014ジョグジャカルタ282

門のすぐ横にある門番の待機場所。
手前は人形ですが、奥に見えるのは本物の人です。
門番は退職した人がボランティアで行う、無給の名誉職だそうです。

2014ジョグジャカルタ283

綺麗な王宮の中に入ります。なんとなく避暑地の別荘のような感じです。

2014ジョグジャカルタ284

奥に立派な宮殿が見えますが、立ち入り禁止でした。

2014ジョグジャカルタ285

こちらにも門番の方々が座ってます。
ただ座っているだけのようにも見えてしまいましたが。。

2014ジョグジャカルタ290

妙にリアルですが、人形です。

2014ジョグジャカルタ286

王族の衣装などが飾られてました。

2014ジョグジャカルタ287

展示室は他にもいくつかあって、思っていたよりも充実してました。

ただ、学生の集団がとても騒がしく、しかも全然進んでくれなくて困りました。
綺麗な宝飾品など、見栄えがするものを見つけると、すぐに記念撮影を始めてしまい、
入れ替わり立ち替わり、ずーっと撮影しているのです。
展示品なんて目もくれず、写真撮影に夢中で、周りのお客さんの迷惑も考えず、
集団で展示品を取り囲んでました。
携帯の自撮り棒を持っている人も多かったですが、何故あんなにも撮影したがるのか。。
もしかして、カメラが普及し始めたのがごく最近で、ブームになっているのでしょうか?
それにしても、周りに全く配慮しない自分勝手さには辟易しました。

2014ジョグジャカルタ288

王宮内にある、ハメンク・ブオノ9世博物館。

2014ジョグジャカルタ289

豪華なシャンデリアの綺麗な建物でした。展示品はほとんどなかったですが。

2014ジョグジャカルタ293

王宮の中央に吹き抜けの大きな建物がありました。
日差しの強い土地なので、広々とした芝生の庭園よりも、屋根付きのスペースの方が、
寛ぐ場所として良いのでしょうか?

2014ジョグジャカルタ291

柵の上をよく見てみると、龍と鬼が付いてました。
ボロブドゥール寺院の入口と同じモチーフでしょうか?

王宮は、結局、南側のみ見学して、終了としました。
出口で声を掛けてきたベチャに乗って次の場所へ。

2014ジョグジャカルタ292

王宮前広場の東側には、郷土料理「ナシ・グドゥッ」の専門店が並んでました。

2014ジョグジャカルタ296

次に訪れたのはマリオボロ通り沿いにある、Museum Benteng Vredeburg 。
オランダの要塞跡で、独立に関する展示がされている博物館です。

ちなみに、王宮からベチャに乗ったのですが、マリオボロ通りは一方通行のため、
この門の前まで来られず、マリオボロ通りの端で停められてしまいました。
この距離ならば全然歩ける距離なので、値切れば良かったと後悔も。。

2014ジョグジャカルタ294

門をくぐると、正面の広場を挟んで、左右に建物がありました。

あまり外国人観光客が訪れる場所ではないはずですが、入館料は外国人料金でした。
その代わり、英語表記のきちんとしたパンフレットが貰えましたが。

今回の旅行で訪れた中では、この博物館が一番ちゃんとしていたかも。
見学順路も示されていましたし、展示品の紹介文にも英語表記がありました。

2014ジョグジャカルタ295

遠足の小学生が来てました。門の横の建物のひさしの下で持参の弁当を食事中。
こんな場所でお弁当を食べなくても、と思ってしまいましたが。。

2014ジョグジャカルタ301

独立を勝ち取るまでの物語はジオラマで紹介されてました。

2014ジョグジャカルタ297

会議の様子。

案内文を読んでみたら、独立戦争と言っても、実は第二次大戦後の数年の出来事で。
オランダ統治時代の展示はほとんどなく、日本の侵略あたりから物語が始まっていて、
軍事衝突の場面以外は、上の写真のような会議のジオラマばかりに思えました。

資料も残っていないだろうし、文章だけですとすぐに終わってしまいそうなので、
こういうジオラマの展示にしたのかなあ、と思ってしまいました。
まあ、小学生とかには好まれる、というか、人形に夢中になってましたが。

2014ジョグジャカルタ298

ポスターの展示もありました。

2014ジョグジャカルタ299

独立後も、再び、ジオラマの展示に。
博物館内に、ジオラマが数十もあったような気がします。

2014ジョグジャカルタ300

最後に何故か、戦争ゲームが出来るようなエリアがありました。

2014ジョグジャカルタ302

八角形の綺麗な建物もありましたが、こちらは見学不可でした。
関連記事
スポンサーサイト

【2014/09/26 23:56】 | インドネシア(ジョグジャカルタ)_2014.09
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。