世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ・バンコク滞在中の11月20日~22日に、
ラオスのヴィエンチャンに行ってきました。

バンコクにいる間に、日本からではなかなか
行けない国ラオスに寄ってみよう、と思ったもので、
特に何かを目的としたものではありません。

※ラオスのごはん日記はこちら

ヴィエンチャンまでは、ラオス航空。
手配が遅れたため、夜便しか取れませんでした。

ラオス航空に機内食は期待できない、と思い、
バンコク・スワナブーム空港の地階にある、
フードコートで腹ごしらえ。
3階や出国審査後のエリア内にも、
レストランはたくさんありますが、
節約するなら地階です。
ここは、バンコクのショッピングセンターで
よく見掛けるようなフードコート。
100バーツもあれば、おつりが来ます。
お客さんも空港で働く人が多く、現地人ばかり。
出発階でも到着階でもないため、穴場だと思います。

さて、ラオス航空の飛行機ですが、
ミャンマーの国内線と同じプロペラ機。
機体に付いてるハシゴで上ります。
一応指定席で、窓側か通路側か、と聞かれましたが、
一列は2席づつしかありませんし、窓側を選んだら、
プロペラの騒音と振動で寝られませんでした。

ラオス1


そして、機内食がありました。
一時間半ほどなので、要らないと思うのですが、
国際線だから付いてしまうのでしょうか。
この分、航空券を安くしてもらいたいです。
エア・アジアに比べると高いのですから。
メニューは、魚の唐揚げとライス、ケーキ、フルーツ。
なんて、中途半端なメニュー。野菜不足です。
(機内食のごはん日記はこちら。)

ヴィエンチャンのワッタイ国際空港に到着。
他の外国人客はビザカウンターに向かいますが、
日本人は今年からビザが不要になったため、
入国審査へ直行。並ばなくてすむのは良いですね。

ゲストハウスへは公共のタクシー。
市内までは一律6USドル。15分くらいで到着。
ヴィエンチャンには、ゲストハウスやミニホテルが
多いので、予約しなくても見つかると思いますが、
到着が夜だったので、前日に電話で予約しておきました。
ホットシャワー・バスタブ付きで、TV・冷蔵庫など、
一通り揃っているお部屋、1泊12USドル。
ヴィンチャンでは、これぐらいが相場だと思います。
10USドル程度で、それなりの部屋に泊まれます。
ただ、どこも規模が小さく、大手のネット予約サイト
には載っていないので、自分で探さないといけません。

予約したのは日本人経営のゲストハウスで、
フロントのお兄さんは簡単な日本語を話し、
併設されたレストランのシェフは日本人。
でも、お客さんに日本人はいませんでした。
日本語の情報ノートもありましたが、
10ページくらいしか書かれてなかったです。

そうそう、ラオスでは両替しません。
USドルとタイバーツが使えるお店が多いのです。
レートはまちまちなので、毎回確認したほうが良い
ですが、お釣りはラオスの通貨キップでもらえるので、
あえて銀行で両替しなくても、事足ります。

ゲストハウスに着いて、荷物を解いたら、夜10時。
治安が良さそうなので、この時間でも出掛けてしまいます。
ラオスのビール「ラオ・ビア」が飲みたくなったので、
コンビニを探しがてら、散策です。

が、コンビニが見つかりません。
「ミニマート」という看板のお店はあっても、
もう閉まってます。
東の方向に進んでいったら、サオ市場まで
着いてしまいました。
ガイドブックには自転車で回れる街、と書かれてますが、
余裕で歩けます。借りるほどでもないです。

メコン川方向に進むと、白亜の建物、迎賓館。
大音量の音楽が聞こえてきて、何やらパーティーが
開催されてました。

ラオス2


ゲストハウスを通り過ぎ、今度は西に進んだら、
ようやくコンビニ発見。ラオ・ビアとお水を購入。
価格表示はキップですが、レジ前にはレートの表示。
タイバーツで支払い、お釣りはキップで受領。
これで、明日のバス代のキップが確保出来ました。
関連記事
スポンサーサイト

【2007/11/20 22:40】 | ラオス(ビエンチャン)_2007.11
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。