世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェンライから日帰りの小旅行へ行ってきました。

2014タイ508

まずは、バスターミナルから古びた路線バスに乗車。

バスターミナルでは車掌さんに荷物を手渡している人を何人か見かけました。
タイの地方都市では国内郵便が発達していないのでしょうか?
途中のバス停で待っていた人に預かった荷物を渡している姿を見て、
やっぱりタイは治安が良いのだと改めて思いました。

2014タイ509

1時間半ほどで、メーサーイのバスターミナルに。ちなみに運賃は39バーツ。

道路上で待つ乗客を見つけるためなのか、車掌さんがずっと乗降口にいて、
ドアを開けっ放しだったので、寒さで震えることもありましたが、
意外とすんなりと到着しました。

バスを降りると、赤いソンテウが待ち構えて呼び込みをしていたので、
迷うことなく、ソンテウに乗り換え出来ました。
メーサーイのバスターミナルは市街地から離れているので歩いては行けません。

2014タイ511

こちらがソンテウ。(写真はメーサーイ市街で撮影)

乗車後、前の座席にいる人に運賃15バーツを手渡しました。
乗客達が運賃をリレーしていく様子はフィリピンのジプニーと同じでした。

途中、大きなショッピングモールやワイン醸造所などを通り過ぎ、
ようやくメーサーイの町へ。

2014タイ510

ソンテウを降りて、真正面に見えたのはこちら。
出入国審査所や税関が入っている国境ゲート・ビルです。
この先がミャンマーとの国境になります。

2014タイ512

国境ゲート・ビルの前は華やかな大通り。

通りにはたくさんお店が並んでいて、屋台もたくさん出ていて、
こんな繁華街の大通りの突き当りが突然国境なんて驚きました。

2014タイ513

大通りから伸びる路地にもお店はたくさん。

大通りの東側にはいくつかホテルがありましたが、
どのホテルも1階ロビー横のトイレは入口に人がいて
料金を支払うシステムでした。
メーサーイはチェンライからの日帰り観光客が多いので、
トイレで稼ぐのも納得出来ます。

2014タイ519

ワインを売っているお店もいくつか見かけました。

訪れた日の朝は予想以上の寒さで驚いたのですが、
朝晩がこれほど冷え込むのならばワインも出来るんですね。
ただ、試飲させてくれるお店でいろいろ飲んでみたのですが、
どれも甘ったるくて、とても買う気にはならなかったですが。

2014タイ514

大通りの西側にはアーケードの商店街もありました。

お土産屋さんよりも、日用品を売るお店の方が多かったような。。。
あと、中国から輸入したと思われる食材やお菓子のお店も多かったです。

2014タイ515

アーケードを進んでいったら、お寺に到着しました。
タイらしい黄金の派手な本堂です。

2014タイ518

本堂の中も派手です。仏像ももちろん黄金。

2014タイ517

壁一面には絵が飾られてました。

メーサーイにはこのお寺とは別に、丘の上に大きなお寺があって、
その丘の上のお寺が観光名所のようですが、すっかり失念してました。

2014タイ516

お寺を出て別の方向へ進んだら、今度はくねくね道のアーケード商店街に。

冬の朝晩は冷えるとは言え、日中の日差しは強いですから、
アーケードは必須なんですかね。

2014タイ521

大通りへ戻る途中、中国のお寺っぽい建物を発見しました。

2014タイ520

中国っぽい建物から大通りを見下ろして。

なんとなく御徒町にある徳大寺からアメ横を見下ろす感じに似ているような。。

2014タイ523

建物の真下の大通りの歩道には露店が続いてました。

写真の上側はお菓子屋さんで、本物なのか偽物なのか不明ですが、
大箱のポッキーとかが並んでました。下側は果物屋さん。
この他、お土産に良さげなお茶とかTシャツとかのお店がありました。

2014タイ524

路上の屋台の麺屋さん。

ご夫婦で営業している屋台でしたが、奥さんの方は頬を白く化粧していたので、
おそらく、ミャンマーからの出稼ぎなのではないかと。
ミャンマーの人が頬に塗る「タナカ」は目立つのですぐに分かります。

2014タイ525

帰りにこの屋台で食べてきました。
あっさり味で美味しかったです。35バーツ。
関連記事
スポンサーサイト

【2014/01/26 20:48】 | タイ(メーサーイ)/ミャンマー(タチレク)_2014.01
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。