世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アユタヤの初日のつづき。

一休憩してたら、遅い時間になってしまったので、
この日は観光名所のある中心部へは行かずにのんびりと。

2014タイ198

チャオプロム市場を出て、
東側の通りをぐるりと北へ。

2014タイ199

チャンタラカセーム国立博物館に到着。

せっかくなので、中に入ってみることに。
中心から外れた立地ですし、入場料も必要なためか、
観光客は他に日本人2人しか見かけませんでした。

2014タイ200

宮殿だった場所を博物館にしているため、
広い敷地内にいくつか建物がありました。

2014タイ201

展示してあるものは、アユタヤ時代の仏像や装飾品など。
敷地は広いのに、建物の中はがらーんとしていて、
あまり見どころはなかったかと。

2014タイ202

奥にはこんな塔もありました。
塔の中には入れませんでしたが。

2014タイ203

チャンタラカセーム国立博物館の通りの向かい。
オレンジ屋根はボート乗り場です。

2014タイ204

ボート乗り場の手前のスペースは、
夜はナイトマーケットが開かれますが、
この時間は何もなく、駐車場みたいになってました。

(ナイトマーケットは翌日の夜に訪れたので、
 その時の様子は別の記事に)

2014タイ205

ボート乗り場からは、対岸に綺麗なお寺が見えました。
せっかくなので対岸へ行ってみることに。

対岸へ行くボートはおばちゃんが漕ぐこの一艘のみ。
しばらく待っていたら戻ってきたので乗せてもらいました。
ちなみに、運賃は確か2バーツほどだったかと。

2014タイ206

ほんの数分で対岸に到着。
ボートを降りたら、目の前がお寺でした。

(あとで地図を見てわかったことですが、対岸は小島でした)

2014タイ207

ガイドブック等には掲載されていないお寺ですが、
タイらしく金を多用した派手なお寺でした。

2014タイ209

結構広い敷地のようで、裏手に回ったら、
黄金の仏像や大きな仏塔もありました。

2014タイ208

美しいお堂と白い仏塔も。

お寺の境内をうろうろしていたら、
長い棒を持った女の子が近づいてきました。

この辺りは野良犬がやけに多かったので、
それらを棒で追い払ってくれたりしつつも、
こっちにおいでと手招きをするので着いてきました。

2014タイ210

こちらはお墓ですかね。

2014タイ211

こちらの建物は?

奥の方へどんどん進んでいくと、
いつの間にか男の子達も集まってきました。
放課後みんなで遊んでいるところに、
変な観光客が現れて珍しかったのでしょうか?

2014タイ212

どうやら小島を横切ったようで、別の川岸に。
こちらのボート乗り場は広かったです。

ボートを個人でチャーターして楽しんでる観光客も見かけたので、
もしかしたら、この小島はボートツアーのルートに入っているのかも。

2014タイ214

川の向こうにも綺麗なお寺が見えました。

アユタヤもお寺が多い町のようですね。
ガイドブックには歴史のある遺跡しか掲載されてませんが、
住民に親しまれている普通のお寺を散策するのも楽しそうです。

2014タイ213

ボート乗り場の丘の上にはこんな像。

2014タイ216

やけにリアルなお姿。有名なお坊さんなのでしょうか?

子供たちが近くで見ておいでと促すので、
とりあえず写真を撮ってきました。

2014タイ215

ハヌマーンと白い仏像も。

2014タイ217

奥に進むと、また別のお寺のようです。

子供たちはこちらのお寺を案内したくて、
手招きしていたのでしょうか?

2014タイ218

仏像が並んでます。

2014タイ219

広い境内は綺麗に整備されていました。

2014タイ220

ハヌマーンが守っている綺麗なお堂。

2014タイ221

中に入ると、タイらしい黄金の仏像がありました。

子供たちのおかげで、大きなお寺が見られて良かったです。

2014タイ222

野良犬がいっぱい。怖いです。

この小島はやけに野良犬が多くて、
子供たちが棒で追い払ってくれなかったら、
一体どうなっていたのか。。
本当に助かりました。

2014タイ223

野良犬が近づいてこないよう見張ってくれてる男の子。

小島を一周して、元のボート乗り場に戻ってきました。
案内してくれたので、チップでも要求されるのかと思ったら、
そんなことは全くなく、あっさり別れました。
子供たちもタイ人らしい親切心を発揮してくれたのでしょうか?

2014タイ224

ボートから対岸のナイトマーケット方面を。

そんなわけで、偶然訪れた小島は
楽しく散策できました。
関連記事
スポンサーサイト

【2014/01/21 23:55】 | タイ(アユタヤ)_2014.01
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。