世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロッブリーに2泊した後、次の町へ移動を。
まずはバスに乗って、ロッブリー駅まで。

2014タイ153

駅前の通り。

日曜の朝はバイクタクシーやミニバス(ワゴン車)が多かったです。
ミニバスはバンコク行きで、近くに受付らしき人もいました。

出発時間の時刻表があるのかどうか不明ですが
(車が満員になるまで待つパターンかも)
すぐに出発するのであれば鉄道よりも早いと思います。

2014タイ154

踏切の近くでは誰かが餌を撒いていたようで、
お猿さん達は食事中でした。

駅で切符を購入した後、まだ時間があったので、
駅の近くをもう一巡りしてみました。

2014タイ155

WAT NAKHON KOSA。踏切を渡ってすぐの遺跡です。
一応回りは柵で囲まれてましたが、門は閉まっておらず、
自由に見学できる遺跡でした。
お寺の本堂らしき建物は、壁と柱しか残っていません。

2014タイ156

隣の仏塔。頭に毛が生えているよう。

2014タイ157

レンガが崩れて草がぼうぼうと生えている裏手に回ったら、
頭のない仏像が何体かありました。

2014タイ158

路上の本屋さん。新刊なのか古本なのか。。
お店の人もおらず、商品なのかどうかも不明。

2014タイ159

大音量の音楽が聞こえてきたので追ってみたら、
トラックの2台に大勢乗って踊ってました。

バンコクの都市部の大規模デモが報道されているので、
これもそういう類のものかも?と思いましたが、
真相は不明でした。
特に演説らしきものもなく、ただただ踊っているだけで、
バスのようにお寺の前で停車して、降りる人も乗る人もいて、
一体何だったんでしょう?

2014タイ160

前日にも来たPHRA KAAN SHRINEの境内の奥。
小さなステージに女性達が座ってました。

2014タイ161

観客が誰もいない中、踊りを始めました。

観光用といった感じでもなく、皆さんテンション低めで、
日課みたいなものなんですかね?

2014タイ162

隣のステージには観客が集まってました。

2014タイ163

ステージ上にいたのは化粧をしたお猿さん。

お猿さんなんて近くの路上にたくさんいて、
全く珍しくない町なのに何故大人気なんでしょう?
しばらくしたら、ステージ上におじさんが出てきて、
ひたすら話をして観客を笑わせていましたが、
お猿さんはずっと椅子に座ったまま。
芸を始める気配がなかったのですが、
お猿さんは単なる見世物なんでしょうか?

2014タイ164

踏切の向かいに見えるプラ・プラン・サム・ヨート。

2014タイ169

入口には相変わらずお猿さんがたくさん。

電車までの時間はお猿さんと戯れることにしました。

2014タイ165

餌売りから20バーツで買ったトウモロコシ。

2014タイ167

トウモロコシに近寄ってきました。

2014タイ168

ジャンプ。なかなかの跳躍力。

2014タイ166

もぐもぐ。

お猿さんの餌やりはとっても楽しかったです。
前日に川で鯉に餌をやってる若者達を見ましたが、
鯉よりもお猿さんの方が楽しいと私は思ったのですが。。

2014タイ171

電車のチケットです。
ロッブリーからアユタヤまで。
一番安い鈍行列車で1時間ちょっと。

運賃は激安の13バーツです。
ロッブリー市内の路線バスは8バーツですから、
タイ国鉄の普通運賃の安さは飛びぬけてます。

2014タイ170

駅の売店でコーラを購入しました。
写真の右奥に見える売店で水色のest COLAを。
タイ国内ではコカコーラよりも多く見かけました。

コカコーラのようなボトルに入っていたのに、
お金を払ったら栓を抜いてビニール袋に入れたので驚きました。
電車に乗ってしまうと、ボトルを返却できなくなるので、
移し替えが必要なのは分かりますが、ビニール袋とは。。

こういうビニール袋のジュースを飲んでる人はよく見かけたので、
タイでは当たり前のことなんでしょうけど、最初は戸惑いました。

2014タイ172

列車の中。ごく普通なボックス席です。
乗車したら車掌さんがチケット確認に来ました。

2014タイ173

ほぼ時刻表どおりの運行でアユタヤ駅に到着しました。
関連記事
スポンサーサイト

【2014/01/21 15:20】 | タイ(ロッブリー)_2014.01
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。