世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高野山から南海電車に乗ってやってきたのは堺東駅。
帰りも関空からなので、大阪市内まで戻るのも、、
と思って、訪れたことのない堺東駅で下車しました。

堺1

そして、こちらのザビエルさんが描かれた
バスに乗って、堺駅まで。

堺東駅も堺駅も、どちらも南海電車の駅ですが、
路線が別で、歩くには遠すぎるのです。

高野山から堺東駅までは同じ路線で、
堺駅からは関空まで直通なので、
宿泊先を堺に決めたのです。

翌朝、ホテルで借りた自転車に乗って、
堺市街をぐるりと回ってみました。

堺2

堺駅からもほど近い堺魚市場。

月に1回、観光市場が開かれているみたいですが、
それ以外の日は観光客もおらず閑散としてました。

堺3

海に近い大浜公園。
ちょうど紅葉が見ごろでした。

公園内には体育館の横に相撲道場があって
驚きました。堺は相撲が盛んなのでしょうか?

堺4

河口にあるのは、小さな旧堺燈台。
裏手の工場の壁には絵がありました。

堺5

燈台を別の角度から。

昔はここまで海だったみたいですが、
今は埋め立てられて工場がたくさんあります。

堺6

燈台から内陸にあるのが、堺旧港。

堺7

堺旧港の奥に建っているのが龍女神像。

堺8

堺市街を東西に走るフェニックス通り。

とにかく幅の広い大通りでゆったりしてました。
自転車道と歩道が路面の色で分かれていて、
あわせて車2台分くらいの幅があったので、
自転車が走りやすかったです。

堺9

大阪市と堺市を結ぶ路面電車の阪堺電気軌道。

ちなみに、堺市内には、JR、南海電車、近鉄、
大阪市営地下鉄、阪堺電気軌道の5社もあるのに、
どれも大阪市内から南に伸びる路線ばかりなので、
東西の移動はバスしかありません。

自転車に乗ってる人も結構多かったので、
こういう大通りが出来たのでしょうか?

堺10

フェニックス通り沿いにある宿院頓宮。

堺11

フェニックス通りをひたすら東に進んで、
ようやく辿り着きました。
と言っても、これではなんだかわからないですね。

左はごく普通の住宅街、中央はお堀で、
右は日本最大の古墳、仁徳天皇陵です。
大きすぎて、外からは全くわかりません。

堺12

お堀沿いがマラソンコースになっていて、
ぐるりと回っていたら、公園に辿り着きました。

歩道の左側に仁徳天皇陵があるのですが、
公園内には盛り土にしか見えないような、
小さな古墳もいくつかありました。

堺13

そして、仁徳天皇陵の一番南端に拝所がありました。

奈良のときも思ったのですが、
古墳は外からは何も見えないので
観光する場所ではないですね。

堺14

仁徳天皇陵の南側は大仙公園。
自転車でないと厳しいくらい広い公園です。
紅葉がちょうど見ごろでした。

堺15

大仙公園の中にある日本庭園。

入場料金が必要なので中に入る予定はなかったのですが、
門の前にあったこちらの看板に惹かれました。

堺16

なんと訪れた日は「関西文化の日」。

関西地方の文化施設が入場無料となる日だそうです。
ここに来るまで全く知りませんでした。
やけにホテルが混んでて予約できないなあ、
と思っていたら、こんなことだったとは。

ということで、ここから予定を変更。
せっかくなので、美術館や博物館を巡る1日へ。

堺17

まずは大仙公園内の日本庭園へ。
こちらは抹茶などが頂ける集会所。

堺22

集会所を抜けると、大きな池が現われました。

堺21

池の奥は小山になっていて、滝もありました。

堺19

大きな池の西側は渓流。

堺20

里山の中をお散歩している気分が味わえる、
自然を再現したエリアもありました。

大仙公園の日本庭園は期待以上に広くて、
散歩が楽しく、入ってよかったです。


堺23

次に訪れたのは、同じく大仙公園内の
自転車博物館。(関西文化の日は無料)

堺24

中はあまり広くなかったですが、
こちらの見せる車庫だけが気になりました。

堺25

次も大仙公園内の堺市博物館。(関西文化の日は無料)

女性数人が連れ立った観光客が多かったのですが、
みな話し声が大きくて、うるさかった印象が。。
関西では博物館でもあんなに大声で話すんですかね?

堺26

広い大仙公園を抜けたら、都市緑化センター。

堺27

図書館だけでなく、温室や広い庭園もあって、
植物のことから庭のデザインまでが勉強できて、
ガーデニングやってる人には良さげな施設でした。

堺28

今度は東へ進んで、いたすけ公園といたすけ古墳。

左の川みたいに見えるのがお堀で、
さらに左が古墳です。全く見えませんね。

堺29

住宅街の中にあった川。

大量の黒い鯉?が泳いでいたので、
不思議に思って写真を。。

堺30

百舌鳥八幡宮の長い参道。

堺31

七五三で賑わう百舌鳥八幡宮には、
樹齢九百年と言われる大楠がありました。


ここからは北へルートを変更。

堺32

JR阪和線の堺市駅の近くの堺市立文化館。
3階に与謝野晶子文芸館、4階にアルフォンス・ミュシャ館の
2つ施設が入ってました。(関西文化の日は無料)

堺33

堺市駅から西へ進み、方違神社へ。

堺34

南海の堺東駅まで戻ってきたら、
市役所の高層タワーへ。

堺36

土日でも、夜遅くでも開いている
入場無料の展望室。

堺36

遠くに見える緑の山は仁徳天皇陵です。

堺35

市役所の目の前の通りに並ぶ真新しい自転車。
これらはレンタサイクル用のもの。

堺市は自転車に力を入れていて、
レンタサイクルポートが市内に何箇所かあり、
乗り捨ても可能で、1日300円。
この安さで、こんなに綺麗な自転車とは、
さすがな感じがしました。

堺36

堺東駅近くのアーケード商店街。

人気はまばら。
しかも、細い道を自転車が通るので危険でした。

堺37

西へ進んで、もう1つのアーケード商店街。
アスティ山之口。

堺38

商店街に隣接する開口神社。

堺39

近くに千利休ゆかりのお寺がいくつかあって、
歩道にはこんな感じで印がありました。

矢印が書いてあると、何かあるんじゃないか、
と導かれてしまいます。
(ごく普通のお寺があっただけでしたが)

堺41

北へ進路を変えて、こちらは菅原神社。
堺の天神さんだそうです。

堺40

可愛い牛さんも。
境内にはいろんな神社がありました。

堺42

立派な木造の門は本願寺堺別院。

堺43

本堂も大きく、中も絢爛豪華でした。

堺44

門の近くにあった経堂。
中央にいる像はどなたでしょう?

この辺りはお寺がたくさん集まる地域でした。

堺45

近くの堺市立町屋歴史館 山口家住宅。
(関西文化の日は無料)

主屋は、天井が高くて梁の美しい建物に、
和室が並んでいて、奥には蔵もありました。

この時点で、午後4時過ぎで時間切れ。
近くには他の町屋歴史館もあったのですが、
もう入館出来ないので諦めて戻ります。

堺46

路面電車の通りに出たら、
のこぎり屋根の堺伝統産業館。

1階は堺の物産館で、
2階は刃物博物館でした。

堺47

ザビエル公園。

ザビエルさんを手厚くもてなした豪商の屋敷跡
らしいのですが、ごく普通の公園でした。

堺48

与謝野晶子生家跡。
歩道に碑があるだけです。

堺49

千利休屋敷跡。
井戸だけ残ってました。

そんなわけで、駆け足での堺観光でした。

堺は、関東で言えば川崎みたいな場所かな、
(大都市に隣接する工業地帯という意味で)
とぼんやりと思ってましたが、違いました。
歴史もあり、観光施設も多かったです。

堺50

帰りは南海電鉄の堺駅から。

関西空港に到着し、バスで第2ターミナルへ移動し、
ピーチ・アビエーションで成田まで帰ってきました。

堺51

帰りのピーチアビエーションについては、
こちら(→ blog)に詳しく書きました。
関連記事
スポンサーサイト

【2013/11/19 22:41】 | 高野山_2013.11
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。