世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高野山大師教会を通り過ぎて、
1本裏手の道へ。

高野山87

紅葉が素敵な門を発見。

そして、しばらく歩くと、
大きな池が現われました。

高野山88

赤い橋も素敵です。

高野山89

奥にはガイドブックで見覚えのある建物が。

この池は善女龍王池と言い、
どうやら檀上伽藍の敷地に入っていた模様。

檀上伽藍は後から訪れる予定だった場所なので、
中途半端に脇から中に入るのが嫌だったの、
六時の時計台近くへ戻って入りなおしました。

高野山90

こちらが紅葉で有名な伽藍への入口。

なんとか紅葉に間に合いました。

高野山84

赤だけではなくて、オレンジもあって、
グラデーションが素敵です。

高野山94

東塔が見えてきました。

高野山91

シックな不動堂。
奥に見えるのが先ほど通った善女龍王池です。

高野山92

有名で、とても絵になる大塔。

こちらは拝観料200円で中に入れました。

高野山93

国宝の金堂です。



高野山95

林の中を進むと山王院がありました。

高野山97

こちらは西塔。
東塔とは違って、色塗りされておらず、
建物の形も微妙に違ってました。

高野山96

一番奥にある御社(みやしろ)。

立派な中門は再建中で見られなかったですが、
檀上伽藍には建物がたくさんあって楽しめました。

さて、ここからは翌日です。
(宿泊した宿坊についてはこちらをご参照)

2日目の午前中は雨がしとしとと降ってました。
仕方ないので、バスで高野山の一番西まで。

高野山98

高野山の西端、車で来る場合には入口にあるのは、
こちらの大きな大門です。

高野山99

大門にはもちろん、この二人。

高野山100

仁王像がどっしり建っていました。

バスの本数が少なく、待合所もないので、
雨の中を歩いて戻ります。

高野山101

まだ新しそうなお寺の門の前に、
美しい紅葉がありました。

高野山102

お寺の向かいには赤い橋と鳥居。

高野山103

赤い橋を渡ると、奥は普通の公園?

高野山104

公園の裏山にも赤い鳥居と社。

ここは高野七弁天の1つの祓川弁天で、
手前は弁天公園でした。

高野山105

檀上伽藍近くの交差点では、
綺麗な公孫樹の絨毯も見かけました。

やはり、お寺は紅葉の秋に来るのが一番だなあ、
と感じた散歩でした。

(まだまだ続きます)
関連記事
スポンサーサイト

【2013/11/17 23:50】 | 高野山_2013.11
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。