世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョージタウンの中心部にあるバスターミナルのコムタから、
北へ伸びるペナン通りは滞在中、何度も行き来しました。

ペナン184

コムタから繋がるショッピングストリート。

レストランや雑貨店が並んでいる中、
美容院のような雰囲気でしれっと刺青屋さんもあって、
ちょっと驚きました。

ペナン185

スーパーマーケットもあるので、
空港行きのバスに乗る直前にお土産も買えました。

ペナン186

コムタの隣のプランギンモール。

ペナン187

プランギンモールの店内。

東京で言えば、駅近のルミネみたいな感じで、
洋服屋さんやレストランが並んでました。

ちなみに、プランギンモールのさらに隣には
ファーストアベニューというショッピングモールもあって、
コムタ周辺はショッピング街のようでした。

ペナン188

コムタのすぐ目の前、ペナン通り沿いで
見つけた中国寺院。

ペナン189

フェンス越しに中を覗いて見ました。

ペナン192

コムタから北へ進むと、
可愛いショップハウスが連なるエリアへ。

ペナン191

この辺りではレトロなコピティアムを見かけました。

コピティアムとは中華系の人が営む喫茶店。
独自の製法で淹れられたコーヒーがメインですが、
食事メニューがあるお店も多いようです。

ペナン190

近くにはワイヤーアートがありました。

ペナン194

こちらもコピティアムですね。

ペナン193

こちらのワイヤーアートは、
コピティアムを描いたもの。

ペナン197

せっかくなので、こちらのコピティアムに
入ってみました。

ペナン196

店内の様子。

伝統的なコピティアムでは大理石の丸テーブル
らしいのですが、こちらでは木製でした。

店先に出ている屋台では麺類やご飯が売られていて、
コーヒーを飲みながら食事をしている人も多かったです。
中華料理にコーヒーなんて合わないと思うんですけど。。

ペナン195

もちろん、コピティアムを注文。
1杯で確か1.20RM。安い。
スタバの7分の1くらいでしょうか?

グラスの底に練乳と砂糖が溜まっていて、
スプーンで混ぜて飲みます。
「With milk?」と聞かれたので、
練乳の有無は注文できると思いますが、
砂糖抜きが可能かどうかは不明です。

ペナン198

30分後にお店の前を通りかかったら、
もう閉店してました。
まだ午後4時なのに。

お店の前に停まっているトライショーは、
マラッカと違って、客席が前方のタイプですね。

ペナン203

レストランの外壁にあったワイヤーアート。
點心(点心)のお店の様子が描かれていました。

ペナン199

ペナン通り沿いのペナンバザール。
古い公設市場でしょうか?

ペナン201

薄暗い中、洋服がたくさん売られていました。
が、あまりに暗くて、観光客が入る雰囲気ではなく。。

ペナン通り沿いには「Penang Island」と大きく書かれた、
お土産用のTシャツを売るお店も数軒並んでいたので、
観光客はペナンバザールには立ち寄る必要はないかも。

ペナン200

隣はチョウラスタ・マーケット。

ペナン204

お土産用のお菓子や乾物を売るお店。

ペナン202

奥はドライフルーツ屋さん。

チョウラスタマーケットはガイドブックにも出ていて、
有名なはずなのに、これだけなの?と不思議に思いましたが、
翌朝に訪れたら、この建物の隣の通りが大混雑してました。

ペナン205

上野アメ横みたいに魚屋さんや果物屋さんが
通りに出ていました。

ペナン206

雨季なので果物は種類豊富。

ペナン207

路地を曲がったら、すごい人混み。
こちらは洋服や雑貨が多かったです。

さて、ここからはコムタを離れて、
ペナン通りの終点近くまで北へ進んだ場所で
見つけた、巨大なホーカーズのご紹介。

ペナン212

通り沿いには広い駐車場があるため、
入口が分かりづらいです。

RED GARDEN FOOD PARADISE。
漢字では、紅園と書かれてました。

ペナン208

中央にテーブルが並んでいて、
周りに40軒ほどのお店が囲んでました。

ホーカーズではまず最初にテーブルを確保し、
テーブルの番号を確認した後、お店に向かいます。
お店で注文する際にテーブルの番号を告げると、
料理はテーブルまで運んできてくれて、
お会計は料理と交換で支払うシステムです。

バドガールみたいなビール売りの女性が、
テーブルの間を歩き回っているので、
ビールはテーブルで注文できました。

ペナン209

並んでいるお店はバラエティに富んでました。

マレー料理、中華料理、インド料理は当然、
タイ料理、日本料理、韓国料理などなど。

ペナン210

こちらは店先に魚がずらり。
自分で魚を選んで料理してもらえるようです。

ペナン211

ちょうちんと日本酒の一升瓶が並ぶお店は
日本の居酒屋みたいです。
看板は和服を着た女性ですし、
和食メニューが揃ってました。

そんなわけでジョージタウンの観光は終了。
帰りもコムタからバスに乗って空港へ。

ペナン213

ペナン国際空港に到着。

バスは学校帰りの学生で混雑していて、
停車するバス停も多くて時間がかかりました。

ペナン214

空港の制限エリア内。
お店はあまりなかったです。

ペナン215

空港内に掲げられていたペナンの看板。
この高層ビル群はどこで写したものなんでしょう?


さて帰りは、マレーシア航空を利用して、
クアラルンプール乗り継ぎで成田まで。

ところが、早めにチェックインしたのに、
飛行機がいつまでたっても来ないのです。

乗り継ぎ時間は余裕があったはずなのに、
このままでは間に合わないかも?という時間に。

周りには同じ便に乗るであろう日本人も多くて、
係りの人に聞いても、大丈夫だから、の一点張り。

結局、飛行機に乗れたのは予定時間を1時間半も過ぎてました。

ペナン216

たった50分のフライトのため、画面は機能せず。
しかし、ドリンクとスナックは頂けました。

クアラルンプール空港に着いたら、
もう搭乗締め切りの時間。

急いで出国審査をして、広い空港内を駆け抜けたら、
飛行機は乗客を乗せたまま待っていてくれました。

同じ航空会社で、航空券は通しで買っているので、
待っていてくれるはずだとは思ってましたが、
それでも焦りました。

飛行機を降りたら係りの人が待ち構えていて、
案内してくれるものだと期待していたのにそれもなく。。
あんなに広い空港内を乗客に自力で乗り継がせたら、
迷って搭乗が遅れる人も出てくると思うのですけど。。

結局、予定時間を40分ほど遅延して、
クアラルンプール空港を出発しました。
ペナンからの乗り継ぎ客は果たして全員乗れたのか。。
どこまでチェックしているのか心配。。

クアラルンプール空港で乗り継ぎ時間に
お土産を買うつもりだった人もかわいそうでした。

ペナン217

機内食の朝食。

出発は遅れましたが、成田到着は予定どおり。
数十分レベルの遅延ならば取り戻せる自信があるから、
航空会社の人は遅れてても余裕の表情で大丈夫、
と言っていたんでしょうかね。

そんなわけで、最後にバタついた
ブルネイ&マレーシア旅行でした。
関連記事
スポンサーサイト

【2013/09/17 15:18】 | マレーシア(ジョージタウン)_2013.09
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。