世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョージタウン散策。翌日は郊外まで足を伸ばしてみました。

ペナン129

出発はコムタバスターミナルから。
バスレーンが5つぐらいありました。

ペナン128

電光掲示板ではバスの到着予定が表示されてました。
目的地へ行くのに複数の路線がある場合には、
これを見てどれに乗るのが早いか分かるので便利です。

ペナン127

各レーンには上のような地図が掲示されていて、
LANE1の地図には、横になっている仏像の絵が
書いてあるので、すぐに分かりました。

目的は寝釈迦仏、LANE1から103番バスに乗車です。
運転手さんにも「Sleeping Buddha」で通じました。

ただ、音声での案内は全くないので不安になって、
走っている場所を地図で確認しながら必死に窓の外を。
金色の派手な仏塔が見えたので慌てて下車しました。

ペナン133

こちらが寝釈迦仏のいるお寺の入口。
なんて派手な門なんでしょう。

ペナン129

門をくぐると左手に見えたお堂。

ペナン130

門の真正面にある大きな建物。

ペナン132

左手にあったお堂の中を覗くと、
中央に黄金の仏像が。

赤と金色の綺麗な柄の壁紙や、
細かい彫刻の扉も素敵でした。

ペナン134

門の正面にある大きな建物。
残念ながら中央部分は工事中でしたが、
仁王像のような二体と大きな龍は見えました。

ペナン131

こちらが入口。

ペナン136

目の前に見えるのは大きな寝釈迦仏。

タイのお寺のはずですが、顔は肌色で化粧もしてて、
ミャンマーの仏像っぽく見えました。

ペナン135

寝釈迦仏の手前では、お坊さんが着る袈裟などが
販売されていました。
一般の参拝客も袈裟を着るのでしょうか?

ペナン137

寝釈迦仏の両側には立ち姿の仏像がずらり。

ペナン138

寝釈迦仏の裏側には座禅を組んだ仏像がずらり。

ペナン139

仏像の後ろの壁に並んでいるのは骨壷。

ペナン140

そして、こちらは寝釈迦仏が乗っている台の下。
裏手に入口があって、中を覗いてみたら、
こちらにも骨壷が納められていました。

ペナン141

こちらは寝釈迦仏の建物の左側。
大きな木に寄り添うように建物が。

ペナン142

手洗い所のようでした。
台の上には千手観音のような仏様と、
タイらしい象も並んでます。

ペナン143

隣の小さなお堂。
オレンジと赤で可愛らしい。
階段の龍もなんだかプリティ。

ペナン144

お堂の中。

ペナン147

鯉の泳ぐ池の上で踊る女性。

ペナン146

一番奥にあるのは背の高い仏塔。
このお寺の目印になっていました。

ペナン145

仏塔の入口。


これにてタイの寝釈迦仏のお寺は終わりですが、
お寺の向かいにはこちらのお寺があり驚きました。

ペナン148

ダーミ・カラマ・ビルマ寺院。

タイのお寺とミャンマーのお寺が向かい合っているのです。
東南アジアのお寺好きにはたまらない場所かも。
(ちなみにどちらも入場無料。ありがたい。)
特にミャンマー寺院は面白いので私は大好きです。

ペナン152

入口近くに建つまだ新しそうな大きな建物。
金を多用したミャンマー寺院らしい豪華さ。

ペナン149

ピカピカの大理石と金の室内には、
中央にとても大きな仏像。

ペナン150

ミャンマーの仏像なので化粧をしています。
女性のように綺麗ですね。

ペナン151

裏手に並ぶ仏像。
手のポーズは全て違ってました。
参拝者はみな自分の仏様を決めていて、
それぞれ参拝しているんでしょうかね。

ペナン157

建物の裏手には仏塔がありました。

ペナン154

こちらは入口をまっすぐ参道を進み、
正面にあったお堂。本堂ですかね。

ペナン155

やはり仏像が女性のように綺麗です。

ペナン156

お庭の小さな池。竜宮城みたい。

ペナン159

天女の隣にいる、おじさんのような子供は、
浦島太郎だったりするんですかね?
なんとも言えない顔立ちをしてますが。。

ペナン153

羽の生えた龍が地球を支えてます。

ペナン158

奥ではお腹を出した子供が鐘を掲げながら、
舌を出して不敵な笑みを浮かべてました。

ペナン160

池に浮かぶ水上の寺院?

ペナン162

脇には綺麗な顔のお坊さんがハーレム状態?

ペナン161

こちらにも池。動物がたくさん。

ペナン163

見えづらいですが、奥の建物の中には、
大きな牙の象がいました。

ペナン165

一番奥にあった大きな建物。事務所?

ペナン164

隣は3階建ての大きなホール。

ペナン168

ホールのエレベーターは、
東京に住む日本人からの寄付。
いったいどんな縁なのでしょう?

ペナン167

3フロアとも、床はピカピカの大理石で、
壁、柱、天井は豪華絢爛でした。

ペナン171

屋上から風景。お寺の境内を上から。
周りはヤシの木がたくさん。

ペナン172

向かいのタイの寝釈迦仏のお寺の方向。
背の高い仏塔も見えます。

ペナン170

海側を眺めて。
高層マンションがずらりと並んでいるのは、
ガーニー地区だと思います。

マレーシアで、タイとミャンマーの寺院が見られるとは、
なかなか楽しめた寺院巡りでした。

さて、せっかく来たので近くをぶらぶらお散歩。

ペナン173

近くのバス通り。
街路樹は東南アジアらしく高くて大きい。

ペナン169

オシャレな住宅が並ぶ通り。
高級住宅街なのかしら?

ペナン174

バス通りにはレストランが並ぶエリアも。

ペナン175

大きな教会を発見。

ペナン176

教会の裏手には、公園の周りに
住宅街が広がっていました。

ペナン178

海側に歩いていったら、
プラザ・ガーニーに辿り着きました。

ペナン177

広いショッピングモールです。
ブランド店もたくさん入居していました。

ペナン180

プラザ・ガーニー前の海沿いの通り。
高層マンションがたくさん。

ペナン179

ガーニー・ドライブ・ホーカー・センター。

ペナンで一番賑わうホーカー(屋台街)のはずですが、
昼間に訪れたら、こんなに寂しい状態でした。

ペナン181

海を離れて、丘を登る通りを歩いていたら、
チョコレートショップが集まるエリアを発見。
観光バスも停まっているので有名な観光地なのかも。

その中の一軒を覗いてみましたが、
お店に入る際のチェックが厳しく、
店員は常に寄り添って試食を渡してました。

ペナン183

ミッドランドパークセンターに到着。

ペナン182

オフィスビル、ホテル、ショッピングモールが
一箇所に集まっているようでした。

ここでランチを頂き、目の前のバス停に乗車し、
コムタタワーに戻りました。
ほんの数時間の郊外探検でしたが面白かったです。
関連記事
スポンサーサイト

【2013/09/16 23:40】 | マレーシア(ジョージタウン)_2013.09
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。