世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョージタウン散策のつづきです。(→ 前の記事)

ペナン48

路地に入ったら景色が一変しました。

大通りには英国らしい白亜の立派な建物が並んでましたが、
路地に入ると、間口が狭くて奥行きのある町屋風の
プラナカン文化であるショップハウスが並びます。

ペナン52

写真の中央、1階入口が緑の塀で塞がれている建物。
現地でもらった地図によれば重要文化財とのこと。
2階と3階は木枠の雨戸、その上には漆喰の絵、
そして、屋根のとんがり部分のデザイン等が特徴です。

建築様式に詳しい人が見れば、歓心するのでしょうか?
マラッカを訪れたときにも思いましたが、
1つの町に多くの建築様式の建物が共存しているので、
勉強してから訪れると面白いかと思います。

ペナン53

でも、私は、地味で古びた建物よりも、
こちらの可愛らしい建物に惹かれましたが。
何かのお店でしょうか?

ペナン49

突然現れた派手なペパーミントグリーンの建物。

ペナン50

門をくぐって、こちらが入口です。

ペナン・プラナカン・マンション。
19世紀の建てられた裕福なプラナカンの邸宅。
今は博物館になっていて中が見学できるのですが、
入場料の値上がりに驚いてしまい素通りしてしまいました。

ペナン51

ペナン・プラナカン・マンションの敷地内、
ペパーミントグリーンの建物の隣に建つのはお寺?
この一家のためだけのお寺なのでしょうか?

ペナン54

通りを曲がったら、中華風の大きな建物が3軒並んでいて、
圧倒されたので、写真を撮ってきました。
こちらは、お金持ちの家の一族の廟でしょうか?

ペナン55

隣は派手な中国らしいお寺。
(写真はボケボケですが。。)

ペナン56

その隣は会館?
マラッカやベトナムのホイアンでもよく見かけた、
華僑の人達が出身地ごとに集まるための集会所が
ジョージタウンでもちらほら見かけました。
(この後にもたくさん出てきます)

ペナン57

中華風の立派な建物3棟が並んだ通りの向かいには、
建物の構造はショップハウスのまま中華風にアレンジされた、
面白い建物を見つけました。こちらは住宅でしょうか?

ペナン59

大通りに面して建つのは観音寺。

ペナン58

門をくぐると、お線香を準備するエリア。

地元と思われる中華系の人々で賑わっていました。
毎日のように参拝しに来ているのでしょうか?

ペナン60

もう1つ門をくぐって奥へ。
中華らしい真っ赤な柱と壁に金の装飾。

ペナン61

さらに奥へ。赤提灯がたくさん。

中華系のお寺は派手で見ごたえがあるから良いですね。

ペナン62

こちらは宝珠社(Poe Choo Seah)と看板のあった建物。
中華風でもなく、他のショップハウスともちょっと違って、
目立っていたので写真を撮ってきました。

ペナン64

次はヒンドゥー教の寺院。
スリ・マハ・マリアマン寺院です。

ペナン66

南インド様式とのこと。門の上の装飾が細かい。

ペナン65

屋根の上には可愛いガネーシャもいました。

内部にも可愛らしい装飾があるらしいのですが、
残念ながら門が閉じられていて入れず。。

ペナン63

この辺りはリトル・インディアと呼ばれるエリア。
通りを行き交う人の顔の色が浅黒くなってきました。
並んでいるのは、艶やかな色合いのサリーを売るお店や
インド料理店、インド音楽を流すCDショップ等。
狭いエリアにぎゅっと集まっていました。

このエリアだけでなく、ジョージタウンのあちこちで、
肌が浅黒いインド系の人を多く見かけましたし、
インド料理屋さんも多かったです。

ペナン67

リトル・インディアの外れで見かけた変わった建物。
イスラム系のモスクっぽい建物に見えますが、
ほんとのところはよくわかりません。

ペナン72

ランチはもちろんインド料理。(お店の情報はこちら)
リトル・インディアらしからぬ綺麗なお店に入りましたが、
プレートにおかずがたくさん乗っていて良かったです。

ジョージタウン散策はまだつづきます。
関連記事
スポンサーサイト

【2013/09/15 23:00】 | マレーシア(ジョージタウン)_2013.09
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。