世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前の記事(→blog)の続きです。

独立宣言記念館の奥は広大な敷地の
マラッカ・スルタン・パレスです。

マラッカ203

マラッカ王国時代のスルタンの王宮を再現した建物です。

高床式ですが、屋根などはお寺のような形に見えます。

マラッカ204

その建物の前には、広い庭園がありました。

マラッカ205

王宮の建物に背を向けて歩きましたが、
なかなか奥まで辿り着けません。

マラッカ207

そろそろ終点かしら。
奥には東屋がありました。

マラッカ208

庭園の一番奥から王宮の建物を眺めて。
遠すぎて、建物が見えません。

洋風な庭園に見えたのですが、
背の高いヤシの木が南国っぽくもあります。

マラッカ206

庭園の中で気になった木。

大きな木なのに、幹は太くなく、
細い竹のような幹が何本もあって、
不思議に思えました。

マラッカ209

王宮の建物に戻ってきました。

先ほどまで、サーモンピンクの建物ばかり見てきたので、
濃い茶色一色の建物がとてもシックに見えました。

マラッカ253

王宮の建物を別の角度から。

マラッカ210

こちらが入口。

高床式なので、靴を脱いで階段を上がります。
建物の中は文化博物館となってます。

マラッカ220

大広間に大勢のマネキン。
一番奥はスルタンでしょうか?

マラッカ250 マラッカ240

マラッカ海峡にやってきた民族の紹介も。
左がタイ人で、右がアラブ人。うーん。。。

他にも色んな民族が展示されていましたが、
どのマネキンも顔が似たような感じだったので、
違和感がありました。

マラッカ230

大広間を囲む外廊下には、正装をしたマネキンが。

この博物館は、マネキンの多さに驚きました。

マラッカ252

裏手の廊下は壁の木彫りが綺麗でした。

マラッカ251

屋根裏のような2階もありました。

マラッカ254

マラッカ・スルタン・パレスを東に進むと、
真っ白な墓地がありました。

マラッカ255

オランダ人の墓と言われてますが、
実際にはオランダ人よりもイギリス人の方が
多く眠っているそうです。

緑の芝生に真っ白な墓石がヨーロッパっぽく、
やはり、中国人とも、イスラム系とも違います。

マラッカ260

いよいよ、セントポールの丘の上に登ります。

登り方は、斜面にまっすぐの急な階段もあれば、
くの字型の階段、ぐねぐねの坂道など、
いろんな方法があります。
写真のように、下から見上げることもできる場所もあって、
行きと帰りを違うルートにすると面白いかも。

マラッカ256

坂道の途中、丘の中腹で発見。

Governors Mansion Museum(総督博物館)。
17世紀にオランダ人が建てて、
18世紀にイギリスの総督の官邸だった場所で、
今は博物館として開放されているとのこと。

建物見学は好きなので入ってみたかったけど、
あいにく時間切れでした。

マラッカ257

丘の頂上に到着。
セントポール教会とフランシスコ・ザビエルの像です。

ちなみに、ザビエルさんはここで日本人のヤジローさんと出会い、
一緒に日本を訪れて、宣教を行ったそうです。

マラッカ259

ポルトガル統治時代に建てられたセントポール教会は、
カトリック派で、今はレンガの外壁だけが残っています。
その後に統治したオランダ、イギリスはプロテスタント派のため、
この教会は放置されていたそうです。

マラッカ258

教会に並んでいる墓石は、実はプロテスタント派の人達のもの。
イスラム教徒のマラッカの知事がプロテスタント派の墓地を撤去した際、
カトリック派の人達が手を差し伸べて、ここに墓石を移したとのこと。
これもまた、マラッカらしい歴史のように感じました。

マラッカ262

セントポールの丘から、マラッカタワー方面も。
綺麗に並ぶショップハウスが見えます。

マラッカ261

海洋博物館とマラッカ海峡方面。

マラッカ海峡に沈む夕日は素晴らしい、らしいのですが、
残念ながら、この雲の厚さでは見えませんでした。

マラッカ263

丘を下る坂道の途中で見つけた、
Democratic Government Museum(民主政府博物館)。

マラッカ265

可愛いエメラルドグリーンの建物は
Literature Museum(文学博物館)。

この丘の周辺は一体いくつ博物館があるんだか。。

マラッカ266

こちらはマラッカで一番有名な博物館。
スタダイス(旧オランダ総督府)です。

オランダ広場に面して建っていますが、
広場側ではなく、坂道の途中です。

マラッカ264

坂道の傾斜を利用して、スタダイスを覗いて見ました。

マラッカ267

レトロな消防車が展示されていました。

マラッカ268

スタダイスの入口。工事中の看板が出ていて閉鎖されてました。

マラッカ269

坂道を下って、オランダ広場に到着した頃には、
すっかり日が暮れていました。

オランダ広場から伸びるサーモンピンクの建物は、
どれもライトアップされていて綺麗でした。
関連記事
スポンサーサイト

【2013/09/12 23:55】 | マレーシア(マラッカ)_2013.09
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。