世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ広場の東側には、セントポールの丘が隣接しています。
その丘の麓をぐるりと歩いてみました。

マラッカ178

麓の通りにはサーモンピンク色の博物館が並んでますが、
博物館の間から丘の斜面が見えました。

マラッカ176

通りの一番手前にあったのは、
Architecture Museum Of Malaysia。

建築博物館でしょうか?入場無料だったので入ってみました。

マラッカ179

マレーシアの建築物の模型がたくさん。
農家やショップハウスから、寺院、モスクまで。
紹介されていた建物がどれも魅力的で、
実物を見てみたくなりました。

マラッカ180

建築作業中の蝋人形も。

入場無料だからという理由だけでふらりと入りましたが、
目で見て楽しめる展示が多くて良かったです。

マラッカ177

建築博物館の右手、隣の博物館との間には、
丘の上に登れる階段がありました。

丘へ登るルートは何本もあって、
どれも昔からあるルートのようなので、
いろんなルートを通ってみるのも面白いかも。

マラッカ181

隣のMelaka Islamic Museum。

壁はオランダ広場のサーモンピンクと一緒ですが、
どことなく南国っぽい建物です。

マラッカ185

建物に惹かれて入ってみましたが、
展示されていたのはイスラムの書物ばかりで、
うーん。。。

マラッカ184

2階の裏手の窓から、丘の上のセントポール教会が見えました。

丘の斜面は綺麗な芝生ですが、古びたレンガが埋まっていたり、
サーモンピンクの謎の塀が残されていたり。。
撤去したりせず、そのまま放置されているのが東南アジアらしいです。

マラッカ182

博物館が並ぶ通りの向かいには、
大きな木のある公園がありました。

マラッカ190

牛車のオブジェが子供の遊び場になってました。
歴史を伝えようとしているオブジェにも見えますが。

マラッカ183

置かれている列車はマレー鉄道でしょうか。
奥には飛行機の模型もありました。

マラッカ186

サーモンピンクの建物が並ぶ中で、
妙に目立っていた白い建物。
国旗があるということは省庁か何かでしょうか?

マラッカ187

隣は、Museum UMNO Melaka。

UMNO?マレーシアの政党らしいです。
外国人観光客が集まるエリアに、
国内の政党の博物館なんて。。

マラッカ188

こちらは民族と美の博物館。

世界の民族を紹介する博物館で、
面白いものがたくさん展示してあって
大人気だそうです。
(結局入館しなかったのですが)

マラッカ189

入口には何故か恐竜がいました。

マラッカ191

隣は、Museum Setem Melaka。

中をちらりと覗いてみたら、切手の博物館でした。
本当にいろんな博物館が並んでます。

マラッカ193

こちらは、BASTON HOUSE。

何の建物なんでしょうねえ~。。

マラッカ192

発掘された城壁の遺構が見られる場所も。

マラッカ194

柵の向こうに見える大きな船は
光と音のショーの観覧席。

マラッカ196

観光客が大勢集まっているのは、
サンチャゴ砦。

マラッカ195

サンチャゴ砦の裏手には、
城壁と丘に登る階段。

マラッカ200

その階段の途中から景色を。

高層ビルはホテルやマンションなど。
ショッピングセンターもすぐ近くにあって、
観光エリアと生活エリアが密接しています。

マラッカ197

サンチャゴ砦の向かいに建つのは独立宣言記念館。

イギリス統治時代の将校たちのクラブハウスだった建物とのこと。
建物の中は独立までの歴史を紹介する博物館になっていて、
入場無料で入れました。

ちなみに、こちらは洋館なので靴を履いたまま入れました。
(他の博物館はほとんどが靴を脱いで入ります)

マラッカ198

城壁を作ったポルトガル統治時代を紹介するエリアは、
通路もレンガ敷きっぽいインテリア。

マラッカ199

短かったにも関わらず、日本統治時代のエリアもありました。

展示物は写真が掲載された新聞記事やポスター、紙幣などでした。

マラッカ201

戦後の反乱をマネキンで紹介。

マラッカ202

マレーシアの国旗と13州の旗。
州それぞれに旗があるのは面白いです。

マレーシアの国旗はアメリカの国旗にちょっと似てますが、
赤と白のラインはアメリカが13本でマレーシアは14本。
13の州+クアラルンプールで14本になったそうです。

独立宣言記念館は入場無料のわりには展示物は充実していて、
なかなか楽しめました。

(セントポールの丘周辺は次の記事(→blog)にも続きます)
関連記事
スポンサーサイト

【2013/09/12 22:58】 | マレーシア(マラッカ)_2013.09
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。