世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四ツ谷駅から徒歩7分ほどの場所にある
国賓などを迎える迎賓館赤坂離宮(→HP)。

こちらは定期的に一般公開されていまして、
そのタイミングで2回に渡って訪れました。

まず1回目は前庭公開。
毎年春と秋の年2回行われているもので、
事前申し込みは必要なく、入場制限もなく、
当日訪れたら、中に入らせてくれました。

迎賓館赤坂離宮1

四ツ谷駅から向かうとこの門が見えてきます。
この門の脇から入場しました。

迎賓館赤坂離宮2

とっても綺麗な芝生と松。
噴水が上がってます。

迎賓館赤坂離宮3

反対側も全く同じ。

迎賓館に向かってまっすぐ伸びる通りの両サイドは
ひたすら芝生と松でした。

これで前庭は終わり。
えっ?これだけ?、というのが正直な感想。
あっという間に終わってしまいました。

迎賓館赤坂離宮4

白亜の迎賓館の建物です。

あくまでも前庭公開なので、館内には入れません。
ひたすら建物を外から眺めるのみですが、
それでもみんな写真をパシャパシャ撮ってました。
逆光なのが残念で仕方ありません。

迎賓館赤坂離宮5

迎賓館の正面玄関。
中を覗きましたが、目の前が大階段のため、
奥は全く見えず。。

迎賓館赤坂離宮9

迎賓館の全景。
巨大な建物なので、写真に収まりません。

迎賓館赤坂離宮10

迎賓館の屋根部分。
上に2つ乗っかっているのは何でしょう?

迎賓館赤坂離宮6

鎧兜を着た武士のようです。
洋館なのに、飾りが純和風の武士なんて、
面白い組み合わせです。

迎賓館赤坂離宮7

こちらは、鸞と呼ばれる架空の鳥のようです。

迎賓館赤坂離宮8

最後にもう一度迎賓館の全景を。

迎賓館赤坂離宮11

帰りはもう一度前庭を通って帰ります。

前庭と迎賓館との間の柵は水色に金の飾り。
ちょっと変わった色の配置だと思いました。


さて、前庭公開があまりにあっけなかったので、
せっかくならば迎賓館の中も見てみたいと強く思い、
年に1回の館内参観を申し込みました。

募集は5月頃にHPで発表され、申し込みは6月。
公開日は8月で、希望日付と参加者を明記して申し込み、
当日は当選通知メールと身分証明書の提示が必要でした。
(もちろん入場は無料です)

各日2千人で、10日間で計2万人が当選で、
一応抽選らしいのですが、倍率は不明です。
土曜日で申し込みましたがあっさり当選したので、
意外と当選確率は高いのかもしれません。

迎賓館赤坂離宮16

前庭公開の時とは異なり、
参観の日は前庭は公開されず、
西門からの入場となりました。

入場時には身分証のチェックだけでなく、
大きな荷物はロッカーに入れ、
荷物検査も行われました。

さて、いよいよ館内へ。
入口は西側の通用口から。
靴を脱いで中に入ります。

ボランティアのガイドさんが各部屋に配置され、
内装などの説明をしてくださいました。

彩鸞の間、花鳥の間、羽衣の間、
中央階段に大ホール、最後は朝日の間。
とにかく絢爛豪華でした。

日本らしい調度品があったり、
ちょっと違和感のある絵画が飾られていたり、
とっても面白かったです。

(残念ながら写真撮影禁止のため、写真はありません。
こちらのHPで少しでも様子が分かれば・・・。)

迎賓館赤坂離宮12

館内の見学が終わったら、迎賓館の裏手へ。

迎賓館赤坂離宮13

こちらが主庭です。

迎賓館赤坂離宮15

迎賓館側から大きな噴水を。

迎賓館の裏側にも館内を覗ける場所も設けられていて、
来客のお付の人が宿泊する部屋を見ることが出来ました。

迎賓館赤坂離宮14

大きな噴水を正面から。

主庭の東側には、何故かテントのエリアがあり、
自販機も置かれていました。
(ちなみに自販機のジュースの値段は1本100円。
 税金が掛からないから安いということ?)

自販機はこの参観のためとは思えないのですが、
普段は一体誰が使っているのでしょう?
晩餐会を取材する記者とかですかね。

迎賓館赤坂離宮17

こちらは迎賓館を出て、西門に向かう途中の橋。
まだ迎賓館の敷地内なのですが、下には首都高が通ってました。
防犯上、大丈夫なのかしら?
それとも、迎賓館の地下から首都高に繋がっていて、
国賓の方々の脱出経路になっているのかしら?
なんとも不思議な光景でした。


迎賓館の公開は年1回、たった10日間しかありませんが、
絢爛豪華な大広間をいくつか見られて面白かったので、
オススメです。
関連記事
スポンサーサイト

【2013/08/31 23:12】 | 東京都心
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。