世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊豆大島の三原山の続きです。

伊豆大島68

三原山の外輪山の山頂から、内輪山を眺めて。

ここが登山の出発口です。
左に続くコンクリートの道路が登山道。
車椅子でも行けるよう、バリアフリーになってました。

が、せっかくの登山で、行きと帰りが同じ道ではつまらない、
などと思ってしまい、この道を進みませんでした。
これが大失敗の元。大変な目に逢いました。

伊豆大島69

見えづらいですが、草がぼーぼー生えている別の道が、
右手にありました。地図には表砂漠ルートと書かれてます。
こちらを進んでみました。

伊豆大島70

しばらく進むと、砂漠が見えてきました。

あたり一面に広がっている砂漠ではなく、
散策路とその横の斜面に砂が降り積もった感じです。

伊豆大島71

砂漠を抜けると、木が生い茂る森の中へ。

伊豆大島72

森を抜けると、再び砂漠が現われました。

伊豆大島73

池もありました。そして、内輪山を見えます。

しかし、ここで道らしき目印がなくなってしまったのです。
登るべき山頂は目の前に見えるのに、登る道はどこにあるのか、
さっぱり分かりません。

伊豆大島75

内輪山とは反対側に小高い丘があり、
鳥居が見えたので近づいてみました。

鳥居の下にはコンクリートの土台もあったので、
以前は何かしら建物があったのかもしれません。

伊豆大島74

三原山とは反対方向を眺めたら海が見えました。

伊豆大島76

道らしきものを見つけたので進んでみましたが、
一向に三原山への登山道は現われません。

えー、ここから約1時間さまよいました。
三原山を横目で見て、ひらすら外周を歩くことになったのです。

帰宅後に調べて分かったのですが、
表砂漠ルートはどうやら乗馬コースのもので、
現在は登山者を想定していない様子とのこと。
なので、三原山の内輪山には登らずに眺めるだけで、
乗馬では砂漠の中を進み、Uターンして戻るみたいです。
表砂漠の途中から山に登る道もあるようですが(地図には掲載あり)
その看板が取り外されてしまったため見つけられず、
さまよう羽目になってしまいました。

伊豆大島77

ようやく見つけました。ロープが張られた登山道を。

なんと、裏砂漠ルートに合流してしまいました。
裏砂漠ルートは大島温泉ホテルからの伸びているルート。
地図で確認したら、三原山の内輪山の外周を
4分の3も歩いてしまいました。

疲れよりも、ほっとした気持ちの方が大きかったです。
携帯の電波は入らないし、誰にも会わないしで、
暗くなってしまったらどうしようと、本当に不安でした。

伊豆大島78

登山道の途中から裏砂漠を眺めて。

伊豆大島79

山頂近くなったら、溶岩がたくさん。

足元はゴツゴツした溶岩で、登山道も急でしたが、
登り始めたら、意外と早く到着しました。

伊豆大島81

火口展望台へ行く途中にあった大きな岩。

伊豆大島80

説明によれば、溶岩のしぶきが積もって、
固まったものだそうです。

伊豆大島82

撮影ポイント。あの岩は何の形でしょう?

伊豆大島83

火口見学道は綺麗に舗装されていました。
が、肝心の火口はなかなか見えません。

伊豆大島85

急な坂道を登って火口展望場へ。

伊豆大島84

うーん。。。

お鉢巡りを一周すれば、
火口がよく見えるポイントがあるのかもしれませんが、
遠回りしすぎて疲れたので、三原山登山はこれで終了しました。

伊豆大島86

お鉢巡りの途中に建つ鳥居。

伊豆大島87

鳥居をくぐって。

奥に見えているのが、舗装された道の登山道です。
帰りはもちろん、こちらの道を下りました。

伊豆大島88

鳥居の奥には三原神社の社。


伊豆大島89

駐車場まで戻ってきました。
写真は駐車場近くの食堂からの景色。
明日葉の天婦羅が美味しかったです。(→ blog

伊豆大島90

立派な建物の伊豆大島火山博物館。

月曜日の昼間は観光客ゼロでしたが、
館内は広くて、見どころは多かったです。

登山で時間を予想以上に費やしてしまったため、
観光は以上で終わり。
レンタカーを返却して、港まで送ってもらいました。

伊豆大島91

帰りは元町港から。

伊豆大島92

岡田港に比べると、綺麗で広かったです。

伊豆大島93

建物の壁にはこんなアートも。

伊豆大島94

帰りは東京の竹芝埠頭まで。
こちらのジェット船でした。
セブンアイランド「夢」ですね。

伊豆大島95

途中、セブンアイランド「愛」と
通り過ぎました。

伊豆大島97

船内の様子。行きと変わらないです。

さて、行きの熱海→大島は短時間でしたし、
見るべきものはあまりなかったですが、
東京までの航路は見どころ満載で面白かったです。

伊豆大島96

千葉の房総半島ですが、山の上の白い物が見えますかね?
大きな東京湾観音が海から見えました。

伊豆大島98

キリンのような形の貨物クレーンが並ぶ埠頭。

写真は撮れなかったのですが、
羽田空港に発着する飛行機も間近に見えて
面白かったです。

伊豆大島99

いよいよお台場。

伊豆大島100

レインボーブリッジの下を通れば、もうすぐです。

伊豆大島101

竹芝埠頭に到着。夕方なので閑散としてました。

大島からは途中、久里浜を経由しても、
2時間で東京に到着しました。
意外と簡単に行けるのに、行く人は少ない伊豆大島、
また次に行くことはあるのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

【2013/06/17 23:43】 | 沼津・伊豆大島_2013.06
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。