世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は桜が早く散りすぎてしまいまして、
4月中旬ではもうどこも桜は終わっている状態。

せっかくの良い天気なので、どこかお花が見られないか、
と探して見つけ出したのがこちらでした。

あけぼの山農業公園(→ HP)です。
場所は柏や我孫子の北部。
茨城県との県境である利根川にも近く、
都内からすると、かなりの郊外です。

駅からは遠くて、車でしか行けない立地ですが、
イベント期間中は柏駅から臨時のシャトルバスが
出ているということで行ってきました。

あけぼの山農業公園2

公園の入口。

あけぼの山農業公園1

入口の横に広がる花壇。

あけぼの山農業公園5

花びらが開ききっている、
ちょっと変わったチューリップでした。

あけぼの山農業公園3

入口の門をくぐると、雑木林でした。
この林の中は無料で遊べるアスレチックで、
丸太で作られた遊具がたくさんあったのですが、
残念ながら半数ほどは壊れてました。
地震の影響が残っているのでしょうか?

あけぼの山農業公園4

林の中には滝と東屋も。

あけぼの山農業公園6

林を抜けたら、広場にたくさんのお店が並んでました。
チューリップフェスティバル開催中ではありますが、
こんなにたくさんお店があるとは思っていませんでした。
地元のレストランがたくさん出店しているようで、
どれもリーズナブルでよかったです。

写真は撮りそびれましたが、園内にはレストランもあって、
手ぶらで訪れてもバーベキューが楽しめるようでした。

あけぼの山農業公園7

広場を抜けて現われたのがこの光景。
パンフレットで見た写真どおりで感動です。

あけぼの山農業公園10

カラフルなチューリップがたくさん。

あけぼの山農業公園9

観光客も大勢訪れていました。

あけぼの山農業公園8

近づいて見ると分かるのですが、
チューリップの根本部分には
同系色の小さな花も植えられていました。

こうすることによって、チューリップの葉の緑や、
土の茶色を目立たせなくする効果があるのかも。
遠くから見て綺麗に見えるよう工夫されていました。

あけぼの山農業公園11

チューリップ広場の隣には畑。
この奥には市民農園が広がっていて、
野菜の直売所もありました。

あけぼの山農業公園12

芝生広場と、八重桜の通り。
通りにも屋台がたくさん並んでいて、
美味しくビールが飲めました。

あけぼの山農業公園13

公園に隣接する、布施弁天東海寺。
丘を登った場所にありました。

あけぼの山農業公園15

立派な本堂。

あけぼの山農業公園14

三重塔も。

事前情報なしで訪れたので、
お寺の立派さに驚きました。
1200年の歴史があるそうです。

あけぼの山農業公園17

お寺の正門である楼門。
竜宮城のような形をしてますが、
細かい木の彫刻もあるみたいです。

(階段の途中に門があって、混雑していたので、
 近くでじっくり門を見られなかったことを後悔。

あけぼの山農業公園16

お寺の鳥居は駐車場のある丘の下に。
鳥居の近くには入場無料の日本庭園もありました。

そして、公園の名前にもなっているあけぼの山へ。
山の頂上部分はソメイヨシノばかりで、
既に花は散っていて人気もまばらでした。

あけぼの山農業公園18

あけぼの山から芝生広場を。

あけぼの山農業公園19

そして、遠くにチューリップ広場。

全く期待せずに訪れた場所だったので、
チューリップ広場の美しさ、
お寺の立派さ、お店の多さ、等々
いろんな点に驚いて楽しめました。
関連記事
スポンサーサイト

【2013/04/14 22:40】 | 関東近郊
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。