世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前の記事の続きです。
ようやく奥千本を抜けて、上千本へ。

奈良・吉野の散策35

高城山から歩いて15分ほど、
水分神社が見えてきました。
こちらも世界遺産の登録資産です。

奈良・吉野の散策35

楼門をくぐると、真ん中に中庭があり、
それを囲むように建物がありました。

奈良・吉野の散策36

こちらが本殿。
屋根の破風が3つある変わった形です。

奈良・吉野の散策34

本殿の正面にある拝殿。
茅葺の屋根が素敵でした。

奈良・吉野の散策40

拝殿の片隅に置かれていた西行法師像。

奈良・吉野の散策41

水分神社の楼門を下るとすぐに、
花矢倉展望台の看板が見えてきました。

奈良・吉野の散策43

ぜんそく地蔵?はて?

奈良・吉野の散策44

丘を登ると鐘もありました。

ここは世尊寺跡で、残されたこちらの鐘は、
吉野三郎と呼ばれているそうです。
鐘に人の名前を付けるなんて変わってますね。

奈良・吉野の散策42

こちらが展望台からの眺め。
桜が咲いていれば。。

ところで、花矢倉展望台と名前が付いてますが、
建物は何もなく、ただ見晴らしの良い場所というだけ。
お茶屋さんがしきりに客引きをしていたので、
もしかしたらお店の敷地内なのかもしれません。

花矢倉からは一気に下り坂です。
日光のいろは坂みたいなクネクネの道で、
地面はコンクリートなので、結構足に来ました。
途中、登ってくる人と数人すれ違いましたが、
この坂を登るのはかなり大変かと。
吉野は上から下って見ていくのが良いと思います。

奈良・吉野の散策45

こちらはクネクネ道の途中で見つけた、
さくら咲競プロジェクト。
企業が桜の植樹をしているみたいです。

奈良・吉野の散策46

15分ほど坂を下ったら、こんな建物を発見。
一日文学散策館と表札が出てますが、
閉まっている気配。残念。

奈良・吉野の散策47

一日文学散策館のすぐ近くには、
龍王神社(御幸の芝明神)。

奈良・吉野の散策48

ここは眺めの良い場所なので、
お茶屋さんがありました。

奈良・吉野の散策49

見晴らしの良い丘の上から。
ここまで山を下ってくると、
すっかり緑になってます。

奈良・吉野の散策50

こちらは吉水院宗信法印の墓の入口?

奈良・吉野の散策51

「忠誠義烈」の大きな碑。
おそらくお墓はもっと奥かと。。

奈良・吉野の散策52

このあたりもクネクネ道の下り坂でしたが、
吉野葛のお店やお茶屋さんが数軒並んでました。
お店が見え始めると、ゴールが近づいてきたような気がしました。

奈良・吉野の散策53

吉野山桜展示園。
桜の木が数種類植えられているようで、
なんとか咲いている木もありました。

奈良・吉野の散策54

さらに10分ほど歩き、竹林院群芳園へ到着。
ようやく、来る時に乗った奥千本行きのバスの
乗車場所まで戻ってきました。

まさか2時間以上もかかるとは。。
山を下っただけですが、結構大変でした。

奈良・吉野の散策55

竹林院群芳園の中には入らず、
すぐ近くにあった桜本坊へ。

奈良・吉野の散策56

真っ赤な仁王像の建つ門。

奈良・吉野の散策57

境内へ。

やはり桜が咲いていると華やかで良いですね。
すぐに散ってしまうソメイヨシノよりも、
長持ちして、華やかな雰囲気の八重桜の方が
私は好きです。

奈良・吉野の散策60

境内は散策自由でした。
地図がなかったので建物の名前は不明ですが、
いくつも建物が並んでました。

奈良・吉野の散策59

聖天堂?

奈良・吉野の散策58

こちらは?

奈良・吉野の散策64

桜本坊のすぐ近くで見つけたお寺。
赤い傘が気になったのでいってみました。

奈良・吉野の散策65

善福寺の入口。
こじんまりしたお寺です。

奈良・吉野の散策61

植木鉢がたくさん。
園芸好きなお宅にお邪魔したような、
そんなお寺でした。

奈良・吉野の散策62

次は喜蔵院。

奈良・吉野の散策63

観光マップにも載っていたお寺なので
行ってみましたが、あれっ?
人気が全くなかったです。

奈良・吉野の散策67

勝手神社。
工事中で閉鎖されていました。

奈良・吉野の散策66

勝手神社前の通り。

今までお寺や神社がずっと続いてましたが、
ここからはお土産屋さんが並ぶ通りになります。

つづきは次の記事へ。
関連記事
スポンサーサイト

【2013/04/20 22:11】 | 奈良・吉野_2013.04
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。