世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良を訪れたのは4月中旬。
標高の高い吉野はちょうど桜シーズン。
ということで、足を伸ばしてみました。

吉野へは近鉄電車です。
近鉄奈良線で大和西大寺駅まで、そして、
近鉄橿原線で終点の橿原神宮前駅へ。

奈良・吉野の散策1

橿原神宮前駅からは近鉄吉野線に乗り換えですが、
乗り換えホームにはこんな電車が泊まっていました。

奈良・吉野の散策2

吉野だけでなく、近鉄沿線の観光地が
いろいろと紹介されていました。

(なお、近鉄吉野線はこの電車ではなかったです)

奈良・吉野の散策3

吉野駅に到着です。

たいして時間は変わらないので、
特急料金不要の急行電車を使いましたが、
ここまでに1時間50分ほど掛かりました。
吉野は意外と遠かったです。

奈良・吉野の散策4

駅前にはずらっとお土産屋さんが並んでました。

さて、ここからはバスに乗車です。
上の写真の奥に見えるバスに乗ります。
桜のシーズンは交通規制が行われていて、
臨時運行のシャトルバスがあるのです。

奈良・吉野の散策5

吉野駅前から乗車したバスは、
中千本公園が終点です。

奥千本まで行きたい場合は乗り継ぎなのですが、
次のバス停はこの斜面の急な階段を登った崖の上、
竹林院の前です。いきなり階段登りとは。

奈良・吉野の散策6

奥千本行きのシャトルバスはとても小さく、
補助席を使って、キツキツの状態でした。
この小さなバスで山道を登って行きます。

奈良・吉野の散策7

到着したのは奥千本の入口、
金峯神社の前です。

写真では分かりづらいですが、
鳥居の先はかなり急な坂道です。
同じバスに乗っていた高齢者の方で、
この坂道を見た瞬間、無理!と言って、
すぐに、帰りのバスに乗ろうとしている
人もいたほどです。

でも、奥千本の過酷さはこんなものではありませんでした。

奈良・吉野の散策8

坂道をえっちら登ると、
金峯神社が見えてきました。

ちなみに、世界遺産の紀伊山地の霊場と参詣道は、
吉野山全体としてだけでなく、こちらの金峯神社
世界遺産の登録資産に含まれています。

紀伊山地と聞くと、和歌山方面だけと思っていたのですが、
吉野(奈良)・高野(和歌山)・熊野(三重)の3つのエリアが
登録対象のようです。

奈良・吉野の散策9

金峯神社の本殿。
小さくて、シンプルな造りでした。

さて、ここから桜の名所に向かいます。
簡単に桜が見れると思ったら大間違いでした。

奈良・吉野の散策10

金峯神社の右手にある散策路を登っていきます。

奈良・吉野の散策11

あまりに急で、階段まで造られていました。

後から分かったのですが、この階段を登り終えた後、
右手に曲がる道があったのですが、見過ごしてまっすぐに。
そんなわけでちょっと大回りのルートになってしまいましたが、
おかげで、行きと帰りで違うルートを歩けました。

奈良・吉野の散策12

奥千本の一番奥、西行庵を目指します。

奈良・吉野の散策13

もうすっかり普通の山登り。
私はスニーカーを履いてきたので良かったですが、
パンプス姿の女性などはとっても苦労してました。
奈良吉野の桜は有名で、一大観光地なので、
まさかこんな山道を歩くなんて想像していなかったのでしょう。

奈良・吉野の散策19

しばらく歩き、雑木林を抜けたら、
正面にこんな道を発見しました。
どうやら、この細い道が近道だったようです。

写真では分かりづらいですが、かなりの急斜面で、
道も細く、ロープ等の柵もありません。
これを下るのは結構怖いかも、と思いました。

奈良・吉野の散策14

ようやく桜が見えてきました。
山道を歩いた甲斐がありました。

4月の中旬は、平年ならば満開の頃ですが、
今年は全国的に桜シーズンが前倒しだったため、
標高の高い奥千本でもギリギリでした。

奈良・吉野の散策15

「奥の千本」の看板。

途中、あまりに山道だったので大丈夫か?
と不安になりましたが、間違っていなかったようです。

奈良・吉野の散策16

こちらが西行庵。
えっ、これだけ?って感じです。

西行庵が名所なのではなく、
崖の桜を眺めるための場所、
という感じのようです。

奈良・吉野の散策18

ちなみに、西行庵への道は、
こんな様子でした。
二人が並んで歩くのも大変そうな、
細い道でした。

奈良・吉野の散策17

近くにあった奥千本苔清水。
冷たい清水が岩間からチョロチョロと。

奈良・吉野の散策20

帰りは行きとは違う道。
先ほど見た、近道だと思われる急な坂道を登ります。

すれ違うのも大変な細い道で、下は急斜面。
足を滑らすと、崖の下に落ちそうで怖かったです。

奈良・吉野の散策21

しかし、西行庵前の桜はよく見えました。

奈良・吉野の散策22

ただ、反対側を見ると、この状態。
切り株が目立ちます。
これは桜だったのでしょうか?

奈良・吉野の散策23

帰り道もこんな林の中。

金峯神社から西行庵へ行くには、
結局どちらのルートを通るにしても、
山登りには変わりなかったようです。

奈良・吉野の散策24

金峯神社に戻ってきました。
結局40~50分くらい掛かったかしら。
何とか桜が見られて良かったです。

奈良・吉野の散策25

金峯神社の左側にある坂道を下っていくと、
義経の隠れ塔がありました。

奈良・吉野の散策26

こちらが正面ですかね。


奈良・吉野の散策28

これで、奥千本の最も奥にあるエリアは終わりです。
ここから再びシャトルバスに乗って中千本まで下るのが
効率の良い観光ルートだと思いますが、
所詮山を下るだけだし、と思い、歩いてしまいました。
この選択が果たして良かったのか。。
予想以上に時間がかかりました。

奈良・吉野の散策27

金峯神社から15分ほど歩いたら、
次の観光名所らしき看板を見つけました。

奈良・吉野の散策29

せっかく山を下っていたのに、再び登ります。

奈良・吉野の散策30

到着したのは高城山休憩所。
展望台のようです。

奈良・吉野の散策31

見えた景色は、うーん。。。
葉っぱばかりが目に入ります。

奈良・吉野の散策32

ピンク色の花を付けた木も多かったですが、
桜ではないようです。

奈良・吉野の散策33

周辺の景色。
ここは桜の名所ではなく、
山々を眺める場所なんですかね。
桜ではない可愛い花が綺麗でした。

奈良・吉野の散策34

高城山についての看板発見。
つつじが城とも呼ばれていたそうです。


ここまでが吉野の奥千本。
さらに下って、上千本を目指します。
関連記事
スポンサーサイト

【2013/04/19 23:42】 | 奈良・吉野_2013.04
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。