世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この日も夜は夜市へ行きました。

高雄市街の観光5

高雄の中心、美麗島駅から歩いてすぐの
六合国際観光夜市です。

高雄市街の観光2

大通りを通行止めにして、夜市が開催されます。

通りにもとからあるお店が通りに張り出して来ているのもあれば、
夜市のみの営業の小さな屋台のお店もありました。

高雄市街の観光1

小雨模様の平日にも関わらず結構混雑してました。

高雄市街の観光3

この夜市は海鮮が有名みたいです。
このように魚屋さんのようなお店も多かったです。

高雄市街の観光4

こちらも魚がずらり。

お店の調理台の前にカウンター席があったり、
奥にテーブル席があるお店がほとんどで、
その場で食べていく屋台形式のお店が多かったです。
テイクアウトして食べ歩くものが多い他の夜市とは
ちょっと違ってました。

高雄市街の観光6

こちらは六合国際観光夜市の近くにあった、
南華観光購物街。

夜市と書かれてあったので行ってみたのですが、
なんだかごく普通のアーケードの商店街のような。。
洋服を売るお店がほとんどで期待ハズレでした。

高雄市街の観光7

翌朝です。この日も残念ながら曇り。
空が霞んでしまってます。

この日の最初の目的地は上の写真で
右に見えている高いビルです。
三多商圏駅から歩いて行けます。

高雄市街の観光8

ビルの真下まで来ました。
高雄85大樓です。

台北101が出来るまでは、
台湾で一番高いビルでした。
名前の通り、85階建てです。

高雄市街の観光9

ビルの中にはホテルやオフィスが入っているので、
展望台の入口がどこにあるのか迷ってしまいました。

人通りの少ない裏手、従業員用の通用口にも近い場所に
ひっそりと入口がありました。
この分かりにくさ、とても観光地とは思えません。

高雄市街の観光10

入場券を購入。エレベーターに乗り込みます。

高雄市街の観光11

エレベーターガールはいないようで、自動運転です。
プラネタリウムのように明かりが消え、星が輝き、
分速600メートルの早さで上って行きました。

高雄市街の観光18

75階に到着です。展望台は74階なので、
階段でワンフロア下がりました。

せっかくの85階建てなのに、
展望台が74階というのがなんとも。。

ちなみに、展望台より上のフロアは、
VIPな方達専用のクラブルームのようでした。

高雄市街の観光12

展望台のフロアですが、閑散としています。
お客さんはゼロ。後から欧米人家族が数人来たのみでした。

高雄市街の観光13

高雄の伝統工芸品が展示されたスペース。

高雄市街の観光17

さらに、喫茶スペースもありました。

こちらの展望台、360度ぐるりと見渡せるのかな、
と思ってましたが、270度ぐらいしか見られませんでした。
しかも、一周回って出口ではなく、入口と出口が同じため、
帰りはUターンして戻る羽目に。うーん。。

気を取り戻して、外の景色を。

高雄市街の観光14

海側は埋立地でしょうか。
まだ空き地が多くて、開発途上な感じです。

高雄市街の観光15

こちらは前日自転車で走った愛河方面でしょうか。

高雄に着いて一番最初にこのビルに来るのではなく、
前日にふらりと観光しておいて良かったです。
いくら景色が良くても、何も知らない町を上から見ても、
楽しくないですから。

高雄市街の観光16

北側は隙間なく建物が埋まってました。
高層ビルやマンションばかり。

そんななか、やたらと広い小学校も目立ちました。
台中でバスからの車窓でも目に付きましたが、
台湾では小学校がどこも広くて立派な建物。
バス停の名前になっていることも多くて驚きました。

高雄市街の観光19

帰りにもう一度ビルを下から見上げて。
ビルっぽくない形の建物ですね。

高雄市街の観光20

高雄85大樓の近くの大通りにバス停があったので、
バスに乗ってみました。
この路線は小さなシャトルバスでした。

高雄市街の観光21

到着したのは夢時代(ドリームモール)。
大型ショッピングモールです。

高雄市街の観光22

ショッピングモールのキャラクターなのかしら?
中央にあった屋外広場です。

高雄市街の観光23

ドリームモールの中には統一阪急百貨店が入っているのですが、
その中でヴィレッジヴァンガードを見つけました。
漢字では「比利治玩家」です。

ダイソーはアジアへ行けばどの国でも見かけますが、
ヴィレッジヴァンガードも海外進出を始めたのでしょうか。

高雄市街の観光24

店内の様子は日本と全く変わりません。
POPは中国語ですが、置いてある本は日本語と中国語の両方。
ごちゃごちゃに混ざっておいてあるので、
本を開けないとどちらか分からなかったりしました。

高雄市街の観光25

日本美食街というレストラン街もありました。

高雄市街の観光26

屋上には観覧車。

高雄市街の観光27

平日の午前なので誰も乗っていませんが、
観覧車はサンリオのキャラクターで可愛かったです。

ドリームモールは郊外型の大型ショッピングモールで、
日本の地方都市やフィリピンのマニラやセブで
よく見かけたものとそっくりでした。

さて、再びバスで移動。
高雄は地下鉄があるというのに、
何故かバスをよく利用しました。

高雄市街の観光30

到着したのはこちら。
再開発された地域なのでしょうか。
通りに街路樹が植えられ、綺麗に整備されていました。

高雄市街の観光29

緑豊かな公園の奥には高層マンション。

高雄市街の観光28

ランチは近くで見つけたこちらのお店で頂きました。
ビュッフェに見えますが、自助餐のお店です。
おかずの種類が多くて選ぶのに困りました。
(詳しくはこちら(→ blog)

高雄市街の観光31

次の目的は高雄市立美術館。
広い公園の中にあるので、
入口もこんなに広く、建物が見えません。

高雄市街の観光33

こちらが美術館の建物。

高雄市街の観光34

訪れた時は特別展がダリだったからでしょうか。
美術館の前にはダリの時計のオブジェがありました。

高雄市立美術館は有料の特別展と、
無料の展示スペースがあったのですが、
無料エリアでもかなり広くて見ごたえがありました。

高雄市街の観光32

さて、美術館があるのは内惟土卑文化園区と呼ばれる公園。
もともとの自然環境をそのまま残した公園なのか、
とっても広い池があり、池には小島も浮かんでました。

高雄市街の観光35

ヤシの木が並ぶ散策路。

高雄市街の観光36

ジャングルのような小島も浮かんでます。

公園らしい芝生広場や舗装された遊歩道もありましたが、
上の写真のような自然そのままの風景の場所も多く、
公園には鳥達もたくさん来ていて良い場所でした。
この近くは住環境が良さそうですね。


さて、高雄市立美術館の近くには地下鉄の駅がなかったので、
大通りまで再びバスで。

高雄市街の観光37

バスの車窓から発見したオシャレなビル。
大立百貨店。

この近く、地下鉄の中央公園駅でバスを降りました。

高雄市街の観光38

新堀江商圏。

高雄市街の観光40

新堀江商圏の南側は原宿玉竹商圏。

この2つの商圏は原宿みたいな場所でした。
通りから曲がった細い路地にも小さなお店が密集していて、
スイーツ屋さんも多かったです。

高雄市街の観光39

こちらは飲食店が入っている原宿R9広場。
台湾は原宿という名前が好きですね。

高雄市街の観光41

この近くのお店で見かけた可愛い炊飯器。
カラフルでおもちゃみたいです。
台湾の炊飯器は日本のものと機能的にちょっと違って、
お米を炊く以外に煮物なども調理するそうです。

そんなわけで、高雄最終日は計画を立てず、
乗ったバスの行き先で次の目的地を決めた町散策も
これにて終了。

こちらの高雄の原宿みたいな場所からホテルまでは
地下鉄で1駅だったので、のんびり歩いて帰りました。
でも、東京の地下鉄よりも駅間の距離があって、
少し疲れましたが。
関連記事
スポンサーサイト

【2013/01/04 22:13】 | 台湾_2012.12
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。