世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安平観光のつづきです。

安平の観光52

こちらは安平古堡。安平観光の中心地みたいです。

オランダ統治時代に建てられた台湾でもっとも古いお城で、
ゼーランディア城とも呼ばれています。
建物部分は残っていないので、正直あまり見るべきところはないのですが。

安平の観光53

残っているレンガ造りの土台部分と、奥は展望台。

安平の観光54

展望台からの眺め。
目の前にある開台天后宮の屋根が見えます。

安平の観光51

敷地内にある安平古堡古蹟記念館。
こちらは日本時代の建物。

安平の観光55

残されていた城壁。樹屋と同様、木が侵食してます。

安平の観光56

城壁の反対側。すっかり、レンガと木の根が一体になってました。

安平の観光61

安平古堡の前にある開台天后宮。
屋根のゴテゴテした装飾が面白いです。
建物の前には巨大な山門もありました。

安平の観光63

開台天后宮の中へ。さすがの派手さです。

安平の観光62

天井の装飾もゴテゴテ。

安平の観光64

こちらは安平観音亭。派手さは負けていません。
正面の柱は細かい石の彫刻で、異彩を放ってました。

安平の観光65

公園のような場所に辿り着きました。
入口で構えているのは剣をくわえた獅子。
沖縄のシーサーのように、安平の守り神のようです。

安平の観光66

公園だと思っていたら、中には屋台の食べ物屋さんが
たくさんありました。

安平の観光67

お店の壁には可愛い剣獅が楽器を弾いている絵。

安平の観光68

反対側の門。こちらの獅子は怖そうでした。

安平の観光69

1本裏の路地に入ると、安平老街。
狭い通りに屋台が並んでいて、大混雑。

安平の観光71

今にも壊れそうな古い建物ですが、お客さんはいっぱい。
有名なドライフルーツのお店のようでした。

安平の観光70

ちょっと気になったものを買い食い。
猪の血と書かれてますが、豚の血ですかね。
タレをかけて、香草をまぶしたら、そちらの味の方が強く、
血の味は全くしなかったです。

安平の観光72

住宅街の中にあった海山館という建物へ。

安平の観光73

中に入ったら、変なキャラクターがそこかしこに。

安平の観光74 安平の観光75

壁にはこんな絵も。

以前は大陸から来た人向けの廟?会館?だったとのこと。。
ベトナムのホイアンにある福建会館とか潮州会館のようなものですかね。

ところが、今はまるでキャラクターグッズのお店のようです。
古い建物を残すのは良いことだとは思いますが、
ここまで別物にしなくても。。

安平の観光78

こちらは、安平海頭社魏宅 。
あまりに小さくて何度も通り過ぎてしまいました。
古いお屋敷で、当時の建築様式が分かるとのこと。
確かに家の中はちょっと変わった造りでした。
(ガイドブックにも掲載されておらず、パンフレットもないので、
 詳細は不明ですが)

安平の観光77

その近くにあった海頭社文龍殿の駐車場に面した壁。

安平の観光76

周辺の住宅街。
観光マップには安平海頭社魏宅が掲載されていましたが、
こちらの住宅もなかなか味があります。
いつ建築されたものなのでしょうか?

ところで、この住宅の門に貼られた表札にも、
剣獅のマークが入っています。
住宅街を歩いていたら、いたるところで、
剣獅を見つけたので写真を撮ってきました。

安平の観光57

まずはインパクト大のこちらの住宅。
新しそうな大きな家ですが、屋根の下には。。

安平の観光58

屋根下の壁をアップで。
剣を2本歯にくわえて恐ろしいです。
まさしく魔よけ。

安平の観光59

こちらは住所表示。
人間の顔みたいですが、剣をくわえてますね。

安平の観光60

郵便ポストも。剣獅の絵が大きすぎて、
一見ではポストと分からないような。。

そんなわけで、安平観光は終了です。

安平の観光79

安平から乗った路線バス。
普通のバスだと思ったら、妙に豪華でした。
台中と同様、台南でも長距離を走る路線バスは、
ちょっと豪華なんですかね。
運賃は他と同じく18元でしたが。

安平の観光80

台南駅です。ちょっとレトロな建物がライトアップ。
こちらも日本統治時代のものですかね。

安平の観光81

台南からは自強号に乗って高雄まで。
案内板を見ると「晩20分」、20分遅れのようです。
台湾の北部から縦断してくれる特急列車とはいえ、
事故も災害もないのにこんなに遅れるなんて。。
夕方の電車は遅れるのが普通みたいです。

安平の観光82

ホームです。

ちなみに自強号は当日でもチケットは買えましたが、
指定席は売り切れとのことで、座席なしの立ち席でした。
台南~高雄は乗客が多く、乗車時間も短いので、
立ち席が販売されているようです。

安平の観光83

ホームから駅裏方面を。
シャングリラホテルが入っているビルが見えました。

安平の観光84

反対側のホームに到着した列車。
車体にカラフルな花の写真が貼ってありました。
Festivalの文字があるから、広告なんですかね。

安平の観光85

こちらが自強号。
いたって普通の列車です。
車内もごく普通の2-2シートで、
通路に大勢の人が立っていて満員でした。

安平の観光86

高雄駅に到着。

安平の観光87

高雄駅の駅舎を出ると、目の前にメトロの入口。

メトロに乗り換えてホテルに移動しました。

安平で観光をめいっぱい楽しんで、
思っていたよりも遅い時間に高雄に到着。
元旦とは思えない1日でした。
関連記事
スポンサーサイト

【2013/01/02 23:50】 | 台湾_2012.12
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。