世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡の観光を終えて、祇園駅から地下鉄に乗って、
次の町へ向かいました。

唐津市街の散策1

鉄道は海沿いを走ります。

福岡の市営地下鉄空港線はJR筑肥線と直通運転をしているため、
地下区間を抜けると窓から海が見えました。

唐津市街の散策2

目的地に到着したら、反対側のホームには
伊万里行きの電車が停まってました。

一両しかない電車で、バスのようなワンマン車両。
利用客は少なそうです。

唐津市街の散策3

到着したのは佐賀県の唐津駅です。

福岡から唐津は意外と近かったです。
今回は地下鉄とJRの直通電車を使いましたが、
ほぼ同じルートで走ってるバスもあり、
福岡空港・博多・天神から唐津へは、
直通ルートが多くて早く安く行けるようです。

唐津市街の散策5

唐津駅から東へ徒歩数分の場所にある物産館です。

唐津市街の散策6

1階入口に置いてある自転車は無料で貸してくれます。

JR唐津駅の改札前にある観光案内所でもレンタサイクルはありますが、
そちらは新しい電動自転車のため有料です。
今回は格安旅行のため、こちらの無料自転車を借りました。

唐津市街の散策7

借りた自転車。

いくら無料だからって、ボロすぎやしませんか?
カゴは錆びてて曲がってますし、走るとキーキー言ってました。

唐津市街の散策4

唐津駅前のロータリーにあった銅像。
可愛い曳山の形。

唐津市街の散策8

駅の近くのレトロなアーケード商店街。
土曜日昼間でも閑散としてました。

唐津市街の散策9

旧唐津銀行の本店。

東京駅などの設計で有名な唐津出身の辰野金吾の
愛弟子が設計した明治時代の建築物で、
平成9年まで銀行として利用されていたそうです。

地下はレストランになっていて、
ちょうどランチタイムだったので、
頂いてきました。(詳細はこちら

唐津市街の散策10

1階と2階は入場無料で見学できました。
手前は銀行の窓口です。

海外で歴史ある建築物の郵便局や鉄道の駅などを
見たことがありますが、それと似た感じです。
レトロな木製の柵が素敵でした。

唐津市街の散策11

旧唐津銀行から東へ、川沿いに建っていた、
三の丸辰巳櫓。

唐津城の三の丸にあった櫓を新築復元したもの。
なので、まだ新しい様子でした。
唐津の町は観光に力を入れているようで、
こういった建築物がいくつもありました。

唐津市街の散策12

旧唐津銀行の近くには唐津城のお堀が。

肥後堀という名前だそうですが、
その奥にある唐津市役所の敷地には櫓もあって、
市役所とお堀が一体となってました。

唐津市街の散策13

唐津市役所から奥の道を進むと唐津神社。

唐津市街の散策14

本殿。

唐津くんちで有名なはずですが、
広くもなく、派手でもなく普通の神社でした。

唐津市街の散策15

神社の境内の片隅にあった小さな神社。

唐津市街の散策16

唐津神社のすぐ隣は曳山展示場。
曳山を保管している倉庫です。

唐津市街の散策17

14台の曳山がずらりと展示されていて、
間近で見ると大きさに圧倒されました。

唐津市街の散策18

曳山展示場の近くで見つけた西ノ門館。
何だろうと思って中に入ってみたら、
閑散としたお土産屋さんでした。
曳山の修理をする場所もありましたが、
訪れたときは修理はされていませんでした。

唐津市街の散策19

こちらも近くで見つけた埋門ノ館。

唐津市街の散策20

門をくぐると、お庭と邸宅。

邸宅の中にも入れましたが、
どんな歴史のある建物なのか、と
係の人に聞いてみたところ、
全く歴史はないそうです。
一応観光施設らしいのですが。。

お土産屋さんでもなく、喫茶店でもなく、
一体何のために建てたのでしょう?

唐津市街の散策21

こちらは二の門堀沿いに面した小さな公園。

唐津市街の散策22

公園内にはからくり時計。
残念ながら時間が合わず見られませんでしたが。。

それにしても、唐津の町はこんな施設をたくさん作って、
観光に力を入れているように見えますが、
かわいそうなほど、人が歩いていませんでした。

唐津市街の散策23

唐津の町は海が近くて、歩いてビーチに行けました。
町のすぐそばにビーチがあるなんて良いですね。

唐津市街の散策24

ビーチから丘の上の唐津城を。
次はあのお城を目指します。

唐津市街の散策25

まっすぐに進んでいったら、砂浜が途切れて松林の中へ。
この辺りはビーチ沿いに松林がずっと続いてました。

唐津市街の散策26

丘に突き当たったらぐるりと回って、
唐津城の天守閣へ通じる階段へ。

写真では分かりづらいですが、結構長い階段でした。
この階段を学生の集団が駆け上がっては降りてを繰り返していて、
一体何だろうと思ったら、すぐ近くの早稲田佐賀中学・高校の部活でした。

唐津城の入口横という良い立地に、広い学校の敷地があって、
テニスコートが何面もあったりして、とっても環境が良さそうでした。

(ちなみに、博多から唐津へのバスはこの近くにも停車するので、
 福岡市内からこの学校へ通っている学生も多いようです)

唐津市街の散策27

階段はまだまだ続きます。

ちなみに、丘の裏手には有料のエレベーターがあるので、
この階段を登らなくても天守閣へは行くことが出来ます。

でも、健康な人ならこれくらいの階段は登れるかと。

唐津市街の散策28

階段を上りきったら、見事な藤棚がありました。
こんなに大きいですが、木の根本は1本です。
天然記念物だそうで、サスガです。

唐津市街の散策29

藤棚を抜けると、いよいよ天守閣。
ですが、補強工事中でした。
中には入れましたが、今回は見送りました。

唐津市街の散策30

登ってきた階段を下りて、奥にまわったら、
門を見つけたので進んでみました。

唐津市街の散策31

唐津城は海に突き出た半島のような場所にありますが、
この半島は舞鶴公園で、先ほどの門は公園への入口だったようです。

半島をぐるりと一周する散策路になってました。

唐津市街の散策32

海沿いの散策路は松で囲まれてました。

唐津市街の散策35

ようやく一周して、海側を振り返ってみたら、
白い建物を見つけました。
これが天守閣前の広場に通じるエレベーターの入口。
先ほどの階段とは離れた場所にあるので見つけづらいかも。

唐津市街の散策33

唐津城の駐車場を越えてみたら、川沿いには屋形船が出てました。

唐津市街の散策34

こちらは城内橋。歩行者用です。
自転車なので渡るのは諦めました。

唐津市街の散策36

舞鶴橋の近くにもクルーズ船が停まってました。
唐津は水上移動するのも楽しそうです。

唐津市街の散策37

舞鶴橋から唐津城の天守閣を。

唐津市街の散策38

橋を渡って、再び海沿いの道を歩こうとしたら、
松林の下には何台もの車が。

この松を抜けるとすぐに海なので、
サーファーの方が停めているようです。
海好きには良い場所なのかもしれません。

唐津市街の散策40

ビーチ沿いに建つホテルを越えると、
周囲を松林に囲まれたエリアに入りました。

虹ノ松原に突入です。
ただ、道路が細くて薄暗く、歩道もないため、
この通りを自転車で走るのは怖かったです。

唐津市街の散策39

自転車を停め、虹ノ松原に入ってみました。
視界には松しか見えません。

日が暮れ始めたので、唐津観光はこれで終わりにしました。

唐津市街の散策41

唐津駅前の物産館アルピノに帰って自転車を返却し、
建物の2階を訪れたら、唐津焼きが展示されていました。
1階のお土産売り場で買い物をしつつ時間調整をして、
一路、福岡空港へ。
空港まで1本で行けるのは便利ですね。

唐津市街の散策42

福岡空港に到着。ターミナルはライトアップされていました。

唐津市街の散策43

ここにも祇園山笠の飾り山。

空港のラウンジに立ち寄ったりしつつ、
帰りもジェットスターに乗って成田空港へ。

唐津市街の散策44

到着したのは狭い国内線ターミナルですが、
国際線ターミナルへも行ってみました。
夜10時を過ぎると、もう出発便もないため、
静まり返っていました。

しかも、ターミナル内はこんなに明るいのに、お店は全て閉店。
コンビニに立ち寄るつもりが、閉まっていてショックでした。

唐津市街の散策45

格安旅行なので帰りもバスにしました。
(スカイライナーの最終便は時間ギリギリです)

こちらのバスは、ビートランセのTHEアクセス成田。
行きの東京シャトルと同じく、LCCとともに登場した格安バスです。
東京駅まで1,000円で帰れました。

そんなわけで急遽思い立って行って来た格安旅行。
たった3日間でしたが、早朝出発で深夜帰りだったため、
多くの場所を見て回れました。

また今度も、ジェットスターかエアアジアを使って
格安旅行をしてみたいです。
関連記事
スポンサーサイト

【2012/11/12 23:58】 | 博多・久留米・唐津_2012.11
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。