世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺町を散策した後、北へ歩いていったところ、
今度は神社がありました。

久留米観光の続き1

櫛原天満宮です。

久留米観光の続き2

神社の入口の鳥居。

久留米観光の続き3

門を抜けると、再び鳥居が。
参道には梅の木が並びます。

久留米観光の続き4

拝殿の前には牛もいます。

久留米観光の続き5

拝殿の裏手にはえべっさんも祀られてました。

公園のように緑豊かな神社で、境内には狛犬が何匹もいたり、
石造の橋もあったりして見所が多かったです。

久留米観光の続き6

櫛原天満宮から歩いて5分ほどで、西鉄櫛原駅に到着。
久留米駅の隣の駅です。一駅だけですが乗ってみました。

久留米観光の続き7

西鉄の電車はちょっと変わった色遣い。
車両は古めで、JR九州みたいな個性はなかったです。
(その分、運賃が安いのかもしれませんが)

久留米観光の続き9

西鉄久留米駅の構内にある観光案内所では、
自転車の貸し出しサービスがありました。
4時間で300円という料金なのでバスよりも安いです。
しかも、さすが久留米。ブリジストン製の新しい自転車。
この自転車に乗って、久留米の町を廻ってみました。

久留米観光の続き8

西鉄久留米駅から北へ行った場所にある五穀神社。

久留米観光の続き10

広い境内を進むと橋がありました。

久留米観光の続き11

池も広いです。

近くにはブリジストン等の久留米の有名企業の
創業者達の像がずらっと並んでました。
久留米の町は地元企業と密接に結びついているようで
驚きました。

久留米観光の続き12

真っ赤な神社らしい建物。

奥の方へ進んでいったら、緑豊かな森が現れ、
森林公園のような風景になりました。

久留米観光の続き13

そして、中国庭園。中国風の橋と東屋です。

実はこちらは久留米中央公園の中。
五穀神社と公園は繋がっていて、いつの間にか公園に入ってました。

久留米観光の続き14

再び五穀神社の入口の方へ戻って、今度は橋を外から。
なかなか絵になる風景です。

久留米観光の続き15

五穀神社から東へ進み、石橋文化センターへ。
こちらはブリジスントンが久留米市に寄贈した文化施設です。
敷地内には、図書館、美術館、文化会館、文化センター等、
公共施設がたくさん集まってました。

久留米観光の続き16

石橋文化センターの入口すぐの場所には美しい花壇。
奥に見えるのが石橋美術館で、その裏側にも庭園は広がってます。
こんなに広くて美しい庭園が入場無料で楽しめるなんて太っ腹です。

久留米観光の続き17

噴水の周りはバラが植えられてます。

久留米観光の続き18

美術館の右手には世界のバラが植えられているエリアがありました。
そして奥にはバラに囲まれた小さな噴水広場。

久留米観光の続き21 久留米観光の続き20

小さな噴水広場の池にはキュートでプリティな置物がたくさん。

久留米観光の続き19

園内の奥へ進むと、梅園、桜並木、藤棚などが続き、
一番奥の美しい洋館まで歩いてきました。
この辺りは紅葉が多く、見ごろを迎えてました。

久留米観光の続き22

洋館の建つ丘を下り、美術館の裏手の池を眺めて。

久留米観光の続き23

池の片隅は日本庭園で、滝もありました。

久留米観光の続き24

こちらは洋風のナチュラルガーデン。

久留米観光の続き25

芝生広場では、菊の展覧会が開催されてました。

久留米観光の続き26

菖蒲の池には鴨も多かったです。

予想していたよりもずっと広くて美しい庭園で驚いた、
石橋文化センターでした。
関連記事
スポンサーサイト

【2012/11/11 21:24】 | 博多・久留米・唐津_2012.11
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。