世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博多駅に到着したので、まずは地下街から。

博多駅~吉野ヶ里へ1

博多駅地下街入口。

博多駅~吉野ヶ里へ2 博多駅~吉野ヶ里へ3

地下に潜って進んでいくと、
すぐに博多1番街へ。

博多駅~吉野ヶ里へ4 博多駅~吉野ヶ里へ5

そして、博多バスターミナルの地下。
博多小径という通りも。

博多駅~吉野ヶ里へ6 博多駅~吉野ヶ里へ7

さらに、マイングというデパ地下的な場所まで。

博多駅の地下街はそれほど広くはないですが、
歩いていくと、すぐに別の地下街に入ってしまって、
ちょっと迷いそうになりました。

博多駅~吉野ヶ里へ17

明太子のお店では、種類豊富に揃っていて、
味見もこのように大盤振る舞い。

明太子屋さんはたくさんあるので、
種類で勝負するしかないんですかね。

博多駅~吉野ヶ里へ8

初日のランチはもつ鍋にしました。
博多駅の上にあるレストラン街で。
一人前からお鍋が食べられるのは良いですね。
(詳細はこちらのブログに)

博多駅~吉野ヶ里へ9

博多駅の屋上広場には子供用の機関車が。

博多駅~吉野ヶ里へ10

日差しが強かったので、広場にはあまり人はおらず、
親子連れはみんな日陰に集まってました。

博多駅~吉野ヶ里へ11

屋上広場の奥へ。

博多駅~吉野ヶ里へ12

この先に列車が見えるスペースが。

博多駅~吉野ヶ里へ18

ただし、ホームの真上に位置しているため、
列車はかなり遠かったです。

博多駅~吉野ヶ里へ14

屋上には神社もありました。

博多駅~吉野ヶ里へ15

参道は閑散。閉まっているお店も多かったです。

博多駅~吉野ヶ里へ13

参道の途中にあったオブジェ。
九州は7県なので、7人の子供です。

博多駅~吉野ヶ里へ16

こちらは鉄道神社。小さかったです。

さて、JRに乗って移動します。
まずは博多駅から鹿児島本線に。

博多駅~吉野ヶ里へ19

こちらが列車。

博多駅~吉野ヶ里へ20

シートが赤と黒のゼブラっぽい柄で、
とってもモダンなデザインでした。

JR九州の列車はオシャレだという噂を聞いてましたが、
本当にオシャレですね。

博多駅~吉野ヶ里へ21

ホームからサッカー場が見えるのは
鳥栖駅です。ここで乗り換えます。

ちなみに、九州新幹線が停車するのは新鳥栖駅で、
この鳥栖駅ではありません。隣の駅です。
今回、新幹線も乗ってみようかなと思いましたが、
普通の快速電車でもそんなに時間が掛からなかったので、
新幹線は乗りませんでした。

博多駅~吉野ヶ里へ22

鳥栖駅からは長崎本線です。

こちらの列車もオシャレです。
こんな座席を列車で見たことありません。

博多駅~吉野ヶ里へ23

座席の背もたれは一枚の板に、
頭と腰とお尻の部分だけに
クッションが付いているのです。

座席がとても薄いので、
広々と感じられました。

博多駅~吉野ヶ里へ24

吉野ヶ里公園駅に到着。
改札を出たら、コスモス畑が見えました。

博多駅~吉野ヶ里へ25

駅には観光案内所が併設されていて、
無料で自転車を貸してくれるサービスもありました。

いつもだったら自転車を借りるところですが、
今回はこの駅に戻ってくる予定がなかったので、
テクテクと歩くことにしました。

博多駅~吉野ヶ里へ26

コスモス畑の中をお散歩。

博多駅~吉野ヶ里へ27

少し歩くと、田園風景になりました。

100mほどの間隔で看板が立っていたので、
迷う心配はありません。

博多駅~吉野ヶ里へ28

途中、高床式住居もありました。

博多駅~吉野ヶ里へ29

吉野ヶ里歴史公園に到着。
駅からは歩いて15分ほどでした。
関連記事
スポンサーサイト

【2012/11/10 23:00】 | 博多・久留米・唐津_2012.11
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。