世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松山城の周辺を観光し、ランチを食べた後、
はて、どこへ行こうかと。。

松山って意外と見どころ少ないかも、と思いつつ。。

せっかく買った1日フリー切符なので、
市内電車に乗ってみました。

松山市街観光69

古町駅です。

市内電車の停留所と、いよてつの駅が隣り合ってました。
写真はいよてつの電車です。

駅員さんのいない無人駅のようで、
近くのコンビニの店員さんがホームにやってきて、
電車から降りたお客さんの切符を確認してました。
駅のお仕事をコンビニに任せるって、面白い発想です。

松山市街観光70

古町駅から歩いて10分ほど。
庚申庵史跡庭園にやってきました。
入場無料の施設です。

松山市街観光71

庚申庵の横には立派な藤棚が。

松山市街観光72

藤の木の根本をアップで。
くねくね具合が面白い。

松山市街観光73

わびさびな庭園。

松山市街観光74

井戸もありました。

松山市街観光75

庚申庵の縁側。
俳人栗田樗堂はここに座って庭を眺めてたそうです。

庚申庵史跡庭園を出た後は、
近くにあったフジグランという
大きなショッピングセンターに立ち寄り、
そして、ホテルに帰り、荷物をピックアップ。

松山市街観光76

いよいよ、坊ちゃん列車へ。

写真の列車は客車が1両ですが、
時間帯によって、2両のときもありました。

松山市街観光77

大街道から乗った坊ちゃん列車。

料金は通常300円ですが、1日フリー切符を見せると、
100円で乗ることが出来てお得です。

松山市街観光78

私が乗った坊ちゃん列車は2両編成で、
車掌さんはどちらの客車にも顔を出し、
車窓から見える町の案内もしてくれました。
遊園地のスタッフさんのようなパフォーマンスで、
観光気分が盛り上がります。

松山市街観光83

そして、到着。道後温泉。

松山市街から路面電車で30分、
という近さが道後温泉の魅力ですね。

路面電車しか走ってないのに、
可愛い駅舎もありました。

松山市街観光84

駅の目の前にはアーケードの商店街。
このアーケードに沿って歩いていくと、
道後温泉本館に到着します。
観光客にわかりやすくていいですね。

松山市街観光79

アーケードの入口隣には、
足湯と時計台があります。

松山市街観光80

時計台は、普段はこの状態ですが、
毎時ちょうど時間になると、
カラクリ時計が動き出します。

松山市街観光81

時計が上に伸びて、2階が現われ、
屋根も持ち上がります。

松山市街観光82

いろんな窓から人形が飛び出し、
くるくる廻ってました。

そんなわけで、最終日は道後温泉に宿泊しました。
つづきは次の記事へ。
関連記事
スポンサーサイト

【2012/05/22 23:20】 | 愛媛(南予・松山・道後)_2012.05
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。