世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2日目は松山市街を散策しました。

松山市街観光1

宿泊したホテル近くの大街道。長いアーケードです。
飲食店が多いためか、夜は賑わってましたが、
朝は静まり返ってました。

松山市街観光2

大街道が終わると、今度は銀天街。
こちらも長く、大街道の続いて南下した後、
直角に曲がって西へ進みます。

松山市街観光5

銀天街が終わると、今度は地下街。
中央の池にはマスコットのカエルがいました。

松山市街観光3

地下街の上は松山市駅。伊予鉄道のメインターミナルです。
JRの松山駅とはかなり離れていて、松山市駅の方が繁華街でした。

松山市街観光6

松山市駅の上はいよてつ高島屋。
最上階には観覧車がありました。

松山市街観光7

駅から南へ歩くと、子規堂です。

正宗寺というお寺の中にあるため、
門の正面にはお寺の建物がどーんと建っていて、
一瞬ほんとうにここで良いのか迷ってしまいました。

松山市街観光8

こちらは正岡子規が17歳まで過ごした邸宅を模して建てられた
木造の建物。中には遺品や写真などが展示されてます。

松山市街観光9

建物の正面には銅像がありました。

松山市街観光10

その横のお墓の入口にも石碑がありました。

松山市街観光11

木造の建物の正面には坊ちゃん列車も展示してありました。

松山市街観光12

車両の中にも入れます。

子規堂を出て、再び、松山市駅の方へ。

松山市街観光13

松山市駅の近くにある、いよてつの本社前にも、
坊ちゃん列車が展示してありました。

松山市街観光4

松山市駅から市内電車に乗ります。
1Dayチケットが400円で売られているので、こちらを購入しました。

ちなみに、市内電車の運賃は150円なので、3回乗れば元が取れます。
また、運賃300円の坊ちゃん列車も、1Dayチケットを持っていれば、
追加料金100円で乗れるのも魅力です。

松山市街観光14

到着したのは大街道。出発したホテルの近くに戻ってきました。

停留所には坊ちゃん列車が停まっていたので撮影を。
しかし、この後、坊ちゃん列車は町中で結構頻繁に見かけて、
あまり珍しさがなくなってしまいました。

松山市街観光15

大街道から北へ伸びるロープウェイ街。
細いクネクネ道のため、車が徐行してくれて、散歩しやすいです。

お土産屋さんや喫茶店などが並んでいる通りですが、
その中で気になったお店はこちら。

松山市街観光16

今治タオルの専門店「伊織」。
ディスプレイに凝っているお店で、つい衝動買いしそうになりました。

松山市街観光17

松山城へのロープウェイ乗り場に到着しました。

松山市街観光19

壁面には大きな坂本竜馬の絵。
そして、顔を当てはめる観光地らしい看板がありました。

松山市街観光18

ロープウェイ乗り場の前に停まっていたのは、マドンナバス。
萬翠荘とロープウェイ乗り場の間を往復する無料バスのようです。
時間が合えば乗ってみたかったです。

松山市街観光20

ロープウェイ乗り場のビルは1階はお土産屋さんとチケット売り場、
2階には四国について紹介するシアタールームなどもあり充実してましたが、
屋上には、何故か大砲がありました。

松山市街観光21

ロープウェイ乗り場には行かず、ちょっと寄り道。
屋上から繋がる遊歩道の先には東雲神社がありました。

松山市街観光22

急な階段を登ります。結構高いです。

松山市街観光23

神社の本殿。

松山市街観光24

本殿の奥を覗いてみました。
中は広そうでしたが、入れませんでした。

松山市街観光25

東雲神社の本殿の前の通りから横へ反れると、
ロープウェイとリフトの下の歩道に出ます。

これらに乗らなくても、お城まで歩いて行けるようでしたが、
せっかくなので、一旦登ったにも関わらず、坂道を下って、
再びロープウェイ乗り場へ。

ちなみに、ロープウェイとリフトのチケットは共通です。
どちらに乗るのか決めずにチケットを購入し、
乗り場で混み具合などを見て決めることが出来ます。

リフトはずっと動いているので、混雑してなければすぐに乗れますが、
ロープウェイは20分置きなので発車時刻にご注意を。

松山市街観光26

そんなわけで乗ったのはリフトです。
ロープウェイはまだ出発していません。

松山市街観光27

リフトはどんどん登って行きます。

松山市街観光28

が、ロープウェイの方が速度は早いので、
あっという間に抜かされてしまいました。

松山市街観光29

リフトからの風景。遠くの山も見えます。

松山市街観光30

前方右手には、松山城の天守閣が見えてきました。

松山市街観光31

ようやく到着。松山城の高い石垣に沿って本丸へ向かいます。
関連記事
スポンサーサイト

【2012/05/22 12:30】 | 愛媛(南予・松山・道後)_2012.05
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。