世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内子の観光が終わって、内子駅より出発。

大洲観光1

駅のホームにはアンパンマン号が。

大洲観光2

乗車したのは再び宇和海号。

1号車に乗ったら、車両の前方部分のみ指定席。
同じ車両内で自由席と指定席が分かれているのを
初めて見ました。ちょっと不思議な光景。
週末の午後の車内は空いてました。

大洲観光3

内子駅から特急で1駅、10分。
到着したのは伊予大洲駅です。
駅の近くは人気のない商店街でした。

大洲観光4

駅から15分ほど歩いて、昿川へ。
川岸から大洲城が見えました。

大洲観光5

橋を渡って、お城の真下へ。
市民会館の隣の広場から。

大洲観光6

天守閣まで登ってきました。

この天守閣はつい数年前に再建されたばかり。
なので、まだ新しいです。

大洲観光7

天守閣の正面。手前が入口。

ちなみに、入場料は「内子・大洲町並散策1日パス」で
割引になりました。後から行く臥龍山荘も同様です。

大洲観光8

お城の丘の上から川を眺めて。
広場ではイベントが開催されていて、
地元アイドルの歌声が聞こえてきました。

大洲観光9

天守閣の中へ。
宮本武蔵の絵が置かれてました。

真新しい室内で、新築のお家にお邪魔したみたいです。

大洲観光10

鎌倉時代に建てられたときの模様を再現した展示物。

大洲観光11

2階への階段は急で、ステップ幅も狭くて、
登るのも降りるのも怖かったです。

天守閣内は土足厳禁で、スリッパ着用だったのですが、
スリッパでこの階段を歩くのは危険な気が。。

大洲城の天守閣は以上で終了。
展示物などが少なく、中も広くないので、見所はほとんどなかったです。
外から眺めるだけで十分だったかも。。

大洲観光12

お城の内堀には菖蒲園があったので、立ち寄ってみました。

大洲観光13

菖蒲園へ降りる階段から天守閣を。

天守閣はつまらなかったですが、内堀公園は良かったです。
池が整備されていて鯉も泳いでましたし、沼には菖蒲やホタルの生育も
されているようで、6月頃に来るのなら良い場所だと思います。

大洲観光14

大洲城から歩いて10分ほど。
観光名所が集積しているエリアへ。
写真は観光案内所がある、まちの駅あさもや。

大洲の町は大洲駅から離れていて、駅から大洲城まで徒歩20分。
駅からこのあさもやまでも徒歩20分ほどかかり、とっても不便です。
駅からの道は普通の住宅街で見るべきものは全くありません。
バスも1時間に1本しかなくて使い物にならず、困りました。
レンタサイクルが一番便利だとは思いますが、地方の割には料金が高くて、
(自転車の無料貸し出しサービスをしている町が最近増えてきているので)
観光を頑張っている町にしてはなんだかなあ、と思ってしまいました。

大洲観光15

おはなはん通り、だそうです。
NHKのドラマのロケで使われたそうですが、昭和41年放送なので、
私にはさっぱり。。

綺麗な舗装された道の傍らに小川が流れ、両側にはレトロな家が並んでましたが、
たった100メートルほどの長さなので、あっという間に通り過ぎました。

大洲観光16

写真手前の料亭以外はお店らしきものは全く見当たらなかったです。

大洲観光17

おはなはん通りの唯一の施設の休憩所。
中は写真展示だけでした。

おはなはん通りを突き当りまで進み、その裏の路地が明治の家並みが残るエリア、
らしいのですが、写真も撮らずに通り過ぎてしまいました。
普通の住宅街のようで閑散としてましたし、お店も案内看板も皆無だったので、
えっどこ?という感じで。。。

大洲観光34

大洲神社への石段。神社の境内はこの上です。
疲れていたので、階段を登るのは諦めてしまいました。

大洲観光19

昿川の眺められる展望広場。

大洲観光20

昿川に突き出ている小島からの渡し舟。

HPで確認したら、4月~5月の休日しか運行してないようです。
お客さんは誰もいなかったですが、乗っておけば良かったと後悔。

大洲観光21

さて、大洲の数少ない観光名所、臥龍山荘の入口。

昿川を望む崖の上に建つ明治時代の建築物です。

大洲観光27

門からすぐの臥龍院。(中は撮影禁止のため写真はなし)
4室ほどの小さな建物で、いろんな細工が施されていました。

大洲観光22

臥龍院の前の庭園。苔むした匂いが充満してました。

大洲観光26

さらに進むと見えてきました。有名な不老庵です。

大洲観光23

不老庵は開け放たれていて、自由に見学できます。
(臥龍山荘に入るには入場料は必要ですが)

大洲観光24

不老庵から眼下の昿川を。

大洲観光25

不老庵の下はこんな感じ。
大丈夫なの?と不安になるほど細い竹で支えられてました。

大洲観光31

臥龍山荘を出て、川岸へ降りて来ました。

大洲観光30

渡し舟の乗り場がある小島には展望台がありました。

大洲観光33

展望台から先ほどの臥龍山荘の不老庵を。

緑色の川の色に、緑が生い茂る中に建つ古びた不老庵が素敵でした。

大洲観光32

昿川の川岸は広い公園。
大きな堤防がお城のお堀のようになってました。
この堤防をくぐると、観光エリアに戻れます。
関連記事
スポンサーサイト

【2012/05/21 16:27】 | 愛媛(南予・松山・道後)_2012.05
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。