世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナザレからポルトガルの首都リスボンへ、
バスで2時間弱。あっという間に着きました。

リスボンは東京など他の国の首都と同様、
都市の中に街がいくつもあります。
目的を持って訪れるのならば、あの街であれをして、
などと考えるのは楽しいと思うのですが、
特に目的がなく、とりあえず観光名所を廻ろうか、
と思うと、結構やっかいな街かもしれません。

で、今回の旅ですが、ポルトとナザレが一番の目的であったため、
リスボンではこれと言って目的はなく、行きたい場所もなく。。

という状態でしたので、とりあえず、
無計画に思いついた場所に行ってみました。
(かなりイマイチな旅行の仕方ですね)

リスボン散策1

バイシャ・シアード駅で地下鉄を降りて、
賑やかな街をお散歩してみました。

リスボン散策24

賑やかなアウグスタ通りでランチを。

リスボン散策25 リスボン散策26

ポルトガル名物のイワシの塩焼き。
フォークとナイフで魚を食べるのは大変でした。

リスボン散策2

アウグスタ通りを南へ行き、
見えてきたのは勝利のアーチ。

リスボン散策3

コルメシオ広場へ出て、勝利のアーチを反対側から。

リスボン散策4

とっても広いコルメシオ広場。
中央には騎馬像がありました。

この近くのインフォメーションで、リスボンカードを購入。
リスボンカードはリスボン市内の地下鉄、バス、市電、
シントラまでの鉄道、美術館等の割引が付いたカードです。
(シントラ(→ Blog)へもこのカードを使いました)

リスボン散策5

市電に乗って、国立古美術館へ行って来ました。
(リスボンカードのおかげで入館料は無料)

この写真は丘の上にある美術館からテージョ川を眺めたもの。
向こうに見えるのは4月25日橋です。

リスボン散策6

今度は鉄道に乗って北へ。
オリエンテ駅です。

リスボン散策7

駅の下には大きなヴァスコ・ダ・ガマショッピングセンター。

リスボン散策8

テージョ川沿いには広い公園があり、
川岸にはゴンドラもありました。
遠くに見えるのは、ヴァスコ・ダ・ガマ橋。

リスボン散策9

夜はバイシャ地区へ。

カモンイス広場に面したカフェのテラス席には、
フェルナンド・ペアソが椅子に腰掛けた像があり、
横に座って記念写真を撮っていく人が多かったです。

リスボン散策10

夜はこちらのファドのライブハウスへ。
ファドはポルトガルの民族歌謡です。

こちらのお店では夜は一部、二部があり、
当日夜でも予約できた二部に伺いました。

二部では、小さなステージに3人のギタリストが演奏し、
男性、女性のヴォーカリストがかわるがわる登場して、
3曲ほど歌っては交代していきました。

30分ごとに休憩があって、休憩時間はセールスタイム。
ヴォーカリストが各テーブルを廻り、自分のCDを買ってもらうよう、
セールスしてました。

二部の入場料はミニマムチャージ制で一人16ユーロ。
お酒やおつまみなどを注文した代金のみの支払いで、
注文代金が16ユーロ未満の場合は16ユーロとなる、
というシステム。飲食代のみでファドが聴けるのはお得でした。
次回、リスボンへ行く時にも立ち寄りたいです。

リスボン散策11

市電に乗って、ベレン地区へ。

世界遺産のジェロニモス修道院です。

リスボン散策12

素晴らしい彫刻の回廊。

リスボン散策13

回廊の2階から中庭を。

リスボン散策14

修道院に隣接するサンタ・マリア教会。
天井の高さ、広さに驚きます。

リスボン散策15

教会のステンドグラス。

ジェロニモス修道院を出た後はテージョ川方面へ。

リスボン散策16

川べりには、発見のモニュメントが建ってます。

リスボン散策17

近くのベレン文化センターには芝生のテラスがあって、
気持ちよい風に吹かれて寛げました。

リスボン散策18

広場からジェロニモス修道院を。
こんなに離れても全景が撮影できません。広いですね。


ポルトガルの観光はこれにて終了。
最終日は早朝に空港へ行って、
格安航空会社のイージージェットにて、
リスボンから隣の国スペインのマドリッドへ。

シェンゲン協定内なので、入国出国審査もなく、
同じユーロで両替も必要なく、
国内移動感覚なのが嬉しい限りです。

リスボン散策20

マドリッドの空港から市街へは地下鉄1本。
運賃も一律1ユーロという分かりやすい料金。
(空港の駅発着の場合はプラス1ユーロ必要ですが)
空港から市街への移動が便利な街は良いですね。

ところで、上の写真の建物は一体なんでしょう?
スペインはガイドブックを持っていってないので、
何かわかりませんでした。

リスボン散策21

パレスホテル?

大通りの中央に噴水の広場があって、
彫刻が置かれているのがなんともヨーロッパっぽいです。

リスボン散策19

地下鉄に乗って、辿り着いたのは、
プラド美術館。

飛行機の乗り継ぎ時間に立ち寄るには、
ココぐらいかなあと思いまして。
マドリッドは2回目ですし。

ところで、マドリッドで驚いたことは、
プラド美術館などの観光名所の案内看板が、
英語の他に日本語でも表示されていたこと。
日本人観光客が多いからですかね。
日本からスペインへは直行便がないというのに。

リスボン散策22

プラド美術館の隣にあった教会。

リスボン散策23

せっかくなので入ってみました。


そんなわけで、今回の旅行は終了です。
マドリッドからはエミレーツ航空で、
ドバイ乗り継ぎで成田へ。

今回の旅行では、エミレーツ航空で、
成田-カサブランカ、マドリッド-成田、
という変則的なオープンジョーの航空券を
購入しました。


それにしても、2週間の旅はさすがに疲れました。
ちょっと欲張りすぎましたね。
何せ、モロッコではマラケシュだけでなく、砂漠へも行きましたし、
ポルトガルでは、ポルト、コインブラ、ナザレ、リスボンの4都市。
事前準備の航空券やホテルの手配も大変でしたし、
都市間の移動のバスを調べたりするのにも時間がかかって。

結局、最後の都市リスボンでは、体力的な問題というよりも、
どこへ行こうか調べる意欲がなくなってしまいました。
リスボンは都市が大きいから、ガイドブックを読み込むだけでも、
時間がかかりますし、ザ・観光名所というような場所も少ない、
という理由も大きいですが。
観光するには、ポルトみたいにエリア全体が観光名所になっていて、
観光ポイントがぎゅっと集まっている街がいいなあ、と思いました。

次回、長期の旅行をすることがあったならば、
訪問する都市を欲張り過ぎないように気をつけます。
関連記事
スポンサーサイト

【2011/09/11 11:52】 | ポルトガル_2011.09
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。