世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナザレ散策1

コインブラで何とかバスターミナルに到着し、
そこから、バスで南へ2時間弱。

海辺の町、ナザレにやってきました。

到着した日はもう日が暮れてしまったので、
ナザレの散策は翌朝から開始しました。

ナザレ散策2

朝早くから、浜辺には人がいました。
海沿いの道路を走っている人も多かったです。

ナザレはポルトガルの首都リスボンからも
車で2時間弱の距離。
なので、夏は結構賑わうそうで、
ホテルの宿泊代は3倍にもなるとのこと。

訪れたのは9月初旬の平日でしたが、
それでも人は多かったです。

ナザレ散策3

ネットの向こう側では、子供たちがサッカー?

ナザレ散策4

大人たちは浜辺でゴロン。

ちなみに、9月初旬のナザレですが、
朝と夜は結構肌寒かったです。
日の当たる場所はポカポカしてても、
日陰や風が吹いたら、ぶるっと来るくらい。
カーディガンが必要な体感温度でしたが、
ヨーロッパ人は平気で水着になってました。

ナザレ散策5

ビーチには小さなカート場も。

ナザレ散策7

通りには、子供用の列車も走ってきました。

さて、海沿いのお散歩も終了し、
朝食を食べたら、ちょっとお出かけ。

宿泊したホテルは海沿いのプライア地区ですが、
その裏手にある丘の上、ペデルネイラ地区へ。

ナザレ散策8

裏山の林の中の階段を登っていきます。

15分ほど歩けば、丘の上に到着します。
丘の上は別荘のある地区で、ホテルもありました。

ナザレ散策9

ミゼリコルディア教会へ。

中に入ってみましたが、
木造の素朴な教会でした。

ナザレ散策10

教会の裏手に廻ったら、お墓でした。

海外のお墓を見学するのは何気に好きかも。
(お寺や教会と同じように観光名所な気も・・・)

ナザレ散策11

真っ白な大理石に、お花がカラフル。

海に近い丘の上にお墓があるのって良いですね。

ナザレ散策13

こちらは教会の近くにあった旧村役場。

白壁にオレンジの瓦屋根って、
南欧リゾートっぽいです。

ナザレ散策12

教会や旧役場の近くには展望台があります。
ここから海を一望。

目の前がプライア地区で、
右手の崖の上にあるのがシティオ地区です。

ナザレ散策14

街を上から眺めると、
白壁とオレンジ屋根ばかりなのが、
ポルトガルの素晴らしいところ。

ナザレ散策15

丘を下りて、プライア地区の路地に来ました。
子供たちが写真に写ってます。

もう少し日が昇ると、狭いベランダには洗濯物が吊るされ、
お昼時になると、路上に七輪を持ち出してきて、
魚を焼く姿が見られました。

七輪で魚を焼くのって、アジアの風景かと思いきや、
ヨーロッパでも猟師町なら見られるんですね。

NHKの「世界ふれあい街歩き」でナザレの回(→HP)を見て、
今回の旅行の行き先を決めたのですが、
テレビで見た光景が間近で見られて嬉しかったです。
(間近過ぎて写真には撮りそこねましたが。。)

ナザレ散策16

ぎっしり詰まった建物の壁が
白とレモンイエローが交互になってました。

ナザレ散策21

海沿いの通りはカフェやレストランが並びます。
狭い通りにお店がはみ出し、行きかうのも大変。

ナザレ散策17

広場では、お土産屋さんがたくさん。

ナザレ散策18

ソウザ・オリベイラ広場は、
レストランが数軒並んでました。

何故か、ガラス張りのお店が多数。
オープンエアではないのは寒いからですかね?
その辺りはアジアとは違うなあと思ったり。。

ナザレ散策19

ちなみに、メニューはどのお店も、
こんな感じで店先に掲げられてました。

さすがに観光地。5ヶ国語表示です。
ポルトガル、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ。
あれっ?何故スペインがないんでしょう?
ポルトではスペイン語が幅を利かせていたのに。
二つの言葉は似ているから一方だけで良いってこと?

ナザレ散策20

ランチを取りつつ散歩していたら、
崖の下に辿り着きました。

ナザレ散策22

近くにはブルーのタイルが貼られた小さな教会がありました。

ナザレ散策23

崖の近くは賑わってました。

ナザレ散策25

こうして見ると、断崖絶壁ぶりが分かります。

ナザレ散策24

反対側に目をやると、小さなテントがぎっしり。

受付のようなものが見当たらなかったのですが、
きっと海の家のように有料なんですよね?

ちょっと覗いてみたら、ところどころに人がいました。
一畳ほどの広さのテントで、前には長い布が垂れていて、
布をシェード代わりに出来るようになってました。

ナザレ散策26

こちらは海から1本入った通り。
坂道を登っていくと、ケーブルカー乗り場です。

ナザレ散策27

ケーブルカーで、崖の上に上ります。

※つづき → Blog
関連記事
スポンサーサイト

【2011/09/06 21:30】 | ポルトガル_2011.09
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。