世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルトからは、バス会社Rede Express(→ HP)を利用しました。
バスステーションはバターリヤ広場の近く。
チケットは当日バスステーションで購入しました。

ホームページに時刻表が掲載されているので、
事前に確認したのですが、曜日を間違えまして。。
計画していた時間よりも遅い出発となってしまいました。
(ポルトガル語の曜日の単語を勉強してなかったせいです。
 英語画面もあるのですが、時刻表にはポルトガル語表記しかなくて)

そんなわけで、到着したのはコインブラ。
ポルトからは1時間半ほどで到着です。

目的地はナザレなのですが、中間地点のコインブラにも
せっかくなので立ち寄ってみました。
しかし、時刻表のミスが響いて、滞在時間はたった3時間半。
急ぎ足で廻ってきました。

コインブラ観光1

バスステーションが市街地から800メートルほど離れているので、
必死に早歩きしてやってきたのが、こちら。

コインブラの中心にある、サンタ・クルス修道院。
修道院の前は5月8日広場で、カフェなどが並び、
賑わってました。

コインブラ観光2

12世紀に建てられ、16世紀に改装された本堂です。
外観は石造りの建物ですが、内部の壁にはアズレージョがありました。

礼拝堂の右横から、回廊に入ることが出来ます。
回廊の見学のみ入場料が必要でした。

コインブラ観光4

回廊は16世紀の建築物。いろんな部屋がありました。
絵画が飾られた部屋。

コインブラ観光7

椅子が並べられていたので、お祈りする部屋なのかな。
写真は正面にあった祭壇です。

コインブラ観光3

回廊のパティオ。

コインブラ観光5

サンタ・クルス修道院の裏手に廻ると、見えてきたのがこちら。

丘の上に上るためのエレベーターです。
チケットは横のオフィスで購入。バスとの共通券で、何故か3枚綴り。
二人で3枚はいらないんですけど、仕方ないです。

エレベータの入口にはエレベーターガールならぬ紳士が待ち構えてました。
このガラスのエレベータで上がったら、ガラスの通路を渡り、
さらに、ケーブルカーのようなものに乗れば、丘の上に到着です。

コインブラ観光6

丘の上にある新カテドラル。
中に美しいパイプオルガンがあるらしいのですが、
残念ながら、日・月曜日は入れませんでした。

コインブラ観光8

そして、やってきたのが、コインブラ大学。写真は大学内の広場。
13世紀終わりにリスボンで創立して、14世紀初めにコインブラへ移転したそうで、
ヨーロッパ最古の大学の1つとのこと。
大学は旧大学と新大学に分かれていて、旧大学の方には見学ツアーが用意されてます。
見られる施設の数や種類によって、いくつかのコースが組まれてましたが、
時間がないので、一番の見所の図書館が含まれた安いツアーにしました。

コインブラ観光9

旧大学の広場からはモンデゴ川とサンタ・クララ橋が見えました。
対岸にはサンタ・クララ修道院がありますが、今回は時間がないので断念です。

コインブラ観光10

広場の西側に建っている大きな建物。右端にジョアニア図書館があります。
(図書館は残念ながら内部は撮影禁止なので写真はありません)

図書館の前に集合し、予定時間になったらチケットを見せて入ります。
入場制限しているようで、チケットには入場時間が記載されてました。

図書館の中は豪華の一言に尽きます。本棚や机などの装飾品が素晴らしくて。
天井が高く、壁一面が本棚になってましたが、見た目は教会のようでした。

地下にも部屋がありましたが、そちらはごく普通の図書館になっていて、
そのギャップにも驚きました。

図書館の隣には小さな礼拝堂があって、そちらも見学しましたが、
地味だったのであまり印象に残っていません。

コインブラ観光11

こちらは広場の北側に建つ、時計塔とラテン回廊のある建物。
別のチケットが必要だったので、今回は外観のみにしました。

コインブラ観光12

急いで大学を出て、バスに乗るつもりだったのですが、
道を間違えて、植物園の方へ行ってしまいました。
写真は植物園の丘から。時間があったら植物園も見てみたかったです。

さて、バスステーションに急いで戻らなければいけないのですが、
迷子になってしまい、気がついたときにはもう手遅れ。
このまま歩いても間に合いそうになく、バス停の場所なんて分かるはずもなく、
しかも、タクシーは全く通らず、本当に焦りました。
バスは最終便なので、次のバスは翌日。このままここに宿泊?とも考えました。

なんとか植物園の通りを抜け、建物の並ぶ路地にやってきましたが、
それでも、タクシーは全然通らないのです。
ヒッチハイクでもするしかないか、と思い、車が通るたびに手を挙げて振ったり、
飛び跳ねたりしていたら、お客を乗せたタクシーが停まってくれました。

とても有り難いことに、鉄道駅まで乗せて行ってくれて、
そこに停まっているタクシーを呼んでくれました。
相乗りさせてくれて、本当に助かりました。

ちなみに、鉄道駅からバスステーションまでで、タクシー代はたった2.5ユーロ。
二人ならバス代よりも安いような気が。。

大学からバスに乗るためにバス停まで歩こうとせず、
タクシーで帰るべきだったと反省しました。

タクシー嫌いなのであまり乗りたくないのですが、
時間がないときは無理せずタクシーを利用すべきですね。
関連記事
スポンサーサイト

【2011/09/05 12:39】 | ポルトガル_2011.09
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。