世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立山黒部アルペンルート19

以前から行きたいと思っていた立山黒部アルペンルートへ、
開通直後の4月中旬に行って来ました。

今まで行きたいと思いつつも行けてなかった理由は、
アルペンルートまでのアクセスの悪さ。

長野県側の入口、扇沢までは交通が不便ですし、
富山県側の入口、立山までは鉄道があるとは言え、
東京からですと乗り継ぎが多くて大変。

車で行こうと思っても、立山~扇沢間を抜けるならば、
持って行った車を回送してもらわねばならず、
その回送費用の高いこと極まりなし。
レンタカーを立山で乗り捨てて、扇沢で再度借りる、
という方法ならば可能ではあるんですけど、
扇沢はレンタカー屋さんまで遠いですし、
乗り捨て代も結構高額で。。。

そんなわけで、今回はお手軽にツアー参加となりました。
ツアーは慌しくて滞在時間が短いので好きではないんですが、
こんな理由では仕方ありません。
何より格安ですしね。

ちなみに、アルペンルートの立山~扇沢まで、
全ての乗り物の運賃合計は、8,060円。
しかし、参加したツアーはホテル1泊付きで2万円ちょっとでした。
(平日ならばさらに安く、19,800円!)

立山黒部アルペンルート2

バスは東京を出発して、談合坂SAで休憩。
フードコートがめちゃくちゃ広い!

ツアーでは1.5~2時間おきに、
ちゃんとトイレ休憩してくれました。

立山黒部アルペンルート1

2回目の休憩は諏訪ICから降りてすぐの
信州野沢菜センター。
野沢菜を作ってる行程が見られました。

野沢菜の種類が豊富で、試食が盛りだくさん。
日本酒やワインまであって、試食ばかりしていたら、
あっという間に時間が過ぎました。

立山黒部アルペンルート3

で、到着したのは、こちら。
ここはどこ?って感じですが。。

伊那にある高遠城址公園は桜が満開。
しかもこの日は快晴の土曜日。
そんなわけで、近くの駐車場は満車だということで、
裏山の遠い駐車場に。

この裏山を登った先が高遠城址公園です。
シャトルバスも運行されてましたが、
徒歩10分だと聞いたので山登りしてみました。

立山黒部アルペンルート4

山を登ったら桜が見えてきました。

入口の手前にはたくさん屋台も出ていて、
ちょっと気になりましたが、とりあえず中へ。

立山黒部アルペンルート5

ソメイヨシノとはちょっと違いますかね。
パンフレットによると、コヒガンザクラだそうです。

城址公園なので、もう天守閣は残ってませんが、
本丸等は芝生広場になっていて、こちらにも屋台がたくさん。
静かな花見というよりも、賑やかなお祭りの雰囲気でした。

立山黒部アルペンルート6

丘の上にあるので、斜面の桜は垂れ下がってました。
垂れ下がる桜が私は好きなもので。。

立山黒部アルペンルート14

太鼓櫓。

立山黒部アルペンルート7

公園の見所の一つ、問屋門。
みんなが写真を撮るものだから、なかなか先に進めません。

立山黒部アルペンルート8

門を抜けると、桜雲橋。
橋を渡りきった後から橋と門を撮影。

立山黒部アルペンルート9

橋の下に降りて、下からも撮影。
芝生の緑と桜のピンクに、橋と門が映えます。

立山黒部アルペンルート10

橋の真下からも。斜面の桜が素敵。

橋の下は小川がちょろちょろ流れていて、
カエルの鳴き声が大きくて驚きました。
カエルはどこに隠れていたのか姿は見えなかったですが。。

立山黒部アルペンルート11

芝生広場に戻ってきました。
こちらで持参したお弁当を。

立山黒部アルペンルート12

こんなに大混雑なのに、広場は意外と空いていたので、
場所取りなどせずとも座れて食べれて良かったです。
大勢で宴会するような場所ではないからですかね?

立山黒部アルペンルート13

帰りは白兎橋の下も通ってみました。
園内はそれほど広くないですが、起伏に富んだ地形で、
丘を通ったり、橋の下を通ったり出来るので、
なかなか楽しめました。

公園の近くには旧藩校の進徳館があるようで、
そちらも見学したかったのですが、
90分という短い滞在時間で、お昼ごはんを食べて、
駐車場から公園まで往復20分かかったので無理でした。
ツアーでの滞在時間はやっぱり短すぎますね。

立山黒部アルペンルート15

高遠城址公園を出て、再び高速に乗って、
安曇野ICで下りて安曇野スイス村へ。

20分間の休憩だったので、普通のお土産屋さんかな、
と思いきや、広い敷地にいろいろありました。
まあ、お土産屋さん以外の場所まで出向いたのは、
私たちだけではありましたが。。

広い駐車場を挟んだ反対側にはホースランド。
乗馬体験が出来る場所で、お馬さんがたくさんいました。

その隣はワイナリーで、ワインやジュースの試飲がたくさん。
お土産屋さんには野菜直売所も併設されていて、
りんごがとんでもない安さで売られてました。
せっかく広いだから、もうちょっと休憩時間が長くても、と。

立山黒部アルペンルート16

そんなわけで、安曇野からは山岳エリアを下道で。
まだ雪が残る白馬のホテルへ。写真はロビー。

スキー客がもう少ないからですかね。
宿泊先が白馬というのは。

翌日は立山なので、もうちょっと近くで宿泊しても、
と思ってしまいましたが、格安ツアーなので仕方ありません。

立山黒部アルペンルート17

ロビーからは長野オリンピック会場のスキー場。
露天風呂からも山々は見えました。

立山黒部アルペンルート18

夕食はバイキング。ある意味ツアーらしい。

辺鄙な場所にあるホテルなので、
ホテル周辺を散策という楽しみはなかったですが、
ゆっくりと休めました。
関連記事
スポンサーサイト

【2012/04/27 23:16】 | 立山黒部アルペンルート_2012.04
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。