世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モロッコでは路地に可愛い猫がたくさんいました。

飼い猫なのか、野良猫なのか分かりませんが、
人々が可愛がってるのだけは確かです。
(ちなみに、犬は全く見かけませんでした)

マラケシュ市街観光52

こちらは、ランドリーショップに居た猫です。

Lost in Marrakech」という日本人女性が経営している洗濯屋さんが
マラケシュ旧市街にありまして、砂漠で汚れた洋服を洗ってもらいました。
私が訪れたときは日本人はおらず現地人の男性しか居ませんでしたが、
格安料金で洗濯してくれて助かりました。(2kgで20ディルハム(約200円))
長期間の旅行をするときは安い洗濯屋さんを探すべきですね。

マラケシュ市街観光1

旧市街の北西にある、ドゥカラ門を出たところ。

マラケシュ市街観光2

城壁がずっと続いています。

城壁周辺の広場では小さな屋台が何軒も。

マラケシュ市街観光3

果物屋さんも並んでました。
東南アジアみたいな大きな市場はなかったですが、
この場所はその代わりみたいなものですかね。

ちなみに、ドゥカラ門から旧市街に入った側の狭い通りは、
商店街みたいになっていて、お肉屋さんやお魚屋さんもありました。

マラケシュ市街観光4

観光客向けですかね。豪華な馬車も待機。

マラケシュ市街観光5

しばらく北西に進んだら、馬車が何台も連なってました。

マジョレル庭園の近くに来たようです。
旧市街からは歩くとちょっと遠いので、タクシー代わりに馬車で
ここまでやってきている人もいるのでしょうか。

マラケシュ市街観光6

マジョレル庭園の入口を入ってすぐの場所。

マジョレル庭園はフランスの画家が造園して、
その後、イブ・サンローランが買い取ったそうです。
庭園内のショップにはイブ・サンローランの本やポスターも売られてました。

マラケシュ市街観光8

入口をまっすぐ進むと、高い竹が並ぶ通り。
フランスともモロッコとも違う、どこか東洋っぽい雰囲気。

マラケシュ市街観光9

でも、足元にはカラフルな植木鉢が。

庭園内は青・オレンジ・黄色の3色が効果的に配されてました。

マラケシュ市街観光10

竹の奥から見えたのは、背の高いヤシの木。

マラケシュ市街観光7

ヤシの木と青空。ここは南国っぽいです。

マラケシュ市街観光11

青の柱が印象的なアーチ。鬱蒼と茂る緑がさわやか。

マラケシュ市街観光12

池の横には咲き零れているブーゲンビリア。

マラケシュ市街観光13

にょきにょき生えてるサボテン。

マラケシュ市街観光14

いろんなサボテンが植えられてるエリアもありました。
私はここが一番好きだったかも。

マラケシュ市街観光15

面白かったり、可愛かったりするサボテンが種類豊富でした。

マジョレル庭園を見た後は、再び旧市街に戻って、
フナ広場から北へ、スークの路地を進んだ先にある、
マラケシュ博物館へ。

マラケシュ市街観光16

博物館の門を入ると、テラスがカフェになってました。

マラケシュ市街観光17

博物館の建物の中へ。中央のパティオ。

この博物館はもともと宮殿だった場所。
パティオの中央には、とっても大きなシャンデリア?
床や柱には細かい装飾がありました。

マラケシュ市街観光19

パティオに面した小部屋へ。

シャンデリアには灯りが点いておらず、展示物の照明も何箇所か消えていたので、
とても薄暗かったです。節電なのでしょうか。

この博物館の展示物はベルベル人の洋服や装身具もあれば、
何故か現代美術館のような展示品もあって、様々でした。

マラケシュ市街観光18

展示物にはあまり興味は惹かれませんでしたが、
トイレが素敵だったので写真を撮ってきました。
もとはハマムとして利用されていたようです。

マラケシュ市街観光19

続いて、博物館の目の前にある、クッバ・バアディン。
給水場として利用されていたそうです。

マラケシュ市街観光24

ドーム型の天井には細かい彫刻。

マラケシュ市街観光20

高台に上って、クッバ・バアディンの建物を。

奥に見える建物は、ベン・ユーセフ・モスク。
緑色の瓦の三角屋根と、四角型のミナレットが特徴。
残念ながら、非イスラム教徒は中に入れないため、
こうやって外から眺めるのみです。

さて、クッバ・バアディンはあまり見所がないため、
すぐに次の場所へ。

近くにあるベン・ユーセフ・マドラサ。
入口は狭い路地のトンネルのような場所で目立たないですが、
中に入って驚きました。こちらは見所満載です。

マラケシュ市街観光21

建物の中央にある中庭。床は一面の大理石。

マドラサとはイスラム新学校のこと。
ウズベキスタンでもマドラサはいくつか見学しましたが、
モロッコでも立派な建物のため観光名所となってます。

マラケシュ市街観光22

中庭に面するアーチ。細かい彫刻がびっしり。

マラケシュ市街観光25

建物の角の廊下。壁の漆喰、天井の木ともに彫刻がたくさん。

マラケシュ市街観光26

広い中庭を囲むように建てられている建物の大部分は、
学生達が寝泊りする小部屋が並んでいるのですが、
その二階部分の廊下。
ところどころ吹き抜けになっていて、一階が覗けます。

マラケシュ市街観光27

廊下から曲がった場所にも吹き抜けがあり、
狭い小部屋が並んでました。

マラケシュ市街観光23

学生の小部屋。勉強机が置かれてました。

建物はとても立派で豪華なのですが、学生の小部屋は4畳ぐらいしかなく、
窓も小さくて明かりも少なく、とても質素に見えました。


※つづき → blog
関連記事
スポンサーサイト

【2011/09/01 20:54】 | モロッコ_2011.08
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。