世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フエはベトナム最後の王朝、阮朝(19世紀~20世紀半ば)の
都が置かれた町です。

なので、市街には王宮があり、郊外には歴代の帝廟がある、
とても観光名所の多い町。

市街は自力でも廻れますが、郊外へ行くにはちょっと困難なため、
1日観光ツアーを利用しました。

ホテルのフロントで予約したツアーなので、旅行会社は不明ですが、
バウチャーにはスケッチトラベルと書かれてました。
入場料金は別途でしたが、ランチ+英語ガイド付き8ドル程度だったかと。
朝はホテルまで迎えに来てくれたので便利でした。

フエ1日観光ツアー1

乗せられた10人ほどのワゴン車は欧米人ばかり。
こんなに少人数なの?アジア人はいないの?
と思っていたら、お土産屋さんに到着して、
韓国人ばかりが乗った大型バスと合流。
結局、大型バスとワゴン車で合計40人ほどで、
ガイドさんは一人という体制でツアーは出発しました。

上の写真はお土産屋さんでの実演販売。
線香花火のようなものを作ってました。

周りでは韓国人達が写真をパシャパシャ。
よく見たら、ミーソン遺跡の時にいた人達でした。
ホイアン、フエと全く同じコースを辿っているとは・・・。

フエ1日観光ツアー2

最初はトゥドゥック帝廟へ。
写真は車内から警備員さんのいる門を。

フエは3日間いましたが、ずっとこんな天気でした。
空は雲いっぱいで日中は薄暗く、ときどき小雨も。
とにかく寒かったです。東南アジアとは思えません。
現地の方はみな厚手のコートやダウンを着込んでました。

フエ1日観光ツアー3

トゥドゥック帝廟は1864年から3年間かけて造られた帝廟。
さすがに広大な敷地が綺麗に整備されていましたが、
だだっ広い公園のようでもありました。

ちなみに、入場料は5万5千ドン。
他の帝廟もほぼ同じ金額。
日本円にすれば220円なのですが、
ベトナムの物価を考えると高いです。
(フォーなら2杯食べられます)

このツアーは入場料金は含まれていないので、
毎回入口で支払うことになり、高い!と文句言ってた人も。。。

フエ1日観光ツアー4

門を入ってすぐの場所には大きな池。
船着場と池が眺められる建物がありました。

フエ1日観光ツアー5

ぐるっと廻って船着場の反対側から。
奥に見えるのはお寺ですかね。

フエ1日観光ツアー7

階段を登ってみました。

フエ1日観光ツアー8

奥に進むと、さらに丘の上に建物が。

フエ1日観光ツアー9

象と馬の置物。

フエ1日観光ツアー10

奥に進むと、石碑が。

フエ1日観光ツアー11

石棺がありました。

フエ1日観光ツアー6

丘から降りてみました。

先ほどの池の奥には、さらに大きな池が。
川のようにも見えますが、どこまで続いているのでしょう。
案内板などが全く無いため、この帝廟の敷地がどれくらい広いのか、
全くわかりません。
奥にも進んでみたかったのですが、バスに乗り遅れると困るので、
周辺だけを散策。

フエ1日観光ツアー12

林の中を歩いていたら見つけました。

フエ1日観光ツアー13

階段には龍。ベトナムの階段は龍が多いです。

フエ1日観光ツアー14

奥に進んでみました。

フエ1日観光ツアー15

こちらにも石棺。

近くの丘にも似たような石棺があったのですが、
一体どれが皇帝のお墓なんでしょうかね。

トゥドゥック帝廟では45分間という時間が与えられ、
最初の20分ほどはガイドさんと一緒に回り、その後は自由行動でしたが、
ちょっと足を伸ばしすぎてしまったようで、最後は走る羽目になりました。

かなり敷地は広いですし、歴史などを学べば楽しめる場所だと思うのですが、
いかんせん、案内板は全くないですし、ガイドブックの説明も内容薄く、
ただ広い公園を歩いただけで終わってしまったような気がしました。

フエ1日観光ツアー16

トゥドゥック帝廟を出て、次の場所へ。
小雨の降る中、広い川を渡って反対側へ。

フエ1日観光ツアー17

ミンマン帝廟です。
1840年から3年間かけて建立された中国風の帝廟。

門を入ったら、林の中で広い池しか見えません。
こちらも敷地が広大でした。

フエ1日観光ツアー18

池沿いにしばらく歩いて、ようやく広場に到着しました。
こちらでも、象と馬、そして役人の像が出迎えてくれました。

フエ1日観光ツアー19

広場の前にあった中国風の建物。
中には漢字で書かれた石碑がありました。
ベトナムでも昔は漢字だったんですね。

フエ1日観光ツアー20

階段にはやはり龍。

フエ1日観光ツアー21

石碑のあった建物を超えて進むと、絢爛豪華な建物。
こちらは崇恩殿だそうです。

フエ1日観光ツアー22

内部はきらびやか。ゴールド満載。

フエ1日観光ツアー23

崇恩殿を超えると、さらに道が続いていました。

フエ1日観光ツアー24

こちらは吹き抜け。大きな門でした。

フエ1日観光ツアー25

門をくぐると、さらに先へ。
何度も丘を乗り越えて進んでいきます。

フエ1日観光ツアー26

丘にはジグザクで区切られた庭園。
春ならば薔薇が咲いて綺麗そうです。

フエ1日観光ツアー27

これが最後の橋ですかね。

フエ1日観光ツアー28

進むと終点。行き止まりです。
こちらがミンマン帝の眠る廟のようです。

フエ1日観光ツアー29

帰りは建物が続く道ではなく、池沿いの道を通りました。

大きな池を埋め立てて、いくつも丘を作ったのか。
それとも、自然の地形を生かした形なのか。

池が入り組んでましたが、俯瞰で見るとどういう地形になっているのか。
敷地内地図を見てみたいなあと思いました。
(こちらも敷地内には案内板は全くなく、地図さえもなかったです)

フエ1日観光ツアー30

ミンマン帝廟の門を出たところ。

門の前には小さな村があり、ちょっと車を走らせると、
馬が草を食む、のどかな景色に出会えました。

フエ1日観光ツアー31

3箇所目はカイディン帝廟。
1920年から12年間もかけて造られた帝廟ですが、
前の2ヶ所とだいぶ違う造りです。
ヨーロッパ風とガイドブックには説明されていますが、
まさしくお城のようです。

入口はこんな急な階段です。
階段に龍がいるところはベトナムっぽいですが。

フエ1日観光ツアー32

階段をせっせと登って辿り着いたのに、
さらに階段がありました。

ミンマン帝廟は丘を何度も越えていきましたが、
こちらは階段を何度も登る必要がありそうです。

フエ1日観光ツアー33

広場に立つ役人の像。
反対側にもいて、総勢20名以上。

フエ1日観光ツアー34

内部に石碑が置かれている石造りの建物と塔。

フエ1日観光ツアー35

足元には可愛い龍。

フエ1日観光ツアー36

さらに階段を登ります。

フエ1日観光ツアー37

ようやく頂上の建物に。
近くで見ると、ヨーロッパ風ではなく、
やはり中国っぽく感じます。

フエ1日観光ツアー38

中に入ると、中央にカイディン帝の写真。
周りには、鶴の像や絵が取り囲んでました。

フエ1日観光ツアー39

奥の部屋はゴールド一色。
中央に鎮座するのはカイディン帝の像。

フエ1日観光ツアー40

壁や柱の彫刻も細かく多彩でした。


以上で、午前中の帝廟巡りは終了。

最初のトゥドゥック帝廟は広大な公園で、
2番目のミンマン帝廟は丘を何度も超え、
最後のカイディン帝廟は階段ばかり。

なかなか見て廻るのに体力のいる帝廟ばかりでした。


※次の記事へ → blog
関連記事
スポンサーサイト

【2011/01/14 15:56】 | ベトナム北部/中部_2011.01
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。