世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂漠ツアー6

モロッコへ行きたかった最大の理由、
それは、サハラ砂漠ツアーです。

アフリカ大陸の北部にある広大なサハラ砂漠。
いろんな国にまたがっていますが、
モロッコからが一番行きやすいのです。

とは言え、自力でバスを乗り継いだり、
レンタカーで行くのは大変です。

なので、今回は現地発着のツアーを利用しました。

砂漠ツアー2

モロッコの一番の観光都市マラケシュには、
さすがにたくさんの旅行会社があります。

現地で旅行会社を訪ねて直前に申し込んでも
余裕さえあれば大丈夫だとは思いますが、
私は事前に日本からメールをしておきました。

利用したのは、ネット上で評判の良かった、
Sahara Expedition」。
ホームページは英語とフランス語ですし、
メールのやりとりは英語でOKでした。

サハラ砂漠のツアーは2種類(→HP)。
マラケシュから近いザゴラ行きの1泊2日と、
ちょっと遠いメルズーガ行きの2泊3日。

ザゴラではあまり砂漠らしさが味わえない、
というクチコミを目にしたので、
メルズーガ行きの2泊3日しました。

料金は1人950MAD(約1万円弱)。
2泊の宿(うち1泊は砂漠でのテント)と、
朝・夕食の計4食が付いてますので、
なかなかお得だと思います。

砂漠ツアー3

ランチはツアー料金から除外されてました。
途中でレストランへ連れて行かれ、
そこで各自が注文しました。

また、格安ツアーなのでガイドさんはなし。
運転手さんがたった1人でずっと運転し、
目的地に着いたら、車から降りるよう指示され、
「何分後に」と言われるだけ。
現地でガイドさんが待機してる場所もありましたが、
ほとんどが自由行動だったので、ツアーというよりも、
バスの代替手段という感じでした。

砂漠ツアー4

ツアーの内容は以下のとおり。

1日目
マラケシュからオートアトラスを超えて、
世界遺産アイト・ベン・ハドゥ、
ワルザザードのタウリルトのカスバ近くでランチ、
カスバ街道、ローズバレーを抜けて、
ダデス渓谷そばのホテルで宿泊。

砂漠ツアー5

2日目
ティネリールのカスバの民家を訪問して、
トドラ渓谷を散歩して、近くでランチ。
その後ひたすら殺風景な道路を進み、
最後は道なき道を進んでサハラ砂漠へ。
砂漠の片隅にあるホテルで休憩した後、
夕焼けの時間に、ベルベル人に連れられ、
ラクダに乗って砂漠の中を1時間半。
そして、砂漠の中のテントで宿泊。

砂漠ツアー

3日目
日が昇る前にラクダに乗って出発。
日の出を眺めた後、砂漠近くのホテルで朝食。
その後は、ひたすらドライブ。
12時間以上かけてマラケシュへ帰還。

砂漠ツアー7

途中、街道沿いのカフェでトイレ休憩があったり、
絶景ポイントでは車を停めてくれたりしましたが、
3日間ずっと車で移動していた感じで、
お土産屋さんや絨毯屋さんへ行くこともなく、
立ち寄りポイントが思いのほか少なかったです。

他のツアー参加者に合流したときに聞いてみたら、
お土産屋さんに何箇所も行ったらしいので、
参加したツアー、あるいは運転手さんによるもの
なのかもしれません。

遠いところへ行ったのだから、移動ばかりなのは仕方ないですが、
ちょっとツアーの中身が薄かったかな、という印象でした。

(ツアーに参加した時期も影響あるかもしれません。
ちょうどラマザン期間中でお店が開いていなかったのかも)

そんなわけで、次の記事にツアーの詳細を記します。

※つづき → blog
関連記事
スポンサーサイト

【2011/08/29 10:24】 | モロッコ_2011.08
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。