世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モロッコ旅行の初日は大移動の1日でした。

モロッコには世界遺産もたくさんあり、
立ち寄るべき観光都市も多いのですが、
今回の旅ではマラケシュとサハラ砂漠の
2箇所に絞りました。

ですので、まず目指すのはマラケシュ。

しかし、残念ながら、
日本からモロッコへの直行便はなく、また、
マラケシュは国際空港ではありますが、
就航している航空会社も少ないのです。

そのため、まずは乗り継ぎ便でカサブランカへ、
そして列車移動でマラケシュへと移動しました。

まずは、成田から乗り継ぎ先のドバイまで。

燃油サーチャージが圧倒的に安かった、
エミレーツ航空を使用しました。

成田→ドバイ→カサブランカ→モロッコ1

エミレーツ航空はエコノミー席でも大画面。
数百チャンネルもある映画などの番組は
全てオンデマンドでした。

成田→ドバイ→カサブランカ→モロッコ2 成田→ドバイ→カサブランカ→モロッコ3

配られたメニューとシール。
そして、結構ちゃんとしたポーチには、
アイアスク、靴下、歯磨きセットが入ってました。

成田→ドバイの機内の様子は、
こちら(→ blog)に詳しく記載しました。

成田→ドバイ→カサブランカ→モロッコ4

ドバイ空港に到着。
ここまでで、11時間近い長旅です。

さすが24時間空港。
深夜でもお店は全て営業してました。

成田→ドバイ→カサブランカ→モロッコ5

ターミナル内には庭園も。

乗り継ぎ時間は3時間半でしたが、
長いターミナルをお散歩していたら、
ちょうど良い時間になりました。

成田→ドバイ→カサブランカ→モロッコ8

そして、次の飛行機では、
いきなり早朝からシャンパンを。

ビジネスクラスの席だったのです。
(エコノミーのチケットを購入したのに、
運よくアップグレードされたのです)

成田→ドバイ→カサブランカ→モロッコ7

朝食はパンとフルーツのみ。
あれ??ビジネスの割には・・・。

成田→ドバイ→カサブランカ→モロッコ9

パンはたくさん持ってきてくれました。

ランチはさすが豪華で、
前菜、メイン、デザート、チーズ。
しかし、味の方はかなりイマイチでした。

ドバイ→カサブランカの機内の様子は、
こちら(→ blog)に詳しく記載しました。

8時間強の移動のすえ、
ようやくモロッコ入国。

カサブランカ郊外にある、
ムハンマド5世空港に到着です。

ここまでで、もう24時間近いですが、
まだまだ移動は続きます。

成田→ドバイ→カサブランカ→モロッコ10

空港の地下が鉄道の駅です。

ここから、カサブランカ市街にある、
カサ・ボヤジャー駅まで行き、
そこで乗り継いでマラケシュ駅まで。

チケットは空港の駅で通しで購入できました。

駅には改札はなく、直接ホームに入り列車内へ。

列車が出発後、車掌さんが各座席を回って、
チケットを確認するシステムです。
駅に改札がある国の方が意外と珍しいかも。

成田→ドバイ→カサブランカ→モロッコ11

入口に近い場所は2等車でした。

2等車は現地の方々で混雑していて大変、
という情報をどこかで見ていたため、
今回は1等車のチケットを購入しましたが、
この座席ならば2等車でも良かったかも。

空港発着の列車だからか、ラマダン期間中だからなのか、
お客さんは少なく、外国人がほとんどでした。

成田→ドバイ→カサブランカ→モロッコ12

こちらが1等車の座席。

2等車との違いはシートの生地のみ?
ウール素材のため、とっても暑かったです。
空調も弱くて、窓から入ってくる風を頼りにしてました。
これならば、2等車の方が良かったかも。

成田→ドバイ→カサブランカ→モロッコ13

約30分で、カサ・ヴォヤジャー駅へ。

駅は素朴ですが、ホームが何本もある、
主要な駅みたいです。

ここでマラケシュ行きの列車に乗り換えなのですが、
2時間に1本しか便がないため、1時間以上の待ち時間。

成田→ドバイ→カサブランカ→モロッコ14

駅の外に出てみました。写真は駅舎の外観。

市街からはちょっと離れた場所にある駅のため、
駅の周りには何もなかったです。

カサブランカの観光の中心である旧市街までも距離があるため、
1時間強の時間では行ってくるのが困難です。

成田→ドバイ→カサブランカ→モロッコ15

そんなわけで、落ち着いた先はこちら。

駅の目の前にあったホテルイビスに入ってみたら、
ロビー横に芝生のテラスがあるカフェが見えたので、
そのカフェで一休憩。

気温は38度くらいあるはずなんですが、
湿度がないため、日陰で風が吹いてくると、
とっても爽やかでした。

成田→ドバイ→カサブランカ→モロッコ16

オレンジジュースでぼぉーっと。
お庭には可愛い猫もいました。

モロッコには可愛い猫が多いみたいで、
マラケシュでも街中で何匹も見かけました。

成田→ドバイ→カサブランカ→モロッコ17

そして、マラケシュ行きの列車へ乗車。

大勢が乗り込んできたので、2等車のチェックは出来ず・・・。
上の写真は1等車です。6人乗りのコンパートメント。
狭い通路に多くの個室が並んでました。

ウズベキスタンで乗車したレギスタン号(→blog)にちょっと似てます。
何故、海外ではコンパートメント式の列車が多いんでしょうかね。

私は正直、あまり好きではありません。
真正面に見知らぬ人が乗っていると寝づらいですし、
進行方向と逆の座席になる場合もありますし、
窓の景色を楽しめる座席になる可能性も低いので。

新幹線みたいに進行方向に全ての席が向いた、
普通の2人席がいいんですけど・・・。

成田→ドバイ→カサブランカ→モロッコ18

座席のアップ。頭の上には荷物置き場。

こちらもウールの生地でした。
暑いんですけど、何故ウールなんでしょう?

冷房も日本以上に弱冷房で、窓も開かなくて、
座席の背は倒れなくて、寝づらかったです。

マラケシュまではそんなに距離はないはずなのに、
ゆったりガタゴトと走るために、3時間強の旅。
もう成田を出発してから29時間近く経過しました。

成田→ドバイ→カサブランカ→モロッコ19

ようやく、マラケシュ駅へ。

さすが、観光都市の玄関口。
駅がとっても綺麗です。

終着駅なので、ホームから駅舎までフラットな道。
上の写真はホーム側から見た駅舎です。

成田→ドバイ→カサブランカ→モロッコ20

広い駅舎。大きな電光掲示板。
レストランやマクドナルドもありました。

成田→ドバイ→カサブランカ→モロッコ21

駅舎の外観。道路からやたらと奥にありました。

目の前は幹線道路。旧市街までは広い1本道で、
バスが走っているようですが、バス停は見つからず・・・。
仕方ないので、タクシーに乗って旧市街のホテルまで。
ちなみにタクシーは運賃交渉をして30MAD(約300円)でした。

成田→ドバイ→カサブランカ→モロッコ22

宿泊したのは、旧市街の中心ジャマ・エル・フナ広場から近い、
モロッコ伝統のリヤド様式をしたホテルでした。
(ホテルについてはこちら(→ Blog)に詳しく記載しました)

フナ広場の周りの細い路地には、小さなリヤドがたくさんあって、
どこも素敵な内装で宿泊費も安いため、事前に予約せず、
現地で見て周りながら宿を探すのが良いようですが、
私は現地で歩き回って探す余裕はないため予約していきました。
余裕のある方は是非、現地で探してみてください。
事前予約よりも安くて、良い宿が見つかると思います。


※つづき → blog
関連記事
スポンサーサイト

【2011/08/28 23:10】 | モロッコ_2011.08
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。