世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿蘇山中岳17

あっさりした観光で終わった阿蘇を後にして、
やまなみハイウェイを北上します。

やまなみハイウェイは阿蘇と湯布院を結ぶ道路。
普通の県道なので、無料通行できますが、
素晴らしく景色が良いのです。

阿蘇の近くでは何箇所か展望台もあって、
阿蘇の盆地が一望できました。

阿蘇山中岳18

遮るものが全くない、青空と緑一面。

「やまなみ」ですが、最初に登ってしまえば、
途中は起伏はあまりなく、カーブもゆるやか。

信号もほとんどなく、道も混んでないので、
マイペースに景色を眺めながら走れます。

高原や牧場も周りにあるので、立ち寄ることも出来ますが、
今回は詰め込みスケジュールだったので寄り道はなし。

唯一、やまなみハイウェイを抜けて寄った場所はこちら。

九重~阿蘇4

九重“夢”大吊橋。

まだ出来て数年しかたっていない大きな吊橋です。
橋は入場料金500円。一枚のチケットで往復渡れます。

九重~阿蘇1

橋を渡る前に、脇に下り道があったので、そちらへ。

九重~阿蘇2

橋を下から撮影。でっかいです。

九重~阿蘇3

下り道を進んで行ったら、滝が見えました。
日本の滝百選の震動の滝だそうです。
滝を見るための展望台がありました。
こちらは橋よりも前からあったんですかね。

九重~阿蘇6

いよいよ橋を渡ります。
橋の通路は格子状なので、下を流れる川が見えます。
高所恐怖症の人にはちょっと辛いかも。
橋は頑丈なので揺れることはなく、私は全く怖くなかったですが。

ちなみに、橋の上には何人も警備員さんがいました。
あぶないことをする人がいるんでしょうか。

九重~阿蘇7

橋からの景色。先ほどの震動の滝が見えました。
橋から見えるのならば、道を下っていかなくても良かったかも。

九重~阿蘇5

山の中には、もう一つの滝も見えました。

九重~阿蘇8

橋を渡り終えて、丘の上から。

橋の反対側には小高い丘があって、お店が何軒か並んでいて
橋が見られるテラスもありました。
丘への階段は急でしたが、この景色のためなら登る価値あります。

九重~阿蘇9

橋と同じ高さで、橋を撮影。

九重~阿蘇10

帰りの橋では、2本の滝を1枚の写真に納めてみました。
山と滝と川。なかなか良い景色でした。

そして、急いで湯布院へ。
阿蘇~九重~湯布院の道は結構遠くて、
観光時間を短く抑えた割にはもう夕方です。

九重~阿蘇11

まずは宿にチェックイン。

今回宿泊したのは、狭霧亭という離れの宿。
湯布院というと、なんとなく離れのイメージがありまして。
小さな宿だったので、離れらしい豪華さはなかったですが。
(宿については、こちらで → 宿の夕食/朝食

九重~阿蘇12

そして、急いで、湯布院の町へ。写真は金鱗湖。

九重~阿蘇13

金鱗湖から伸びる小川沿いをお散歩。

湯布院の町はうーん。ちょっと期待外れだったかも。
お店が並んでいるエリアは狭く、入りたいお店もあまりなく。
小川沿いのホテルは良さげでしたが、すぐに普通の田舎の風景に出てしまって。
湯布院は町を楽しむのではなく、ホテル内でゆっくりする場所なんですかね。

そんなわけで、3日目終了。
関連記事
スポンサーサイト

【2011/07/16 23:49】 | 高千穂・阿蘇・大分_2011.07
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。