世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高千穂観光はまだまだ続きます。

天岩戸神社と天安河原1

天岩戸神社です。正確に言えば、西本宮の方。
東本宮が別の場所にあるのです。
(現地へ行くまで知りませんでしたが。。)

天岩戸神社と天安河原2

神社は森の中にあります。
ひんやりした空気が味わえます。

天岩戸神社と天安河原3

手水舎。

天岩戸神社と天安河原4

神楽殿。

この横に拝殿があったのですが、
人混みで撮影できませんでした。

拝殿の奥には自由には入っていけません。
社務所にお願いすると何人か集めてグループ毎に、
案内してくれるようです。

拝殿の裏側にある川の対岸に、天岩戸という洞窟があって、
それが見られる(ただし撮影禁止)とのことですが。。

失敗しました。
そうとは知らず、中は見られないんだと思い込み、
スタスタと拝殿の前を通り過ぎてしまいました。
社務所にお願いすればよかったです。
(貼紙は確かに見かけたのですが。。)
事前の情報収集不足でした。

天岩戸神社と天安河原5

天岩戸神社を抜けて、一旦、一般道を進み、
天安河原の看板に従って階段を下っていくと、
流れの早い岩戸川が見えてきました。

天岩戸神社と天安河原6

小さな橋を渡ります。

天岩戸神社と天安河原7

橋から上流側を見ると、爆音を立てて水が流れてきます。
梅雨時のためか、水の勢いが増してます。

天岩戸神社と天安河原8

橋の下流側は穏やかな流れ。

天岩戸神社と天安河原9

写真から分かりますかね。
手すりなどはなく、岩場をそのまま歩くのです。
足を滑らすと危険ですが、ちょっとしたドキドキ感も
なかなか楽しかったです。

天岩戸神社と天安河原10

しばらく進んでいきます。
何分位だったかしら。
遠からず、近からずの距離。

天岩戸神社と天安河原11

川幅が広い場所に出ました。いよいよ。

天岩戸神社と天安河原12

大きな岩の奥にあるのが天安河原。
鳥居と社があります。

天岩戸神社と天安河原13

鳥居を近くで。

河原には石が積み重ねられていました。

この場所はパワースポットで、
精霊が集まる様子が見える人もいるそうです。
(私にはさっぱり見えませんが。。)

そんなわけで、天安河原は、高千穂峡と同じく、
渓谷散策がとっても楽しい場所でした。

ちなみに、天安河原のお茶屋さんで、
神楽うどんをいただきました。
(詳しくはこちらで→ blog

天岩戸神社と天安河原14

さて、天岩戸神社の西本宮に戻って、さらに商店街を抜けると、
こちらの橋が見えてきます。

天岩戸神社と天安河原16

橋の上から川を。
豊かな緑に囲まれてます。

天岩戸神社と天安河原19

橋を渡った先にあるのが、天岩戸神社の東本宮です。

天岩戸神社と天安河原18

鈿女ちゃんが迎えてくれました。

ちなみに西本宮には手力雄命がいました。
二人はいつもセットなんですね。

天岩戸神社と天安河原17

鳥居を潜って、長い石段を登っていきます。

と、そのとき、ギーという音が。

天岩戸神社と天安河原20

なんと、鈿女ちゃんが回転したのです。
こちらの進む方向に顔を向けました。
こんな驚く仕掛けがあったとは。。

天岩戸神社と天安河原21

石段を登った先はひんやりした空気の中、
地味な社がありました。
人気もなく、静まり返ってました。

天岩戸神社と天安河原22

裏手に廻ると、湧き水を汲む場所。

近所の方はタンクを持って水を汲みに来るのでしょうか?
タンクへ注ぐための容器がたくさん置かれてました。


長くなりましたが、以上で高千穂観光は終了。
盛りだくさんでした。

再び、阿蘇に戻ります。
関連記事
スポンサーサイト

【2011/07/15 22:54】 | 高千穂・阿蘇・大分_2011.07
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。