世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水上バス、矢切の渡しの2つを立て続けに乗る機会があったので、
そのときに撮ってきた写真をまとめてアップ。

まずは、水上バス(→ HP)。

お台場へ行ったとき、水上バスで帰るという手段もあるなあ、
とふと思いついて乗ったものです。

東京ビッグサイトから日の出桟橋までのルート。
料金は400円。ゆりかもめとあまり変わらない価格です。
この価格なら毎回利用しても良いかも。

お台場は何となくリゾートっぽいというか、
日常的にはあまり行かない場所なので、
そういう場所には水上バスが似合う気がするので、
これからは水上バスを積極的に利用してみようかな。。

水上バス(お台場~日の出桟橋)1

乗り場で待っていた水上バス。

時刻表を調べずに乗り場へ行ってみたら、
もう乗船時刻。しかも、その日の最終便。

券売機で慌てて切符を買って時計を見ると、
もう乗船時間を過ぎてます。
えっ!と思って近くにいた係りの人に、
間に合いますか?と聞いたら、
あなたたちを待っているんです、
と言われてしまいました。
優しいというか、臨機応変さに驚きました。

さて、船内をご紹介。

水上バス(お台場~日の出桟橋)2

こちらが2階席。
(写真は到着後お客さんが下船した後に撮影)

まずは船の大きさ、乗船人数に驚きました。
ベンチがずらっと並び、中央の列は一段高くなっていて、
窓から景色が見えるように工夫されてました。

水上バス(お台場~日の出桟橋)9

船の後方のスペース。
気持ち良い風に当たることが出来ます。

水上バス(お台場~日の出桟橋)3

1階のスペースはソファ席。
テーブルまであってラウンジみたいです。
たった30分の航海なのに、この豪華さ。

水上バス(お台場~日の出桟橋)4

窓からレインボーブリッジを。

慌てて駆け込んだので、2階の中央のベンチしかなく、
そこに座って、景色を眺めました。

水上バス(お台場~日の出桟橋)5

東京タワーも見えます。

水上バス(お台場~日の出桟橋)6

すれ違う水上バス。

ちなみに、水上バスはいろんな船があって、
それぞれ外観も内装も違うみたいです。

ホームページに詳しく船が紹介されてます。(→ HP)
写真を見る限り、私が乗った船は道灌でしょうかね。
他の船にも乗ってみたくなりました。

水上バス(お台場~日の出桟橋)7

日の出桟橋に到着した後、船の後方の高い場所へ行ってみました。
この場所ならば、広い海が360度眺められそうです。
暖かい時期なら最高の場所かも。

水上バス(お台場~日の出桟橋)8

日の出桟橋に泊まっていた船。
こちらは竜馬という船ですかね。可愛い。

日の出桟橋から浜松町へは歩いて10分ほど。
浅草行きの船もあるようです。

**********************************************
続いて、矢切の渡し(→ HP)。

矢切の渡し1

北総線の矢切駅には、矢切の渡しの船が置いてありました。
(写真は帰りに撮影したもの)

柴又へ行く機会があって、せっかくだから、
と思って、矢切の渡しに乗ってみました。

乗船料金は100円です。安い!

最終便だから帰って来れないよ、と言われましたが、
まあいいかと思って、慌てて乗船。
なので、出発時の写真はなしです。

矢切の渡し2

船が出発。右に見えるのは北総線が走る橋。

親子連れなどを乗せて、総勢10名ほどのお客さん。
船頭さんがゆっくりと漕いで進んでいきます。

矢切の渡し3

右に見えるのは柴又公園。
川からも桜が見えました。

矢切の渡し4

あっという間に対岸が見えてきました。

矢切の渡し5

対岸にも桜。
乗船所は竹で作った簡素なもの。
変わらないのがいいですね。

矢切の渡し6

下船後に船を撮影。
船も木造の簡素なもの。
この簡素さを残してもらいたいです。

ちなみに、私が乗ったときには最終便のはずでしたが、
対岸にもお客さんが待っていて、船頭さんが気を利かせて、
帰りの便も特別に運行されました。
時刻表どおりではない臨機応変さが素敵です。

矢切の渡し7

せっかくなので、船を下りた後は矢切駅まで歩いてみました。

矢切の渡しで江戸川を渡ると、もう千葉県。
堤防を越えると、一面のネギ畑。
突然田舎の風景になって驚きました。

矢切の渡し8

畑を抜けて、高台の住宅街へ。
野菊の墓文学碑の隣には桜の綺麗な公園。

矢切の渡し9

高台からの見晴らしも良かったです。
雲がなければ綺麗な夕陽が見れたかも。

そんなわけで、水上バスと矢切の渡しでした。
普段あまり乗ることのない交通手段は楽しいですね。
関連記事
スポンサーサイト

【2011/03/28 23:26】 | 東京都心
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。