世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、念願の滝行です。
1日目の夕方と2日目の早朝の2回、滝行があります。

参加者は男性1名、女性4名の計5名です。
全員一人参加でした。
その他に、母・娘の2人連れの方がいらしたのですが、
滝行は怖いということで、宿泊のみのようです。

15時に和室に集合し、白装束が与えられて、
その着方を説明してもらいます。
女性は3枚重ねです。(下着は着けません。)
羽織ものを着て、その上に布を胸から巻いて、
最後に着物を着ます。
頭には鉢巻です。

ちなみに男性はふんどし1枚です。
滝に入る前の運動のときだけ、その上に1枚羽織ります。

白装束をリュックに詰めたら出発です。
山道を45分ほど歩いて、「綾広の滝」に向かいます。

(1回目の滝行は写真を撮っていません。
写真は2回目の記事をご覧下さい。)

どれくらい歩けば滝に着くのかわからないため、
1回目は山歩きが長く感じました。
急な坂道はないんですが、じんわりと汗が出てきます。

さて、滝に到着。
女性はテントの中で着替えます。

そして、先生がご祈祷した後、気合入れの体操。
両手で魂を包むようにして、体全体を振ります。(魂振り)
天に向かって、神様の名前を叫んだ後、
舟を漕ぐような体操を3回。
深呼吸をして終了です。
これだけですが、意外と体が温まります。

いよいよ、滝の中へ。
まずは先生が入って見本を。
右手の人指し指と中指をくっ付けた形のピースサインを作り、
それをおでこに持っていて、「えいっ」と振り払います。
これが気合入れ。
滝の中に入ったら、魂振りをしながら、
「ハラエドノカミサマ」と唱えます。
最後に「えいっ」と気合を入れて終了。

一人ずつ、3回入ります。
1回目と2回目は先生が合図するまで。
3回目は自分が納得する間まで、滝に打たれます。

外気は20度弱でしたが、やっぱり冷たかったです。
水量も勢いも結構あるので、肩はちょっと痛いです。
でも、我慢できる程度のものでした。
水から出た瞬間は、ぶるっと震えましたが、
上がってから、両手でひたすら魂振りをしていると、
すぐに温まって、他の人が滝に入っている間も
平気でした。
3回目になると、滝に打たれている間、全身から
力が抜けて、痛いとか冷たいという感覚がなくなります。
ちょっとした爽快感が味わえました。
終了したら、テントの中で着替えて、再び山歩き。
帰りは、リュックに詰めた白装束が水浸しで重いのと、
濡れたままの髪が寒いのとで、ちょっとつらかったです。

宿坊に戻ったら、お風呂に入って体を温めた後、夕食。
(ごはん日記はこちら。)

宿坊10

夕食を食べたお部屋の屏風と照明。立派。

食事のときに、他の参加者の方と話したのですが、
全くの興味本位で参加したのは、私一人でした。
何度も参加している人。
ここは初めてだけど、他の滝で何度も体験してる人。
ヒーリングの仕事をしていて、インドで滝に打たれてきた人。
滝行は初めてだけど、この宿坊には泊まったことのある人。
みなさん、ツワモノ揃いでした。
良かったんでしょうか。私なんかが参加して。
優しく接して下さったので、助かりましたが。

夕食後は瞑想とクリスタルヒーリングの時間です。
宿坊11

神様が祀られ、和紙の照明が素敵な和室で行います。

まずは瞑想。
あぐらをかき、両手を開いて、膝の上へ。
口から息を吐き、鼻から息を吸って、
丹田に息が届いて力が入るように止めて。
という呼吸法を繰り返しました。
ゆっくりと、20分ほどの瞑想を2回。

次は、和楽器の笙の演奏です。
先生が癒し効果のある和音の笙を吹いて下さいます。
ぼーっと眠気が襲います。

そして、クリスタルヒーリング。

宿坊12

写真では、洗面器みたいに見えますが、
これがクリスタルボールです。
いろんな素材のものがあります。
これを、トイレットペーパーを大きくしたような形で、
周りに皮が張ってある棒で、叩いたりこすったり。

仰向けに寝て、先生が奏でる音を聞いていると、
すぐに眠ってしまいました。

話を聞くと、眠れる人とそうでない人がいるようです。
また、そこに集まっている人の気によって、
どんなに叩いたりこすったりしても、
音が出ないときもあるそうです。

その後、参加者に自由に触らせてもらいました。
宿坊14 宿坊13

左の写真は棒でこすってる図です。

淵をこすると、最初は音が出ないんですが、
4周くらいすると、少しずつ音が出てきて、
その音もだんだん大きくなります。

腰の悪い人に、うつぶせで寝転がってもらって、
腰の上にこのボールを置いてこすったら、
痛みがある側のみ音が出なくて、とても不思議でした。

なかなか、面白い体験が出来てよかったです。
1日目のプログラムはこれで終了。
気がついたら、夜の11時になってました。

宿坊9

宿泊したお部屋です。
トイレ、お風呂は付いてませんが、
なかなか広くて、のんびり出来ました。
関連記事
スポンサーサイト

【2007/10/01 23:32】 | 宿坊(滝行)_2007.10
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。