世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハノイで3泊した後、ダナンへの移動です。

ダナン1日観光1

ハノイ旧市街から程近い場所にある、
ジェットスターパシフィックのオフィスへ。

ジェットスターパシフィックはベトナム唯一の格安航空会社で、
つい最近オーストラリアのジェットスターに買収されて、
ジェットスターグループに仲間入りした航空会社です。

ダナン1日観光2

市内のオフィスでチェックインすれば、
後はこのバスで空港まで連れて行ってくれます。

(詳細はこちらに記載しましたのでご参照→ Blog

ダナン1日観光3

ハノイ空港に到着。
市内のオフィスでチェックイン済みなので、
空港ではゆったりと待つことが出来ます。

上の写真は空港ビルの3階、レストラン階。
ハノイ空港は国際空港とは思えないほど小さく、
制限エリア外にはお土産店もレストランも
数軒しかなったです。

ダナン1日観光4

こちらの飛行機でダナンまで。

そして、あっという間にダナン空港に到着。
ダナン空港は世界遺産のホイアンまでも近いので、
ホイアン行きの定額タクシーは用意されていましたが、
ダナン市街は普通の商業都市で観光地ではないからか、
バスも定額タクシーもない状態。
仕方ないので運賃を自分で交渉してホテルまで。

市街の中心部にあるホテルまでは十数分。
ハノイとは違って空港から近いのは良かったです。

宿泊したホテルについてはこちらに記載しました→ Blog

ダナンもずっと曇り空で、ときおり小雨が。
もうほんとに、来る時期を間違えたと後悔しました。

ダナンでは特に何も予定を立てていなかったので、
市街をひたすらお散歩してみました。

ダナン1日観光5

ピンク色した大聖堂。
パステルカラーがベトナムっぽいです。

ダナン1日観光6

大聖堂近くのハン市場。

ダナン1日観光7

体育館のような建物に、小さなお店がぎっしり。
1階は食料品で、2階は洋服や雑貨が売られてました。

ダナン1日観光10

街で見かけた喫茶店。

ハノイやフエの旧市街で見かけた喫茶店とは全く違い、
とっても都会的でした。
オープンエアの広い店内に、木製のテーブルと椅子。
背の低いものでも、プラスチック製でもなく、
日本で見かけるごく一般的なテーブルと椅子でした。

ちなみに、お客さんは男性ばかり。
何故アジアの喫茶店では男性しか見かけないのでしょう?
女性は外で外食してはいけないんですかね。

ダナン1日観光11

こちらも見かけた喫茶店。

椅子とテーブルは背の低いプラスチック製ですが、
落ち着いたブラウンですし、店内も広そうで、
やはり旧市街の喫茶店とは違います。
ダナンはこういう広めの喫茶店がたくさんありました。

地理的にはハノイとホーチミンの中間で、
工業都市として発展しているダナンという街は、
何となく名古屋っぽい印象があったのですが、
喫茶店が多い点も名古屋に似ているような気がします。

ダナン1日観光12

ハン川へ続く大通り。

ダナンは通りが広くて、バイクの渋滞が少なかった気がします。

ダナン1日観光8

ハン川沿い。綺麗に整備されてました。
(天気が悪いのが残念ですが)

ダナン1日観光9

ハン川。雨期で川が増水してます。

ダナン1日観光13

川に架かる橋。

ダナン1日観光14

ハン川沿いのバクダン通り。

ダナン1日観光15

ハン川の近くを歩いていたら、店先で発見。
お豆を甘く煮たぜんざいのようなものが、
大鍋にたくさん入ってます。
食堂のようなチェー屋さんのようです。

ダナン1日観光16

お店の中に入ってみました。
ベトナムらしい背の低いテーブルと椅子。
学校帰りらしき女子学生3人ほどがいました。

看板にメニューが書いてありますが、
さっぱり内容がわからないので、
店先のお鍋に指を差して注文。

ダナン1日観光17

やってきたチェーです。

緑色の豆を煮たものに、フルーツを加えて、
ココナッツミルクと氷を大量に入れたもの。
確か、8,000ドン(約32円)だったかと。
優しい甘さで美味しかったです。

ダナン1日観光18

こちらはコン市場。

停められたバイクの量がすごくて、
なかなか入口に辿り着けません。

ダナン1日観光19

中はぎゅうぎゅうにお店が詰まってました。
写真は生地屋さん。

通路の狭さと、人の混雑で、圧迫感がして、
早々に退散してしまいました。

ダナン1日観光20

コン市場の目の前の交差点の反対側には、
マンションとショッピングセンターの建物。

交差点を挟んで、全く雰囲気が異なるのが面白いです。

ビッグCは、ベトナムでは有名なショッピングセンター。
私はこのあと、フエの新市街でも見かけました。

ダナン1日観光21

ショッピングセンター内。

食料品も衣類も雑貨も何でも売られていて、
みんなカート式の大きなカゴを持って買い物してました。

建物はとっても現代的ですが、お客さんはやっぱりベトナム人。
とにかく列に並びません。かなりムカつきました。
レジで待っていて、次は私の番だと思っても、
横から手を伸ばしてきて、入ろうとするのです。
レジの人も横入りの人を制止してくれないから、
肩をぐいぐいやったり、伸ばしてきた手を叩いたりして、
自分で横入りしようとする人を振り払うしかないのです。
これが日常茶飯事なんですかね。
知らない人の手を叩いたら喧嘩にでもなりそうなものなのに、
諦めて逃げていきました。

ダナン1日観光22

ショッピングセンター内にあった、Highland Coffee。

ベトナムでは超有名なカフェで、ショッピングセンターによく出店しています。
お店は広くて、ソファは大きく、余裕のあるスペースで高級感に溢れてます。
お値段もベトナムにしては高価です。外国人向けのお店でしょうかね。
Wifi完備でしたし、お客さんも現地の人っぽくなかったです。

ベトナムのカフェについてはこちらのブログに記載しました→ Blog

さて、コン市場の通りを南下していったら、こんなお寺を見かけました。

ダナン1日観光23

ガイドブックには掲載されてないので、どんなお寺かは知りませんが、
テーマパークっぽい面白さが感じられたので中に入ってみました。

ダナン1日観光37

入口すぐの右手側に真っ白な大仏様?

ダナン1日観光38

建物の前にいるのは金色で恰幅の良い大黒様?

ダナン1日観光24

建物の左側を進んでみたら、こちらにも白い人が。
観音様ではなく、孔子様っぽいですが。。

ダナン1日観光25

その奥には、ミャンマーっぽい仏像と僧侶の人形がいました。

ダナン1日観光26

中央の本殿に入ってみました。階段を登った2階へ。

ダナン1日観光27

大広間の中央にはライトアップされた仏像。

ダナン1日観光39

大広間に片隅には千手観音?

ダナン1日観光40

駐車場にも黄金の大黒様がいました。

オールスター勢ぞろいでしょうか?

ミャンマーのヤンゴンにある、メーラム・パヤー(→ Blog)に、
どことなく似ているお寺でした。
(メーラム・パヤーの方がテーマパークぽさは凄かったですが)

さて、ホテルに宿泊した翌朝です。
ベトナムの朝は早く、6時頃には渋滞が始まります。
そして、食堂や美術館はこの時間でも開いているのです。

そんなわけで、早起きして出かけてきました。
ハン川沿いを南に進んだ場所にあるチャム彫刻美術館。
ホテルからゆっくり歩いても20分ぐらいだったかと。

ダナン1日観光28

入口の門を入ると、広い敷地の邸宅のようです。
レモンイエローの中が展示室です。

こちらはチャンパ王国の遺跡で出土した彫刻が展示してあります。

ダナン1日観光29

説明書き等はほとんどなく、無造作に置かれてます。

インド~東南アジアにかけてのこういった彫刻は、
とってもプリティなので私は大好きです。

ダナン1日観光30

建物の柱の一部だと思いますが、可愛いく踏ん張って支えてます。

ダナン1日観光31

パオーンと鼻を振り上げた象さん。
ヒンドゥー教のガネーシャですかね。

ダナン1日観光32

奥の一角には、他のとは全く違った雰囲気の中国っぽい展示もありました。
中国との貿易で贈られたものでしょうか。

ダナン1日観光33

美術館の敷地内の庭園。花が咲く時期なら綺麗だったかも。

ダナン1日観光34

庭園の隅にも、石のような遺跡がゴロゴロと置かれてました。

さて、ダナンは1泊2日、ちょうど24時間ほどの滞在で終了。
バスに乗って、世界遺産に認定された街ホイアンへ。

ダナンからホイアンへはバスで2時間弱です。
路線バスも走っているようですが、出発時刻が分からなかったので、
前日に街中の旅行会社へ寄って、観光客向けのバスチケットを予約しました。

バスはごく普通の観光バス。途中、海沿いの通りを走りましたが、
道路は綺麗に整備され、大型ホテルが何軒も建設途中で、
ベトナムの発展途上ぶりに驚きました。
数年後には、大型ホテルが建ち並ぶ一大リゾート地区として、
大発展を遂げているかと思います。

ベトナム航空は成田からダナンまでの直行便を飛ばしているようですし、
世界遺産のフエとホイアンの間に位置する場所なので、
観光もリゾートも両方味わえて、物価も安くて、良さげです。

ダナン1日観光35

ダナン~ホイアンの幹線道路。

ダナン1日観光36

リゾート地以外の場所は田んぼが並んでました。


※次の記事へ → blog
関連記事
スポンサーサイト

【2011/01/10 12:26】 | ベトナム北部/中部_2011.01
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。