世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二本松の霞ヶ城公園1

福島駅では臨時特急あいづの赤べこ号が停まってました。
上野から会津若松へ走る列車のはずなのですが、
福島駅も通るのでしょうか?ちょっと疑問。。

さて、福島駅からは東北本線に乗って南へ。
寒冷地区を走る列車らしく、ドアの開閉が手動のボタン式で、
東北地方の大動脈の路線にも関わらず本数が少なかったりして、
ちょっと驚きました。

車窓の風景はとってものどかで良かったです。
小高い丘が続き、平地は田や畑、丘の上には桜の木、
そして桃と思われるピンク色の花もよく見えて、
春らしいカラフルな里山の風景が堪能できました。

二本松の霞ヶ城公園2

福島駅から20分ほどで二本松駅に到着です。
駅前は商店などもなく、がらーんとしてました。

駅からまっすぐ進んだ先に見えたのが上の写真。
奥に二本松神社があるらしいのですが、今回は割愛。
先に進みます。

二本松の霞ヶ城公園3

そして現れたのが急な登り坂。
(写真は帰りに撮影したため暗くなってますが)

見えますかね?奥に見える急な坂道が。
こんな坂を登るの?と驚きました。

二本松の霞ヶ城公園4

そして、坂を登りきったら、
山間の谷を繋ぐ歩道橋が見えました。
道順からは外れますが、ちょっと寄り道して上へ。

二本松の霞ヶ城公園5

見えました。霞ヶ城公園に咲く桜です。

二本松の霞ヶ城公園6

アップの写真。天気が悪く、薄暗い中でも、
桜の薄ピンク色は目立ってました。

二本松の霞ヶ城公園7

ようやく到着。霞ヶ城公園です。

福島の観光物産館で貰ったパンフレットを見てやってきたのですが、
こちらも予想以上に良かったです。

二本松の霞ヶ城公園8

立派な石垣。お城ですね~。

天守閣がない城址公園なので、どこまで再現されているか
わからなかったのですが、お城の風情は満載です。

二本松の霞ヶ城公園9

箕輪門だそうです。大きな松と二色の桜がマッチしてます。

二本松の霞ヶ城公園10

門の前には、少年隊群像。
戊辰戦争で活躍した二本松少年隊とのこと。

ライトアップ用と思われる大きなライトがスタンバってますが、
残念ながら、震災の影響で、桜まつりは中止され、
ライトアップもなくなってしまったようです。

二本松の霞ヶ城公園11

箕輪門の前の高い石垣と桜。

二本松の霞ヶ城公園12

門をくぐったら、再び石垣。その上には桜。

二本松の霞ヶ城公園13

石垣から枝が垂れ下がっている立派な松が3本並んでました。

二本松の霞ヶ城公園14

箕輪門から下る坂道も、松と桜が綺麗です。

二本松の霞ヶ城公園15

そして広場に出たら建物があったのですが、
屋根瓦が崩れて修復中でした。

二本松の霞ヶ城公園16

三の丸があった場所でしょうか。広場になってました。

二本松の霞ヶ城公園17

片隅には、池と滝。日本庭園のようです。

城址公園なので、こんなものかなあと、思いましたが、
近くにあった園内の地図を見たら、全然違いました。
ここまでは公園の一角。まだまだ先があります。
この小高い山全体が霞ヶ城公園のようで、
ハイキングのように山を登りました。

二本松の霞ヶ城公園18

山の中腹には池もいくつか。
周りには桜や、棚の藤なども。

二本松の霞ヶ城公園19

傘の形をした松もありました。

二本松の霞ヶ城公園20

芝生広場と休憩所。
写真ではちょっと見えないですが、
大きな滝もありました。

二本松の霞ヶ城公園21

そして、山を登りきったかなあ、と思っていたら、
車道に出てしまったのですが、そこからの風景も良かったです。

山々の中に、美しい棚田、そして桜。
田舎の里山の風景が良いですね。

二本松の霞ヶ城公園22

公園に戻ると、階段が見えました。登ります。

二本松の霞ヶ城公園23

本丸跡の石垣です。
天守閣はなくても、本丸は復元されてました。
ここが山の頂上のようです。

二本松の霞ヶ城公園24

本丸から霞ヶ城公園内を。桜の多さがよく分かります。

二本松の霞ヶ城公園25

二本松駅方面を。天気が悪いのが残念で仕方ありません。

天気の良い日にまた来たいです。

二本松の霞ヶ城公園26

行きとは別の道から山を下ると、
芝生と桜が美しい広場がありました。

二本松の霞ヶ城公園27

天気が良ければ、お花見には絶好のポジション。

二本松の霞ヶ城公園28

桜のトンネルのようになってました。

二本松の霞ヶ城公園29

公園入口横の小さな広場に到着。こちらの桜も綺麗です。

ガイドブック等では取り上げられてなかったので、
あまり期待せず訪れた霞ヶ城公園ですが、
こんなに楽しめるとは思いませんでした。


そして、二本松駅の近くで日本酒を購入し、
(二本松には大七酒造と奥の松酒造があります)
再び東北本線に乗って郡山駅まで行き、
郡山駅から新幹線に乗り継ぎ。

余震による徐行運転で、乗り継ぎが上手く行かなかったので、
郡山駅の周辺も散歩してきましたが、県庁所在地の福島市とは
比べられないほど街が発展していて驚きました。

ちなみに、郡山の駅ビルでは名物の「しみてん」を購入。
(詳細はこちらのブログで → blog


福島のとっても短い旅は以上で終了。

天気の悪さに悩まされた旅でしたが、
綺麗な桜も見れて、行って良かったです。
関連記事
スポンサーサイト

【2011/04/24 23:45】 | 福島(福島・二本松)_2011.04
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。