世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯坂温泉の日帰り入浴1

2日目は福島駅から電車に乗ってお出かけ。

福島駅にはJRの他に、阿武隈急行と福島交通飯坂線もあります。
会社が違うはずなのに、何故か向かい合わせのホームでした。
写真は阿武隈急行。残念ながら震災の影響で運休中。
今回は福島交通飯坂線に乗車しました。


福島駅から終点の飯坂温泉駅まで20分ほど。
無人駅も多くて、車掌さんが車内で切符を確認する、
ゆったりした電車でした。

飯坂温泉の日帰り入浴2

飯坂温泉駅から見下ろす川。

飯坂温泉の日帰り入浴3

駅前の十網橋。

飯坂温泉の日帰り入浴4

駅前の広場は修復中でした。

るるぶ等の福島のガイドブックを見ても、
福島市や飯坂温泉、二本松などの情報は
全くと言っていいほど載ってないので、
駅前の観光案内所に寄って地図を入手。
そして、温泉街をてくてくと。

飯坂温泉の日帰り入浴5

消防署の隣にあった公園。桜が綺麗。

飯坂温泉の日帰り入浴12

観光案内所の方に勧められた旧堀切邸へ。
豪商の旧家を改築して公開しているようです。
入場料は無料なので気軽に行けます。

飯坂温泉の日帰り入浴7

思っていたよりも広い園内。
とっても綺麗に整備されてます。
ちなみに、こちらは裏門です。

飯坂温泉の日帰り入浴8

芝生の庭園を挟んで、蔵や主屋。

飯坂温泉の日帰り入浴9

蔵の中には、福島市出身の作曲家、古関裕而氏の展示。
作曲した校歌や社歌の多さに驚きました。

離れで堀切家を紹介するビデオを見た後に、
主屋の中へ。係りの人が案内してくれました。

飯坂温泉の日帰り入浴10

板張りの場所がなく、全て畳が敷かれた和室が並んでました。
和室は市民に貸し出しているようで、お茶や三味線のお稽古場として、
使われているようです。

飯坂温泉の日帰り入浴11

主屋に隣接する蔵。3つもありました。
押入れみたいに利用してるのでしょうか。

飯坂温泉の日帰り入浴14

庭園を挟んで、主屋の反対側には足湯手湯が出来る場所。

タオルは離れで貸してくれるので、手ぶらでも大丈夫。
ロッカーや更衣室も隣接していて、至れりつくせりでした。

飯坂温泉の日帰り入浴15

手前が手湯用に高くなっていて、奥が足湯のエリア。
ロッカーや更衣室もあって、至れりつくせりでした。

熱めのお湯に手と足を浸け、温まることが出来ました。

飯坂温泉の日帰り入浴15

旧堀切邸を後にして、お店などが並んでいるエリアを横切ったら、
再び川が見える場所へ。あっという間の一周でした。

飯坂温泉の日帰り入浴16

川沿いに建つ公衆浴場、波来湯。
新しい建物で、1階には何もなく、
地下に受付と浴室。
イマイチ風情を感じられなかったので、
受付まで行って、中には入らなかったです。

飯坂温泉には共同浴場が8箇所もあり、
また温泉宿でも日帰り入浴OKの場所も多いので、
どこに入るのか迷います。

飯坂温泉の日帰り入浴17

こちらは、足湯どころ。
あ~しあわせの湯、だそうです。

飯坂温泉の日帰り入浴18

その奥には神社と風情のある建物がありました。

飯坂温泉の日帰り入浴19

共同浴場の鯖湖湯と湯樽の塔。
こちらは風情があります。

飯坂温泉の日帰り入浴20

鯖湖湯の入口。男女別れていて、中の自販機で
入浴料200円チケットを買って入ります。

中は広い空間。壁で仕切ってあるだけなので、
男湯女湯の声が響いて筒抜けです。

更衣室は別れておらず、広いスペースの片側にロッカーと籠が置かれ、
そこで着替えて、目の前の浴槽のお湯に浸かるといった具合。
蛇口もなく、浴槽から桶ですくって体に掛けます。

お湯の温度は50度くらいあったかも。とにかく熱い。
ちょっと触って、無理!、と思いましたが、
ゆっくり慣れていき、なんとか浸かることが出来ました。

入浴後は目の前のカフェで一服して、
飯坂温泉駅へ。

飯坂温泉の日帰り入浴21

こちらが飯坂温泉駅。

飯坂温泉の日帰り入浴22

車内から。先頭が見えるのは楽しいです。

福島までの沿線には桜が見える場所があったり、
桃(?)の農家から綺麗なピンク色のお花が見えたりして、
車窓からの風景も楽しめました。

※次の記事へ → blog
関連記事
スポンサーサイト

【2011/04/24 18:45】 | 福島(福島・二本松)_2011.04
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。