世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島市街の観光1

花見山からバスで福島駅へ戻ってきて、
駅の西口にあるホテルにチェックイン。
(ホテルについてはこちらのブログに記載→ blog

今にも雨が降ってきそうな天気で迷いましたが、
市内をぶらぶら回るのにバスでは厳しいので、
当初の予定どおり、駐輪場へ。

福島市街の観光2

ももりんレンタサイクル。

福島市では市内何箇所かの駐輪場で、
レンタサイクルを無料で貸し出してくれる
サービスがあるのです。(→ HP)

市内交通が発達してない地方都市では、
やっぱり自転車が一番便利です。

市の観光キャラクター"ももりん”にちなんで、
フレームがピンクに塗られた派手な自転車を貸して頂いて、
地図を片手にぶらり旅へ出発。

福島市街の観光3

駅から北へ向かって進み、
花の写真美術館に到着しましたが、
残念ながら休館。

美術館や博物館はやはり震災の影響で、
ほとんどが閉まってました。
仕方ないですね。

福島市街の観光4

今度は東へ進んで、信夫山公園に到着。
桜はギリギリ間に合いました。
天気が悪く、色は綺麗に見えませんが。

福島市街の観光5

動物の遊具がある広場。
奥には大きなタコのすべり台。
小さな動物もたくさん。

福島市街の観光6

信夫山公園から坂を登って護国神社へ。

福島市街の観光7

神楽殿と石碑。

福島市街の観光8

神社側から鳥居を眺めて。

桜の季節ということで、神社や小高い丘の上の駐車場では、
屋台が数軒出てはいましたが、お客さんは見当たらず。
とっても寂しいムードが漂ってました。

信夫山には、いくつかの公園や展望台があって、
ハイキングやアスレチックコース等もあるので、
天気が良い日ならば楽しめる場所だと思いますが、
あいにくの曇り空なので今回はここで退散。

(ちなみに、信夫山の呼び方は「しのぶやま」です。
どうしても「のぶおやま」と呼びたくなってしまいますが)

福島市街の観光10

信夫山の入口から東へ進む通りは、
小川が流れ、歩道は整備され、
車道と分離されてました。
広い歩道は自転車も走りやすかったです。

福島市街の観光11

歩道には、何箇所か公園のような広場も。

福島市街の観光12

歩道から山を登る急な階段。

福島市街の観光13

登ると、岩谷観音です。

わかりづらいですが、岩に仏様が彫られてます。

福島市街の観光14

だいぶ風化してしまってますね。

福島市街の観光15

山を登ると、大きな釣鐘。
ここからは見晴らしも良かったです。

福島市街の観光16

その横にも、磨崖仏の岩壁。

岩谷観音を後にして、福島市街をさーっと。
繁華街である駅の東口のエリアを覗いたりしつつ、
天候が思わしくないので、急いで市街を一周。

福島市街の観光17

阿武隈川の近くまで南下したところで、
綺麗な桜が見えてきたので近づいてみたら、
お寺でした。常光寺だそうです。

入口の両側に植えられた木も花が咲けば綺麗そうです。

福島市街の観光18

境内の中へ。本殿は瓦が落ちて修復中でした。

福島市街の観光19

とってもプリティな笑顔の仏様?

福島市街の観光20

裏は墓地になっていて、その一角に大きな桜。
この桜が路地から見えていて追っかけてきたのです。

何とか雨にはやられず、自転車の散策は終了。

夜は駅の東口の繁華街をぶらぶら。

福島市街の観光21

名物のふくしま餃子をいただきました。

※次の記事へ → blog
関連記事
スポンサーサイト

【2011/04/23 23:45】 | 福島(福島・二本松)_2011.04
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。