世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軍事歴史博物館の北側の広場は、
タンロン(旧ハノイ)城跡でした。

タンロン城跡2

広場から見えた端門(ドアン・モン)。

上に登れそうだったので、行ってみました。

左の階段からテラスに上がり、楼閣へ。

タンロン城跡3

テラスから楼閣への狭い階段。

階段の上に置かれているガラスが割れていて、
ちょっと怖かったです。

タンロン城跡15

楼閣の中はこんな感じ。

タンロン城跡4

テラスから軍事歴史博物館を。

タンロン城跡5

軍事歴史博物館とは反対の南側を。
正面に見える建物は何でしょう?

端門の下のガラスは、発掘現場が、
上から覗けるようになってました。

タンロン城跡6

端門を反対側から。

タンロン城跡7

端門の下の発掘現場。

タンロン城跡8

タンロン城跡の地図。
敷地内に多くの建物が建ってますので、
見所は多いように思えます。

が、まだ整備途中のためか、建物の案内等の看板は、
これしか見当たらず、何の建物かが全く分からず残念でした。

もっと整備が進めば、こちらのタンロン城跡は、
世界遺産ですから、観光客は増えると思います。

ちなみに私が訪れたときは、私の他は、
現地人らしき男性2人しか見かけなかったです。

タンロン城跡9

端門の前の建物を過ぎると、広場がありました。
中央には大きな太鼓。周囲にはいくつかの建物が。

タンロン城跡10

さらに、倉庫のような建物の前には大きな鐘が。

タンロン城跡11

そして北へ進んだ先には、敬天殿(ディエン・キン・ティエン)。

タンロン城跡12

敬天殿の前の石階段は手すり部分が龍になってました。

タンロン城跡13

敬天殿はコの字型なのですが、その両サイドの建物は、
博物館のようになってました。

こちらは土器を展示してあるエリア。
反対側は畑仕事をする道具を展示してありました。

タンロン城跡14

敬天殿の建物の中央の部屋を覗いたら、
真っ赤なライトに黄金が輝いてました。

タンロン城跡15

敷地の一番北側にあった建物。
こちらも端門のように上に登れました。

以上、タンロン城跡の観光は終了。

タンロン城跡の見所は、この敷地内だけでなく、
敷地より北側にある。第二城壁の現存する唯一の門、
正北門(バック・モン)もありますが行きませんでした。

ホーチミン廟1

タンロン城跡から西へ進むと、美しい芝生のバーディン広場。
そして、正面に見えるのが、ホーチミン廟です。

(天気が悪くて、写真では芝生の美しさが分かりませんが)

ホーチミン廟2

ホーチミン廟の前には、白い制服を着た警備の人達が、
きびきびと歩いて、観光客を招き入れていました。

ホーチミン廟への入口は建物の左側なので、
ぐるっと遠回りを。

ホーチミン廟3

観光バスが連なるホーチミン廟正面の大通りには、
建都1000周年の看板が。

ホーチミン廟4

近くにあった美しいレモンイエローの建物。
地図を見ると、外務省でしょうか?

そして、いよいよホーチミン廟へ。
(廟内は写真撮影禁止)

荷物検査のゲートを通過して進むと、
警備員さんに止められました。
廟内へはグループ毎に見学するシステムのようで、
ツアーではなく個人で訪れた観光客は一旦止められ、
十数人集まったら、警備員の指示に従って進みました。

2列のグループを崩さず、ゆっくりと廟内へ入りましたが、
銃を構えた警備員が監視していて、とっても緊張しました。
厳かな雰囲気の中、ホーチミン主席の遺体が安置されていて、
精巧な作りの人形のようでした。

ホーチミン廟の見学が終わると、廟の隣にある一柱寺へ。

ホーチミン廟5

緑豊かな公園の中に一柱寺はありました。
人気があって、上に登る人々が並んでました。

ホーチミン廟6

一柱寺はその名のとおり、一本の柱の上に建つお寺で、
横に付けられた階段から登れます。

ホーチミン廟7

階段の反対側から。
変わった形がよく分かります。

ホーチミン廟8

せっかくなので、ぐるっと池を一周。

ホーチミン廟9

一柱寺の横にはお寺がありました。

庶民的なお寺のようで、現地の人が大勢いました。

ホーチミン廟10

お寺の中の様子。

ホーチミン廟11

近くにはホーチミン博物館もありました。

残念ながら博物館は昼の休憩時間だったので入れず・・・。
仕方ないのでホーチミン廟周辺の観光はこれで切り上げ、
北の方へ歩みを進めます。

タイ湖1

見えてきたのは鎮武観。道教寺院です。

タイ湖2

中を覗いてみました。

タイ湖3

さらに北へ進むと、タイ湖が見えてきました。

湖上レストランやスワン型の足漕ぎボートもあって、
地元の人の寛ぐエリアのようです。

タイ湖4

こちらはホアンキエム湖とは比較にならないほど、
とっても大きな湖です。

タイ湖5

周りには建物が密集し、ホテルや住居があるようです。

タイ湖6

湖の小島に建つ鎮国寺の入口。
門をくぐると、寺へ続く橋が伸びています。

タイ湖7

高いピンク色の仏塔が目立ちます。

広いタイ湖の周りの遊歩道を歩いて鎮国寺までやってきましたが、
残念ながら、こちらもお昼休み時間中でした。残念。

ここからは、近くにいたバイクのおじさんと交渉して、
2万ドン(80円)でロンビエン橋の近くまで送ってもらいました。

※次の記事へ → blog
関連記事
スポンサーサイト

【2011/01/08 14:33】 | ベトナム北部/中部_2011.01
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。