世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハノイの水上人形劇1

ホアンキエム湖の北東にある水上人形劇場です。

ハノイの水上人形劇2

この辺りは観光客が大勢集まってくる場所なので、
劇場の周りはお土産屋さんが並んでました。

(ちなみにハノイの旧市街では一軒も、
お土産屋さんは見かけなかったです)

ハノイの水上人形劇3

人形劇に登場する人形も店先に並んでました。

劇場の右側にはチケット売り場があります。
人形劇は大人気だと聞いていたので、
ハノイに着いた日に売り場へ行ってみたのですが、
夜の部はハノイ滞在中の3日間とも満席。
午後の早い時間帯と夜遅い最後の時間帯しか残っておらず、
仕方なく午後の部のチケットを購入しました。

ハノイの水上人形劇11

こちらがチケットとパンフレット。
チケットは6万ドン(240円)。

演目の時間は1時間弱だし、チケット代も安いし、
という安易な理由で人形劇を見に行ったので、
全く期待していなかったのですが、
予想以上に楽しめました。オススメです。

ハノイの水上人形劇5

開演の20分ほど前に入口が開かれて館内へ。
舞台は劇場の2階にあります。
階段を登っていくと、こんな人形が。

ハノイの水上人形劇4

ホールの裏手にも人形が飾られてました。

ところで、開演前に劇場のトイレに寄ろうとしたら
とっても驚きました。

女性用トイレには個室がなく、
広い空間に便器が並んでいるだけなのです。

衝立のようなものすら全くなく、ただ置かれているだけ。
入口のドアを開けた際に外から見えてしまうのではないか、
という構造なのです。
さすがに観光客は誰も利用していませんでした。
行かれる方はご注意を。

さて、さっそくホールの中へ。
ホールは結構広く、数百人規模の客席でしたが、
指定席は国籍ごとに分けているらしく、
私が座った座席の一列は日本人ばかりでした。

ハノイの水上人形劇6

こちらが舞台。

舞台の前方はプールのように水が張られ、
後方にはお城のようなセット。
この後ろに、人形を操る人達が待機しているようです。

ハノイの水上人形劇7

舞台の下手側には楽器が並べられていました。
太鼓をドラムセットのように配置しているのが面白いです。

ハノイの水上人形劇8

まずは楽団員達が登場して演奏が始まりました。

太鼓、お琴、弦楽器、笛などなど。
途中から女性歌手2人も登場し、
歌も始まりました。

そして、人形劇の始まりです。

ハノイの水上人形劇9

プールに人形が登場して、演技したり踊ったり。
数分間の短い劇が十数編休み無く続きます。

ベトナム語での短いアナウンスや、
歌手がセリフを言うこともありましたが、
ほとんどが音楽ばかり。

言葉は全く分からなかったですが、
人形の服装や持ち物で、動きなどで、
だいたい内容が把握できましたし、
音楽と人形の動きを見ているだけで面白かったです。

ハノイの水上人形劇10

お祭り(結婚式?)の場面らしく、
たくさんの人形が行進している様子。

舞台の後ろから人形を操ってるようですが、
何体もの人形が交差したり、動きを合わせたり、
違う出口から帰っていったりして、
一体どうやってるのか興味深々でした。

ハノイの水上人形劇11

人形が火を使う場面も。

水鉄砲のようなものから水を放出したり、
ロープを使って舞台上に駆け上がったりと、
とにかく楽しませてくれました。

ハノイの水上人形劇12

最後は舞台裏で人形を操っていた人達も登場。

一度に30体ぐらいの人形が登場した場面もあったのですが、
こんなに少人数で操っていたみたいで驚きました。

そんなわけで予想外に楽しめた水上人形劇。
ハノイに行かれる方は是非寄ってみてください。

※次の記事へ → blog
関連記事
スポンサーサイト

【2011/01/07 19:20】 | ベトナム北部/中部_2011.01
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。